三浦淳宏さんの子供時代(三浦淳宏):スクスクのっぽくん

プロに聞く! 三浦淳宏プロフィール

1974年、埼玉県生まれ。小学校1年生のときに大分県に引っ越し、小3までは野球をやっていたが、先生からの熱心な誘いでサッカー部に入部。中学卒業後は長崎県の名門国見高校に全国高校選手権で2度優勝した。青山学院大学に進学したが、中退してプロの道へ。横浜フリューゲルス、横浜Fマリノス、東京ヴェルディ、ヴィッセル神戸、横浜FCでプレーし、2011年4月に引退を発表した。日本代表では25試合に出場し、FKの名手として活躍した。

野球をやっていた子供時代

のっぽくん
三浦淳寛さんは現役時代にサッカー日本代表として活躍されましたが、どんな子供時代を過ごされたんですか?
三浦さん

実は小学校3年生の10月くらいまでは、野球をやっていたんですよ。育ったのは大分なんですが、生まれは埼玉県の所沢市。所沢といえばプロ野球の西武ライオンズで、将来はライオンズの選手になりたいと思っていました

のっぽくん
まさか野球をやられていたとは。
三浦さん

大分に引っ越してからも、小学校1年生から3年生の10月までは野球の少年団に入っていました。軟式ではなく、硬式です。だけど突然、小学校の3年生の10月にサッカーに変わったんです

三浦淳宏さん
のっぽくん
何かきっかけがあったんですか?
三浦さん

小学校の先生が『全国少年サッカー大会で優勝できるチームを作りたい』と言って、猛烈に勧誘してきたんですよ

のっぽくん
校内でスカウトされたわけですね(笑)。
三浦さん

当時僕は足がすごく速くて、運動神経も良かったので、サッカー部に入ってくれって言われたんです。でも、『僕はプロ野球選手になりたいから、興味ないです』ってお断りしたんです。ところが先生はそれでも諦めず、10日間くらい、ずっと自宅にくるわけですよ

のっぽくん
すごい情熱ですね。
三浦さん

まだ僕は小学校3年生ですよ? ひたすら『入ってくれ、優勝するためにおまえが必要だ』って。毎晩来るので、居留守を使ったときもありました(笑)。結局、その先生は僕にとって恩師になるんですが

のっぽくん
先生の誘いに乗った決め手は?
三浦さん

うちの両親が『そこまで言うんだったら、アツヒロやってみるか?』みたいになって。で、嫌だったんですけど、試しに1回だけやってみたんです。そうしたら当たり前なんですが、まわりの方がうまいわけですよ。それが悔しくて、一気にそこから野球のことを忘れて、サッカーにのめり込みました。絶対に同級生に負けないっていう気持ちで、ひたすら練習したんです

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る