杉山芙沙子さん・トップアスリートに大切な、小さい頃からのコミュニケーション:スクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » 杉山愛さんの母・杉山芙沙子さん » トップアスリートに大切な、小さい頃からのコミュニケーション

プロに聞く! プロフィール

杉山芙沙子(すぎやま・ふさこ) 聖心女子大学文学部心理学科卒業。早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修了。順天堂大学大学院医学研究科/医学専攻(博士課程)在学中。(株)ベリィ・ボタン代表取締役。【チーム愛】のコーチ・チームディレクターとして世界ツアーを共に転戦。自身が校長を務めるパーム・インターナショナル・テニス・アカデミーで、現在も多くのジュニア選手を育成している。 杉山愛さん 杉山愛(すぎやま・あい) 1975年生まれ。元プロテニスプレーヤー。5歳のときにテニスを始め、15歳で日本人初の世界ジュニアランキング1位。17歳でプロに転向。WTA自己最高ランキングはシングルス8位、ダブルス1位。09年、グランドスラムシングルス連続出場62回(ギネス記録)を達成しテニスツアーから引退。

普段の生活の過ごし方が大切

杉山さん
「それでも彼らが世界のトップアスリートとして成長していけたのは、やはり小さい頃からのコミュニケーションというのが大きな要因なんじゃないかと私は思うのです。」
杉山さん
杉山さん
「というのも、コミュニケーションを取るという行為には、人の空気を読んだり、観察をしたり、何かを判断したりする力がすべて必要になってきますよね。その力はスポーツをする上で同様に求められる部分でもあるのですが、それらの能力を身につけるにはまず普段の生活の過ごし方が大切です。

たとえば、トップアスリートの場合、日常生活のなかのルーティン・ワークが100も150もあると言われていて、歯を磨いたり、自分のベッドを直したり、朝ごはんの箸を揃えたりする簡単な作業を非常に重要視します。そうやって良質な習慣を身につけて普段の生活をしっかりすることで、自信が出て、本番力へと繋がり、同時に様々な能力を鍛えていくのだと思います。」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る