食物アレルギーに関する基礎知識-その1:食物アレルギーは何故起こる?:スクスクのっぽくん
 »  管理栄養士に聞く、食とアレルギーの今 » 食物アレルギーに関する基礎知識-その1:食物アレルギーは何故起こる?
管理栄養士に聞く、食とアレルギーの今

食物アレルギーに関する基礎知識-その1:食物アレルギーは何故起こる?

食物アレルギーに関する基礎知識

食物アレルギーは何故起こる?

食物アレルギーの原因はその食べ物に含まれる「たんぱく質」です。中でも鶏卵、牛乳、小麦はアレルゲンの中で多くを占めています。

0歳児ではこの3品目がほとんどを占めていますが、1歳以降では鶏卵と牛乳がアレルゲンとなる頻度がとても少なくなります。

食物アレルギーを持っている人がアレルギー症状を起こさない為には原因となる食物を控えることが一つの手段となります。

その指標として農林水産省では食品に対して「アレルギー表示」をしています。対象となる食品は現在のところ27品目です。

まずはアレルギーの原因となる食品の中でも患者数が多かったり、アレルギーの症状が重かったりということで表示が義務とされています。

表示が義務とされている7品目

  • エビ
  • かに
  • 小麦
  • そば
  • 落花生

その他の20品目は義務ではないが表示することを推奨されています。

表示が推奨されている20品目

  • あわび
  • いか
  • いくら
  • オレンジ
  • カシューナッツ
  • ごま
  • キウイフルーツ
  • 牛肉
  • くるみ
  • さば
  • 大豆
  • 鶏肉
  • バナナ
  • 豚肉
  • まつたけ
  • もも
  • やまいも
  • りんご
  • ゼラチン
鶏卵39%、牛乳22%、小麦12%

※平成23年度即時型食物アレルギー全国モニタリング調査

ポイント

全年齢におけるアレルギーの原因食物は鶏卵がトップ、続いて牛乳、小麦の順である。

のっぽくん推奨商品の表示とアレルギー一覧はこちらから

『食とアレルギーの今』TOPに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る