元バレーボール日本代表・朝日健太郎さんへのインタビュー:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 朝日健太郎プロフィール

1975年9月19日熊本県生まれ。元男子バレーボール日本代表選手として活躍後、26歳のときにビーチバレーに転向。北京五輪では日本人として初めてトーナメントに進出し9位の成績をおさめる。ロンドン五輪にも出場し、2012年に現役を引退。現在はスポーツ解説や講演活動、メディア出演など幅広く活躍中。フォーバル所属。

前年比113%の男

のっぽくん
どうして113%なんでしょうか?
朝日さん
「前年比200%くらいを目標にすると、途中で心が折れちゃうじゃないですか。でも113%くらいだと達成しやすい。届きそうにない理想を掲げず、前年比113%を達成して、達成したらまた別の目標を立てて続けていく。 表現は少し異なりますが、室伏広治が「理想のフォームは叶えられる。でも翌日には別の理想に辿り着くからまたやり直すんだよ」と話してくれたことも、似たようなことかなと思っています。最近若い子には、「サッカーの本田や野球のイチロータイプは少数派。高い目標を設定してそこに一直線に進める人はごくわずかだから、僕らは目標をひとつひとつ細かく設定して、結果高い山を築こう!」と言っています。」
和田さん
のっぽくん
そのおかげで25年間、続けてこられたと。
朝日さん
「そうですね。また、あとは体が頑丈だったことと無理しないこと!無理しないというポイントは人それぞれですが、自分がこれ以上やったら怪我をするなというラインが、僕の場合は人よりすごく手前なんです。 バレー界では有名な話なんですが突き指をしただけでも練習を休むほど(笑)。常に身体の細かなところに気を配り、違和感がちょっとでもある場合、その調整を徹底的にやりました。」
朝日さん

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る