埼玉新聞に写真とともに『青島、三塁打!』と載ってしまった。(青島健太さん):スクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » スポーツジャーナリスト・青島健太さん » 埼玉新聞に写真とともに『青島、三塁打!』と載ってしまった。

プロに聞く! 青島健太プロフィール

埼玉県の春日部高校から慶応大学へ進学。東芝の実業団チームを経て、1984年のドラフト会議でヤクルト・スワローズに入団。1985 年5月11日の阪神戦(神宮)で、プロ野球史上20人目となる公式戦初打席初本塁打を放った。1989年に引退し、オーストラリアへの留学を経験したあと、スポーツジャーナリストに転向。これまでにNHKの「BSスポーツニュース」やTBS系の「JNNスポーツ&ニュース」のキャスターを務めた。

「内緒で入った野球部」

のっぽくん
医者を目指すために「高校では野球部に入らない」と両親と約束したのに、どうやって野球を続けられたんですか?
青島さん

「親に黙って、野球部に入ったんです(笑)。やっぱり野球をやりたいという気持ちを我慢できなくて。入学式の日にボクは丸刈りにして、母親から『どうしたの?』と訊かれたんですが、『チャラチャラしていたら勉強できないから』とごまかしました。結局、1ヵ月間、野球部に入ったのを内緒にし続けました」

青島健太
のっぽくん
嘘がばれたんですか?
青島さん

「これは自慢話になっちゃうんですが、たまたま県大会があって、その前年に甲子園でベスト8に入った川越工業と試合をしたんですよ。その試合の満塁の場面で、僕は走者一掃の三塁打を打った。その結果、4対1で勝ったんですね。僕は一躍ヒーローになって、埼玉新聞に大きな写真とともに『青島、三塁打!』と載ってしまったんですよ。それを父親が見つけましてね。『オマエ、出てるぞ』とばれてしまった。でも、勉強も頑張るからと言って、なんとか野球を続けることを認めてもらいました」

のっぽくん
まるでドラマみたいなお話ですね。
青島さん

「今振り返ると、あの頃は日々骨が伸び、細胞が生み出されるような感覚があって、自分の中にあるエネルギーを、体を動かすことによって発散させたいという欲求があったんです。エネルギーを爆発させないと、バランスが取れないというか。だから勉強という面でも、野球という形で体を動かしたことがすごくよかったと思っています」

のっぽくん
高校卒業後は、慶応大学に進学されましたね。その頃プロ野球選手になることは考えていましたか?
青島さん

「プロ野球選手になることはまったく考えずに、大学を選びました。ただ、それでも野球を好きという気持ちは変わらず、実業団を経て、結局、ヤクルト・スワロ ーズに入団することができたんです」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る