100年間で日本人の平均身長はどう変化しているの?
 >   >  100年間で日本人の平均身長はどう変化しているの?

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

100年間で日本人の平均身長はどう変化しているの?
スクスクのっぽくんメールマガジン/ vol.824
100年間で平均身長はどう変わった!?
【動画】座って出来る姿勢改善エクササイズ
海洋冒険家 白石康次郎さん 第3回
\年末年始のポイントアップ!/
100年間で平均身長はどう変わった!?

みなさん、こんにちは!
スクスクのっぽくんです。

寒さも一層厳しくなり、冬物を出してみたら、もう昨年の服は着れない!というお子様も多いのではないでしょうか。

「最近の子は手足がスラっとして身長が高くなった」と感じる方は多いと思います。

実際には、身長は変化しているのでしょうか。

文部科学省が行っている学校保健統計調査の統計結果の遷移を見ると、各世代で明らかに高くなってきていることが分かります。

10歳男子でみるとこの100年間でプラス15.2cm、10歳女子でプラス16.4cmもの変化です。(下図参照)



この差を見ると、最近の子が大きくなったと感じるのも当然です。

では、なぜこの100年間で日本人の平均身長は高くなってきたのでしょうか?

遺伝に関して言えば、DNAレベルでこの100年で大きな変化があったとは考えにくく、そのため、この身長の伸びは、外部環境・生活習慣(特に栄養状況)が劇的に改善されたことも一つの要因であると考えられます。

子ども達の健やかな成長のためには、やはりバランスのとれた食生活が基本となります。

バランスの良い栄養摂取を中心とした生活習慣の改善を心がけて、子ども達が成長する可能性を高めましょう。

★100年間の統計のさらに詳しいデータはこちら!(6歳、14歳、18歳のデータも掲載しております)
https://www.calciumgumi.jp/growing/100.html


スクスクのっぽくんは、カルシウムをはじめとする成長期に必要な栄養素を、日々の不足分を補う摂取量に計算して作られた『カルシウムグミをお食事のプラスαにおすすめしております。


無料サンプルプレゼント中!


※過去サンプルをお申込みいただいた方も、お申込みいただけます。

毎日の栄養素の積み重ねで、成長期の可能性をグングン伸ばしましょう!


スクスクのっぽくん 担任より
公式LINE
公式Facebook
公式Instagram


定期お届けコースをもっと便利に活用!
▶︎のっぽくんショップ 「商品の組み合わせについてのご案内」はこちら

↑カルシウムグミについて、もっと詳しく知りたい方はこちら!

スクスクのっぽくん
商品のご注文はこちらから!

【スクスクのっぽくん公式SHOP】
https://suku-noppo.shop
★定期お届けコースへのご加入、再開もお電話よりお気軽にご連絡ください
※受付時間 / 9:00~21:00(年中無休)
【動画】座って出来る姿勢改善エクササイズ

今回ご紹介するのは、イスに座って出来る姿勢改善のエクササイズ。

背中をしっかりと伸ばすだけでなく、肩甲骨も動かしますので、お父さん、お母さんの肩こり予防にも!

長く座っていて背中が丸くなったときにさくっと行えますので、是非日常の中に取り入れてみてください!



26歳でヨットによる世界最年少単独無寄港世界一周を達成。そして03年には、8ヶ月かけて世界一周する過酷なヨットレース「アラウンド・アローン」で完走の白石康次郎さんにインタビュー!

飽くなき挑戦を続ける海洋冒険家の原動力は、少年時代から変わりません。心の声に耳を傾けてきたという白石さんに、子どもを育てるヒントについてお話を伺いました。
※本記事は、2013年1月から公開された「プロフェッショナル 生きる力の伸ばし方」のバックナンバーからの再掲記事です。

白石康次郎プロフィール
1967年 東京生まれ、鎌倉育ち 横浜国立大学教育学部附属鎌倉小・中学校卒業後、船乗りを目指し、神奈川県立三崎高等学校専攻科へ。高校卒業後、単独世界一周レース優勝者の多田雄幸氏に弟子入り。多田氏のもとで、ヨットの建造を学びながら、レースのサポートを続けた。 1993年 世界最年少単独無寄港世界一周を達成 1995年 走行距離500km以上を人力のみで走破するアドベンチャーレース「エコ・チャレンジ」に出場 2003年 「アラウンド・アローン」クラスⅡで4位 2004年10月に行われる「5-OCEANS」に出場予定 その後は、水泳の指導について学ぶためにアメリカへ留学。帰国後は水泳の指導などに励むかたわら、TV等でコメンテーターとしても活躍。日本オリンピック委員会 環境アンバサダー、日本水泳連盟競泳委員会委員
夢を条件であきらめない-1

ー進学校でもあった中学校から、船乗りになりたいと、まったく方向の違う三崎水産高校に進学された。それもお父さんには入学後に伝えたそうですね。

「言いませんよ。父は、僕が高校に入った後に調べたようです。

“あーこういう科もあるんだな”と話してましたから。

とにかく小さいときから、何があっても自分で決めなさいと言われていましたから、その通りにしただけです。

高校を選ぶ際も、海に携わる仕事、船で世界一周できればと思っていたから普通の勉強をしてもしょうがないなと。

まあ、文部省の方針と合わなかったのか、ほとんど勉強はしていませんでしたから(笑)

ただ中学校でも、創立以来、水産高校に行く生徒は僕だけだったらしいですよ」



ー自分で決めるということは、その行動に責任感を持つことだと思います。お父さんは放任主義だったのですか?

「どこかで父親が見ているという安心感はあったかもしれません。

中学校のときに、仲のいい友達と遊んでいて、友達が階段から落ちて骨を折ってしまったことがありました。

先生に呼び出されて“お前が悪い。親に電話するから”と、いわれて覚悟を決めていたんですよ。

しょうがないなと。

会社から真っ直ぐ学校に飛んできた父は“お前は家がわかるか?”と。

それで父親と一緒にケガした友達の家に行きました。

そのとき父親は何も怒らず“こういうときは誠意をもって謝りなさい”と言っただけ。

そして友達の親に頭を下げているのを見たときに“あー申し訳ないことしたな”と思いましたね。

それとともに自分で決めるということの厳しさを実感しました」

つづく〜

発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ
東京都港区麻布台1-11-3 5F)
小関
★ご意見・ご感想はこのメールにご返信ください。













【ご利用ガイド&よくあるご質問】
https://suku-guide.jp/

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
https://www.suku.jp/account/cancel

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る