今月もスクスク成長しよう!!
 >   >  今月もスクスク成長しよう!!

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

今月もスクスク成長しよう!!
スクスクのっぽくんメールマガジン/ vol.869
11月の平均身長をチェック!
【動画】成長期に必要なバランス能力を
身につける「飛行機体操」
フリースタイルモーグルスキー選手 伊藤みきさん 第6回
11月の平均身長をチェック!

こんにちは!
スクスクのっぽくんです。

朝晩の冷え込みも段々と厳しい季節となりました。

寒い時期は外で遊ぶ機会が減りがちですが、成長には骨への刺激も大切な要素です。

室内でも、なるべく体を動かす機会を作りたいですね。

それでは、11月の身長をチェックしてみましょう!

11月の平均身長 男の子 女の子
幼稚園年少 101.9 101.2
幼稚園年中 108.3 107.8
幼稚園年長 115.0 114.1
小学校1年生 121.1 120.2
小学校2年生 126.7 126.1
小学校3年生 132.2 132.0
小学校4年生 137.7 138.6
小学校5年生 143.8 145.4
小学校6年生 151.0 150.9
中学校1年生 158.2 154.4
中学校2年生 164.1 156.4
中学校3年生 167.8 157.2


成長期はこれさえとっていれば問題ない!という魔法のような食材はありません。

毎日の栄養素の積み重ねで、成長期の可能性をグングン伸ばしましょう!

スクスクのっぽくんは、カルシウムをはじめとする成長期に必要な栄養素を、日々の不足分を補う摂取量に計算して作られた『カルシウムグミをお食事のプラスαにおすすめしております。


無料サンプルプレゼント中!


※過去サンプルをお申込みいただいた方も、お申込みいただけます。

毎日の栄養素の積み重ねで、成長期の可能性をグングン伸ばしましょう!


スクスクのっぽくん 担任より
公式LINE
公式Facebook
公式Instagram


定期お届けコースをもっと便利に活用!
▶︎のっぽくんショップ 「商品の組み合わせについてのご案内」はこちら

↑カルシウムグミについて、もっと詳しく知りたい方はこちら!

スクスクのっぽくん
商品のご注文はこちらから!

【スクスクのっぽくん公式SHOP】
https://suku-noppo.shop
★定期お届けコースへのご加入、再開もお電話よりお気軽にご連絡ください
※受付時間 / 9:00~21:00(年中無休)
【動画】成長期に必要なバランス能力を
身につける「飛行機体操」




今回のワンポイントレッスンは「軸」です。

寒い冬を前に、体が縮こまっている方も多いのではないでしょうか?

お子様と一緒に少し体を動かして、体をほぐしていきましょう!

ご紹介するのは、バランス能力を身につける「飛行機体操」です!

成長期には、身長が伸びるにつれて、徐々にバランスを取ることが実は難しくなっていきます。

そのため、小学校高学年から中学生の間に、運動することが苦手になってしまう場合も多いのです。

成長期やその前からバランス能力を身につけ、正しい姿勢作りや運動能力アップを図りましょう!

モーグル女子日本代表として、2006年のトリノ五輪と2010年のバンクーバー五輪に出場した伊藤みきさん。

伊藤さんの姉と妹もモーグルの選手として活躍しており、日本スキー界で“伊藤三姉妹”は有名な存在。

両親からどんな教育を受けたのか、伊藤さんにお話を伺いました。
※本記事は、過去に公開された「プロフェッショナル 生きる力の伸ばし方」のバックナンバーからの再掲記事です。
伊藤みきプロフィール
高校教師の両親の下、滋賀県蒲生郡に生まれる。3歳のときにスキーを始め、高校2年生でワールドカップ入賞。高校3年生のとき、トリノ五輪出場。20位。2006年中京大学に入学。全日本選手権で2冠を達成。2010年バンクーバー五輪出場。12位。 2010年北野建設入社。
緊張とパフォーマンスの関係

ー子どもたちのなかには、試合で緊張してしまう子もいます。心を落ち着かせるために何かいい方法はありますか?

「私は子どものとき、大会が大好きだったんですよ。

練習ではいろんな人には観てもらえないけども、大会では観てもらえるじゃないですか。

それと記録に残るのだから、いい滑りをした方が得なんじゃないかなって思って。

もちろんすごく緊張もするんですけども、思ったことをすぐ口にする子だったんですね。

小さい大会に出るときも、近くにいるコーチとか姉とかに『緊張する~、むっちゃ吐きそう。もう無理無理』とか言いまくっていて」



ー人に言うことで、緊張が解ける部分があるのかもしれません。

「最初はなかなか練習のパフォーマンスを本番で出せなかったんですが、あるときから急に練習ではできなかったことが本番でできるようになった。

そのときの練習ノートを見たら、結構、気持ち的には緊張していたんですね。

ということは、大会では緊張するからこそ、いいパフォーマンスが出るんじゃないかと。

それに気がついてから、緊張している状態が好きになりました」

ー発想の転換ですね。

「練習では、大会のような緊張感がどうしても得られない。

大会だってイメージしても、どこかで『大会じゃないやろ』っていうツッコミが心の中で入るから。

大会では、こんなにも幸せな1本を滑る場を与えられているんだから、と考えるようにしています。

それに本番で思いっきり転んでも、無駄にはならないと思うんです。

自分の知らない世界に自分を連れて行くことができて、きっと次のレベルに進むきっかけになると思う。

とにかく緊張したとしても、緊張している自分を認めてあげればいいんです。

中学生のときにワールドカップの予選となる大会に出場したんですが、当時の練習ノートをあとで見たら、自分よりも力のある選手がピックアップされてた。

『自分が普通に滑ったら何番くらいになる、だから何番だったら喜ばない。

それより1つでも上だったら喜ぼう』ということもいっしょに書いてありました」

ー子どもとは思えない冷静さですね。

「うふふ。どうしても一番になりたかったから(笑)

勝つためには、考えつくことをすべてやりましたね」

〜つづく〜

発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ
東京都港区麻布台1-11-3 5F)
★ご意見・ご感想はこのメールにご返信ください。













【ご利用ガイド&よくあるご質問】
https://suku-guide.jp/

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
https://www.suku.jp/account/cancel

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る