寒い時期に気をつけたい、睡眠のこと
 >   >  寒い時期に気をつけたい、睡眠のこと

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

寒い時期に気をつけたい、睡眠のこと
スクスクのっぽくんメールマガジン/ vol.870
みんな悩んでる? 成長年代の睡眠事情
【動画】そのまま眠れるリラックスストレッチ
フリースタイルモーグルスキー選手 伊藤みきさん 第7回
みんな悩んでる? 成長年代の睡眠事情

こんにちは!
スクスクのっぽくんです。

木枯らしが吹き、本格的な冬の到来を予感させる11月。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

スクスクのっぽくんの睡眠改善インストラクターには、日々、お子様の睡眠に関するご質問をお寄せいただいております。

今回はその中から、成長年代における代表的なお悩みについてお答えしていきたいと思います。

睡眠は脳や身体の発達にとても重要な役割を果たすと考えられており、成長年代の睡眠に関するお悩みは様々です。

下に挙げさせていただいたお悩みは、トップ2と言っても過言ではないほど多く寄せられる、代表的な成長年代における睡眠のお悩みです。

Q1.どこまで部屋を暗くして眠ればよいのですか?豆球をつけたまま寝てもよいですか?

A.人の生体リズム(体内時計)は、光の刺激の影響を受けやすく、夜間はできるだけ暗く、静かな場所で眠るほうが、睡眠の質の向上につながることが分かっています。

Q2.寝相がすごく悪いのですが大丈夫でしょうか?眠りが浅いのでしょうか?

A.脳や身体が成長段階にある年代で、寝相が悪かったり、ハッキリとした寝言を言ったりすることは、実はよくあることなのです。

スクスクのっぽくんの睡眠改善インストラクターが、お子様の睡眠時のお悩みについて詳しく回答します。


▶︎スタッフブログ「みんな悩んでる? 成長年代の睡眠事情」


スクスクのっぽくんは、カルシウムをはじめとする成長期に必要な栄養素を、日々の不足分を補う摂取量に計算して作られた『カルシウムグミをお食事のプラスαにおすすめしております。


無料サンプルプレゼント中!


※過去サンプルをお申込みいただいた方も、お申込みいただけます。

毎日の栄養素の積み重ねで、成長期の可能性をグングン伸ばしましょう!


スクスクのっぽくん 担任より
公式LINE
公式Facebook
公式Instagram


定期お届けコースをもっと便利に活用!
▶︎のっぽくんショップ 「商品の組み合わせについてのご案内」はこちら

↑カルシウムグミについて、もっと詳しく知りたい方はこちら!

スクスクのっぽくん
商品のご注文はこちらから!

【スクスクのっぽくん公式SHOP】
https://suku-noppo.shop
★定期お届けコースへのご加入、再開もお電話よりお気軽にご連絡ください
※受付時間 / 9:00~21:00(年中無休)
【動画】そのまま眠れるリラックスストレッチ

体の冷えや朝の部屋の寒さで、なかなかしっかりとした睡眠サイクルをキープできない季節。

できれば身体をしっかりリラックスさせて、そのまま眠ってしまいたいですね。

毎日の快眠のためには、覚醒しているときに優位になっている「交感神経」から、リラックスしている時や睡眠時に優位になる「副交感神経」に切り替える必要があります。

ストレッチと呼吸法によって、スイッチを切り替える方法を動画でご紹介します。

ポイントは「だら〜っとやること」!


モーグル女子日本代表として、2006年のトリノ五輪と2010年のバンクーバー五輪に出場した伊藤みきさん。

伊藤さんの姉と妹もモーグルの選手として活躍しており、日本スキー界で“伊藤三姉妹”は有名な存在。

両親からどんな教育を受けたのか、伊藤さんにお話を伺いました。
※本記事は、過去に公開された「プロフェッショナル 生きる力の伸ばし方」のバックナンバーからの再掲記事です。
伊藤みきプロフィール
高校教師の両親の下、滋賀県蒲生郡に生まれる。3歳のときにスキーを始め、高校2年生でワールドカップ入賞。高校3年生のとき、トリノ五輪出場。20位。2006年中京大学に入学。全日本選手権で2冠を達成。2010年バンクーバー五輪出場。12位。 2010年北野建設入社。
子どもの力を伸ばすために親が出来ること

ー子どもの力を伸ばすために、親ができることって何だと思いますか?

「これが良いかわからないですけど、私がいい成績を出したときには両親はあまり関心を示さず、『おー、おめでとう』とさらりと言うくらい。

『あれ、まだ足りない?』と思わせられるんです。

けれど、自分が精神的にしんどいときには『まだ力があるから大丈夫』『自分を信じて』と励ましてくれる。

今年のアジア大会の前に、3戦連続で予選通過できなかったことがあったんです。

3戦目で通過に失敗したときに、母親からこう言われました。

『2回目までは失敗は許されるけども、3回目となるときっと何か理由がある。今のままじゃダメだから、自分のスキーをちゃんと振り返らなきゃいけない』と。

ただ励ますのではなく、冷静な言葉をかけられるのは親しかいないと思う。

甘い言葉をかける人はまわりにいくらでもいるので」



ー両親に言われて印象に残っていることはありますか?

「腹が立ってイライラしているときは、『まず寝なさい』と言われました。

寝て忘れるようなことだったら、考えるだけ無駄ということですね。

だから、嫌なことがあったら、私はすぐに寝るようにしています。

今でも1時間くらい昼寝して、『まだイライラしているかな』と自問して、次に進んでいます」

ー本当に個性的な両親ですね。

「子どものときはあまりにも厳しいので嫌で仕方なかったですが、今ようやく両親が言いたかったことがわかるようになりました。

まあ、子どものときは、隣のチハルちゃんは1週間でピアノを辞めたのに、何で自分は続けなきゃいけないんだって思ったりしてましたが(笑)

『自分たちは、自分たちのやり方がある』という軸がすごくしっかりしていた両親でした」

〜つづく〜

発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ
東京都港区麻布台1-11-3 5F)
★ご意見・ご感想はこのメールにご返信ください。













【ご利用ガイド&よくあるご質問】
https://suku-guide.jp/

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
https://www.suku.jp/account/cancel

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る