杉山芙沙子さん・『絶対評価』で子供に寄り添うことが大事:スクスクのっぽくん

プロに聞く! プロフィール

杉山芙沙子(すぎやま・ふさこ) 聖心女子大学文学部心理学科卒業。早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修了。順天堂大学大学院医学研究科/医学専攻(博士課程)在学中。(株)ベリィ・ボタン代表取締役。【チーム愛】のコーチ・チームディレクターとして世界ツアーを共に転戦。自身が校長を務めるパーム・インターナショナル・テニス・アカデミーで、現在も多くのジュニア選手を育成している。 杉山愛さん 杉山愛(すぎやま・あい) 1975年生まれ。元プロテニスプレーヤー。5歳のときにテニスを始め、15歳で日本人初の世界ジュニアランキング1位。17歳でプロに転向。WTA自己最高ランキングはシングルス8位、ダブルス1位。09年、グランドスラムシングルス連続出場62回(ギネス記録)を達成しテニスツアーから引退。

痛みも喜びも子どもと一緒に

杉山さん
「絶対評価という話をお母さんたちにすると「それはわかっているんだけど……」とみんな口ごもってしまいます。でも、お父さんから「隣のママは料理がうまいんだって。君ももっと料理がうまくなりなよ」って言われたら嫌じゃないですか(笑)。それは子供も同じ。「もうお姉ちゃんになるのに……」とか「隣の○○ちゃんは、もっとできるのに……」と言われたらやっぱり嫌だと思うのです。

また、子どもが何かに失敗したときは、一緒になって痛みを受け入れてあげることも大切にしましたね。たとえばテストの点数が悪かったときなどは、「あれだけ勉強したのに残念だったね」と先ずは子どもの努力を認めてあげた上で、次にどんなことをすればいいのか話してあげる。そうすることで、傷を癒せるだけでなく、次へのチャレンジにも繋がっていくのです。もちろん、子育ては絶対評価なので、ちょっとしたことでもうまくできたら、たくさん褒めてあげることも心がけましたね。」
杉山さん
杉山さん
「なんでこんな形の子育てができたかというと、実は私自身、なんとなく昔から冷めた子でした(笑)。というのも、親って理不尽な怒り方をすることがたまにあるじゃないですか。そういうことに対して、私は「何でこんなに怒るんだろう」と思いつつも、適当に返事をするようなズル賢さがあったのです。

 でも、それとは対照的に、私の妹はいちいち親に抵抗していって……。もちろん、大ゲンカですよ。それを朝から繰り返すわけですから、傍で見ている私としては「ふたりとも相当体力を使っているな」とずっと思っていました。そうやって冷静に周りの家族を見ていたので、自分が人と対するときに、軋轢なくすり抜けるにはどうすればいいのかということを無意識に考えるようになっていったのですね。」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る