心だけでなく身体にも影響する「思春期」
 >   >  心だけでなく身体にも影響する「思春期」

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

心だけでなく身体にも影響する「思春期」
スクスクのっぽくんメールマガジン/ vol.830
成長の仕組みを徹底検証!のっぽくんQ&A「思春期と成長の関係」
【動画】肥満予防ならこれ!お腹ツイスト体操
海洋冒険家 白石康次郎さん 最終回
成長の仕組みを徹底検証!のっぽくんQ&A「身長と思春期の関係」

こんにちは!
スクスクのっぽくんです。

お子様が成長する過程で必ず訪れる思春期。心の成長に大切な思春期ですが、身体の成長にはどう影響するのでしょうか?

スクスクのっぽくんへ寄せられる様々な成長のお悩みの中から、今回は子どもの成長と思春期の関係について専門家がお答えします!



Q:思春期を早く迎えると身長の伸びが早く止まると聞いたことがあります。思春期は遅く迎えた方が身長が高くなるのですか?

A:体が早く成熟し成人になるということは、早く身長の伸びが止まってしまうということ。

思春期を迎えるのがあまりに早すぎると、あっという間に大人になってしまいます。

思春期の身長の伸びはめざましく、身長増加のラストスパートと呼ばれています。

しかし、この身長増加のスパートは、身長増加がゴールに達する直前のラストスパートを意味しますので、もうすぐ身長が伸びなくなる前ぶれなのです。

骨の両端にある軟骨部分「骨端線」が伸びることによって身長は伸びていくのですが、「骨端線」は徐々に固まりはじめ、固まってしまった後は、基本的には身長が伸びることはありません。

思春期のスパートを迎えるまでに、いくら身長が伸びたかが、成人に達した時点での身長の高い低いを決定するので、一般的に考えますと思春期は遅く迎えた方が最終身長は高くなると考えても良いかと思います。

身長を伸ばす大切な要素は「食事・睡眠・運動」です。

日頃からバランスの取れた食事を意識し、特にカルシウム・マグネシウムなど骨の元となる栄養素を積極的に取り入れましょう。

のっぽくんQ&Aページでは、思春期と成長との関係についてのさらに詳しい説明、そして成長のために大切な栄養素をご紹介しています。

成長の仕組みを徹底検証!のっぽくんQ&A「身長と思春期の関係」の全文はこちら!

スクスクのっぽくん 担任より
公式LINE
公式Facebook
公式Instagram





無料サンプルプレゼント中!


※過去サンプルをお申込みいただいた方も、お申込みいただけます。
定期お届けコースをもっと便利に活用!
▶︎のっぽくんショップ 「商品の組み合わせについてのご案内」はこちら

↑カルシウムグミについて、もっと詳しく知りたい方はこちら!

スクスクのっぽくん
商品のご注文はこちらから!

【スクスクのっぽくん公式SHOP】
https://suku-noppo.shop
★定期お届けコースへのご加入、再開もお電話よりお気軽にご連絡ください
※受付時間 / 9:00~21:00(年中無休)
【動画】肥満予防ならこれ!お腹ツイスト体操

肥満は大人だけ・・・ではなくなってきています。

最近は、肥満児が増えてきてしまっているという問題が起こっています。なぜでしょうか?

原因として、やはり外で遊ぶことが少なくなってきてしまい、子どもの運動習慣がなくなってきてしまっていることが考えられます。

運動をしなければ筋肉の量が足りなくなってしまいます。

筋肉は車で言えばエンジン。エンジンが大きければたくさんガソリンを使いますよね?

人間もエンジンである筋肉をたくさんつければ、そのぶんエネルギーをたくさん使うので、肥満を解消していくことができるのです!

そこで今回は、特にお腹周りの筋肉をつける、「お腹ツイスト体操」を紹介します!

お腹を捻って使うことによって、肥満解消に必要なお腹の中にあるインナーマッスルを鍛えることが出来ます!

ダイエットやスタイルアップにもおすすめですので、さっそく動画を見ながら、親御さんも一緒に行なってみてください!


26歳でヨットによる世界最年少単独無寄港世界一周を達成。そして03年には、8ヶ月かけて世界一周する過酷なヨットレース「アラウンド・アローン」で完走の白石康次郎さんにインタビュー!

飽くなき挑戦を続ける海洋冒険家の原動力は、少年時代から変わりません。心の声に耳を傾けてきたという白石さんに、子どもを育てるヒントについてお話を伺いました。
※本記事は、2013年1月から公開された「プロフェッショナル 生きる力の伸ばし方」のバックナンバーからの再掲記事です。

白石康次郎プロフィール
1967年 東京生まれ、鎌倉育ち 横浜国立大学教育学部附属鎌倉小・中学校卒業後、船乗りを目指し、神奈川県立三崎高等学校専攻科へ。高校卒業後、単独世界一周レース優勝者の多田雄幸氏に弟子入り。多田氏のもとで、ヨットの建造を学びながら、レースのサポートを続けた。 1993年 世界最年少単独無寄港世界一周を達成 1995年 走行距離500km以上を人力のみで走破するアドベンチャーレース「エコ・チャレンジ」に出場 2003年 「アラウンド・アローン」クラスⅡで4位 2004年10月に行われる「5-OCEANS」に出場予定 その後は、水泳の指導について学ぶためにアメリカへ留学。帰国後は水泳の指導などに励むかたわら、TV等でコメンテーターとしても活躍。日本オリンピック委員会 環境アンバサダー、日本水泳連盟競泳委員会委員
頭で考えるのではなく心を使う

ー多くの人の支えを得て、夢を実現されている白石さんですが、プレッシャーはありますか?

「それは考えないことはありません。

僕がやろうとしていることは、失敗したら、最悪、死んでしまうわけです。

それは想像を絶するものがあります。

さらにいえば、前回成功しているから次も成功できる保証は、なにもありません。

だから、プレッシャーを考えると、前に進みません。

今、できることは、目の前にある、ひとつひとつを善処すること。

考え、悩んでも、なんの解決にもならないわけです。

それは受け入れるしかありません」



ー最後に夢を持つことの大切さを教えてください。

「エベレストを登るにしても“パリ・ダカールレース”に出ることも、世界一の山があるから登りたい、砂漠を走りたいだけ。

理屈ではないのです。ただ、心の声に素直でありたいと思っているのです。

自分の心に素直でいること。

それは心が常に透明であることが大事。

それは湧水に似ています。いつもきれいな水が湧き出てくるようにしていれば、泥水が入っても濁らない。

その上で、一生懸命になって突き詰めていけば、『こうしたい』『こうなりたい』という思いが生まれる。

それが夢だと思います。

別にヨットで世界一周などの無謀な夢を持つ必要はありません。

温かい家庭を築く、会社員として働くでも、どんな内容でもいいのです。

そんな夢、やりたいこと、好きなことを持っている人には、多くのエネルギーがみなぎっている。

それが苦しいとき、辛いときに、不思議なパワーとなるのです」

発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ
東京都港区麻布台1-11-3 5F)
小関
★ご意見・ご感想はこのメールにご返信ください。













【ご利用ガイド&よくあるご質問】
https://suku-guide.jp/

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
https://www.suku.jp/account/cancel

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る