おやつも栄養に気を配ろう!
 >   >  おやつも栄養に気を配ろう!

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

おやつも栄養に気を配ろう!
スクスクのっぽくんメールマガジン/ vol.842
お菓子が身長に関係している?のっぽくんQ&A
【動画】背筋を伸ばして成長サポート!? X背筋体操
元・千葉工業大学教授 上野義雪さん インタビュー第5回
お菓子が身長に関係している?のっぽくんQ&A

こんにちは!
スクスクのっぽくんです。

ご自宅に長時間いることで普段と生活が変わり、いつもよりお菓子を食べる機会が増えるお子様もいるようです。

ですが、どうせ食べるなら成長期には栄養が取れる食事をして欲しいと栄養面を心配する親御さんの声も。

スクスクのっぽくんへ寄せられる様々な成長のお悩みや疑問の中から、今回はお菓子と子どもの身長について専門家がお答えします!



Q:お菓子は身長の伸びに悪い影響を与えますか?

A:全てのお菓子が悪影響ということはありませんが、市販のスナック、チョコレート、アイスクリームなどはやはり食べ過ぎると身長の伸びに悪影響を与えます。

まずカロリーが高いので、太りやすくなり、思春期を早めてしまう可能性が高まります。

また、夜遅くに食べると、血糖値を上げてしまい成長ホルモンの分泌を阻害する恐れもあります。

スナック菓子等は、カルシウムを体外に排出してしまう「リン酸塩」を含んでいることが多いので、これも骨の成長を妨げる要因になります。

少食やスポーツなどで間食をする場合は、管理栄養士が捕食としてのオススメのおやつをスタッフブログでご紹介していますので、ぜひこちらもご覧ください。

のっぽくんQ&Aページでは、お子様の身長とお菓子の関係についてさらに詳しく解説しています。

成長の仕組みを徹底検証!のっぽくんQ&A「お菓子と身長」の全文はこちら!


スクスクのっぽくんは、カルシウムをはじめとする成長期に必要な栄養素を、日々の不足分を補う摂取量に計算して作られた『カルシウムグミをお食事のプラスαにおすすめしております。



毎日の栄養素の積み重ねで、成長期の可能性をグングン伸ばしましょう!


スクスクのっぽくん 担任より
公式LINE
公式Facebook
公式Instagram





無料サンプルプレゼント中!


※過去サンプルをお申込みいただいた方も、お申込みいただけます。
定期お届けコースをもっと便利に活用!
▶︎のっぽくんショップ 「商品の組み合わせについてのご案内」はこちら

↑カルシウムグミについて、もっと詳しく知りたい方はこちら!

スクスクのっぽくん
商品のご注文はこちらから!

【スクスクのっぽくん公式SHOP】
https://suku-noppo.shop
★定期お届けコースへのご加入、再開もお電話よりお気軽にご連絡ください
※受付時間 / 9:00~21:00(年中無休)
【動画】背筋を伸ばして成長サポート!? X背筋体操

猫背になってしまうと、どうしても見た目が小さく見えてしまうものですね。

また、勉強や運動をするときも、猫背になってしまうと集中力がなくなってしまったり、うまく体が動かせなかったりと、子ども達にとって猫背は大敵です。

そこで今回は、しっかりと背中の筋肉を使って背骨を支えるための、X背筋体操を紹介します!

背骨は筋肉によって支えられているため、背筋などが弱いと意識してもうまく姿勢を伸ばすことが難しく、良い姿勢を維持することが出来ません。

トレーニングによって背筋を鍛えて、自然に背骨を立てられるように体作りを行いましょう!


「姿勢なんて、どうでもいい…」なんて思っていませんか?

たしかに姿勢が悪いからといって、大病に直接つながるわけではありません。

しかし、正しい姿勢は健やかな成長のための重要な要素となるのです。

姿勢と成長にまつわるお話を、人間工学をご専門とし、福祉機器や車椅子、病床におけるご研究等で著名な千葉工業大学の上野義雪教授にお伺いしました。

※本記事は、過去に公開された「プロフェッショナル 生きる力の伸ばし方」のバックナンバーからの再掲記事です。

上野義雪プロフィール
日本大学大学院修士課程修了。元・千葉工業大学 工学部 デザイン科学科 教授。人間工学を専門。
学校の学習机の合わせ方

ー今までどのようなものをデザインされてきたのですか?

「家具や椅子。椅子などは飛行機、新幹線、乗用車から建設機械のシートまでデザインしてきました。

文房具や車イス、事務机などもやってきました。

また文部省に働きかけ、学校の机を子どもたちの身長に合わせて、机、椅子を用意するシステム作りにも関わりました」

ーデザインばかりでなく、正しい姿勢の啓蒙活動も盛んにやられているわけですね。

「学校の机は、子どもたちの身長に合わせて、6種類の大きさの机、椅子を用意するシステムになっています。

このシステムを構築するのも一苦労でした。

本当なら年に1度は身長を計り、その生徒に合った机や椅子を供給していかなければならないのですが、机、椅子をストックする場所がないのです。

姿勢が大事だということをわかってくればいいのですが、学校で用意する机や椅子を決めるのは教育委員会か校長です。

どしてもないがしろにされてしまうのです」



ー姿勢が悪いと、腰痛や肩こりなども増えるというデータもありますが。

「背中を丸めたままの姿勢でいると、背筋が伸びてしまいます。

その状態が続くと、背骨のクッションの役割をする椎間板に負担がかかってしまいます。

それが痛みや張り、緩みを起こしてしまうのです。

また腹痛や頭痛、眼痛など、さまざまな症状を引き起こします」

〜つづく〜

発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ
東京都港区麻布台1-11-3 5F)
小関
★ご意見・ご感想はこのメールにご返信ください。













【ご利用ガイド&よくあるご質問】
https://suku-guide.jp/

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
https://www.suku.jp/account/cancel

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る