成長に重要なデータ集もご活用ください!
 >   >  成長に重要なデータ集もご活用ください!

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

成長に重要なデータ集もご活用ください!
スクスクのっぽくんメールマガジン/ vol.834
データで見る!その栄養素、足りてる?足りてない?
疲れを取るための静的ストレッチ
バスケットボール元日本代表選手 竹内公輔さん インタビュー第4回
データで見る!その栄養素、足りてる?足りてない?

%family_name% %first_name% さん、こんにちは!
スクスクのっぽくんです。

成長期真っただ中の子ども達にとって最強の応援団は、ご家族の皆様。

お子様の成長を支える応援団としてできることの一つが「食事の管理」ではないでしょうか。

お子様の毎日の健康な身体のためにも、全国調査の統計データから、成長期の子ども達に必要不可欠な栄養素の摂取状況を確認してみましょう!

スクスクのっぽくんの管理栄養士が、お子様の成長期に重要な栄養素の過不足をグラフ化してお話します。


▶︎スタッフブログ「その栄養素、足りてる?足りてない?」


成長期はこれさえとっていれば問題ない!という魔法のような食材はありません。

毎日の栄養素の積み重ねで、成長期の可能性をグングン伸ばしましょう!

スクスクのっぽくんは、カルシウムをはじめとする成長期に必要な栄養素を、日々の不足分を補う摂取量に計算して作られた『カルシウムグミをお食事のプラスαにおすすめしております。


無料サンプルプレゼント中!


※過去サンプルをお申込みいただいた方も、お申込みいただけます。

毎日の栄養素の積み重ねで、成長期の可能性をグングン伸ばしましょう!


スクスクのっぽくん 担任より
公式LINE
公式Facebook
公式Instagram


定期お届けコースをもっと便利に活用!
▶︎のっぽくんショップ 「商品の組み合わせについてのご案内」はこちら

↑カルシウムグミについて、もっと詳しく知りたい方はこちら!

スクスクのっぽくん
商品のご注文はこちらから!

【スクスクのっぽくん公式SHOP】
https://suku-noppo.shop
★定期お届けコースへのご加入、再開もお電話よりお気軽にご連絡ください
※受付時間 / 9:00~21:00(年中無休)
疲れを取るための静的ストレッチ
ストレッチも様々な種類があり、大まかに分けると2つに分かれます。

一つはスタティックストレッチ。静的ストレッチと言われ、運動後に使った筋肉を伸ばすもの。

もう一つはダイナミックストレッチ。

こちらは動的ストレッチで、筋肉の温度を高め、ストレッチもできるもの。

ストレッチも上手く使い分けて、よりよいパフォーマンスに繋げて頂ければと思います。

本日は運動後に、筋肉収縮したものを伸ばして筋肉痛や疲れの除去に効果大な静的ストレッチをご紹介します。


≪トレーニング1・前屈≫
~オンラインレッスンNo.78「前屈体操」より~
ストレッチの王道。立位前屈。股関節から体を倒し、足の裏側全体的に伸ばします。
頭に血液も通うため、すっきりしたい時におススメです。

≪トレーニング2・ロープを使って≫
~オンラインレッスンNo.98「ロープストレッチ」より~
自分で強度を調整できるので、痛みなく足の筋肉を伸ばせると思います。
ロープはどんなものでも構いません!!

≪トレーニング3・ウエスト≫
~オンラインレッスンNo.37「ヒップクロスオーバー」より~
側面の筋肉というのは普段動かしませんが、見た目以上凝りや張りがあります。
体をひねってウエスト周りスッキリさせましょう。

ストレッチは筋肉の温度が高い方がより効率よく伸びますので、運動後の方が伸びやすいです。

柔軟性を高めたいようでしたら、体を温めてから行いましょう。

呼吸も大切です。呼吸を止めると血流も滞るので、呼吸は自然に行いながらストレッチしましょう!

ケガの予防にも繋がりますよ。

バスケットボール天皇杯で3連覇を果たし、日本男子バスケ界黄金世代の一つである「竹内世代」としてその名を残す人物。身長205cmという高さを生かしたプレーで、双子の弟・譲次さんとともに日本代表で活躍された竹内さんに、いつ背が伸びたのかといった身長の話や、バスケットボールの話を中心にお話を伺いました。

※本記事は、過去に公開された「プロフェッショナル 生きる力の伸ばし方」のバックナンバーからの再掲記事です。

竹内公輔プロフィール
1985年1月29日、大阪府吹田市出身。 身長205cm、体重98kg。中学3年からバスケットボールを初め、洛南高校3年生のときには双子の弟・譲次とともに国体で優勝。慶応大学総合政策学部に進学し、卒業後に日本バスケットボールリーグのアイシン・シーホースとプロ契約を結んだ。大学時代から日本代表として活躍し、2013年にはNBLオールスターに選出。2014年、広島ドラゴンフライズへ移籍し、この年にチーム史上初のオールジャパン決勝進出に貢献し自身もベスト5に選出。
文武両道を目指した高校時代

ーご両親も身長が大きいんですか?

「父親が180センチくらいなんですけど、おじいちゃんが190センチくらいあったと聞いています。

僕が中学生くらいのときに亡くなったので、あまり記憶がないんですけど。

双子の弟(譲次さん)とは身長が一緒で。

僕たち、二卵性なんですよ。

ガキの頃から何をやるにも競争みたいな感じで、簡単に言えばライバルみたいな存在でした」

ー中1のとき、弟さんがバスケを始めたのに対して、竹内さんは卓球を始めたそうですね。

「仲のいい友達に誘われて、やってみたら卓球も面白かったので。

ただ、あえて弟と違うことをやるという気持ちもあったかもしれません。

バスケを始めたのは、漫画『スラムダンク』の影響です。

中3のときに、バスケットボール部に入りました」



ー高校は進学校としても知られる洛南高校に進学しました。勉強もできましたか?

「どうでしょう(笑)

一応、洛南は進学校だったんですけど、僕はスポーツクラスだったので。

まぁ一応、定期テストや期末テストで、1位とか2位はとっていたんですけど、スポーツクラスの中でですから(笑)

ただ、かっこつけるわけじゃないですけど、文武両道みたいなものを目指していました。

勉強ができて、バスケもできたら、かっこいいじゃないですか。

あと僕は、勉強を教えるのが好きなんですよ。

スポーツクラスって、あまり勉強ができないヤツが多いんですが、そいつらもテストの点は上げようと頑張っていて、『数学教えてくれや』って言ってくる。

そういう頼られるのが良かったというものあります」

ー竹内さんは慶応大学の総合政策学部に進学されましたね。

「論文と面接だけだったんで。

まあ、論文もいいものにしようとは思っていましたけどね。

僕は凝り性だと思いますね。

トレーニングなども相当凝ります」

〜つづく〜

発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ
東京都港区麻布台1-11-3 5F)
小関
★ご意見・ご感想はこのメールにご返信ください。













【ご利用ガイド&よくあるご質問】
https://suku-guide.jp/

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
https://www.suku.jp/account/cancel

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る