成長にも大切な噛む力とは?
 >   >  成長にも大切な噛む力とは?

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

成長にも大切な噛む力とは?
スクスクのっぽくんメールマガジン/ vol.816
あなたは何回噛んでいる?過去→現代の大きな変化
子どもも大人も!!骨盤を整えましょう!
元マラソン五輪日本代表 瀬古利彦さん 第3回
\嬉しい今だけのポイントアップ!/
お子様はしっかり「噛めて」いますか?

%family_name% %first_name% さん、こんにちは!
スクスクのっぽくんです。

大きなイベントだった運動会シーズンもそろそろ終わり、学校生活も落ち着いてくる頃でしょうか。

環境の変化が大きい時こそ食を整えることで気持ちもスッキリ落ち着きますよ。

今回は大人の歯へ生え変わる時期にこそ身につけてほしい、そして食べることにおいて一番大切な「噛む」ことの大切さについてご紹介します。



今と昔では、1回の食事で噛む回数が6倍も違っていたの?

なぜ噛む回数が減ったの?


という「噛む」ことに関する知識や、

噛むことで体に8つの良い影響を与える「ひみこのはがいーぜ」のご紹介も!


▶︎スタッフブログ『あなたは何回噛んでいる?過去→現代の大きな変化』の全文はこちら!


スクスクのっぽくんのソフトタイプグミ『こども食育グミも、「噛む力」をつける適度な弾力のあるおいしいぶどう味のグミに仕上げています。



ただいま、無料サンプルを配付中です。

幼児期のお子様からご利用いただけますので、この機会に、ぜひお試しください!
スクスクのっぽくん 担任より
公式LINE
公式Facebook
公式Instagram


小学生からはこちらもおすすめ!
無料サンプルプレゼント中!


※過去サンプルをお申込みいただいた方も、お申込みいただけます。
定期お届けコースをもっと便利に活用!
▶︎のっぽくんショップ 「商品の組み合わせについてのご案内」はこちら

↑カルシウムグミについて、もっと詳しく知りたい方はこちら!

スクスクのっぽくん
商品のご注文はこちらから!

【スクスクのっぽくん公式SHOP】
https://suku-noppo.shop
★定期お届けコースへのご加入、再開もお電話よりお気軽にご連絡ください
※受付時間 / 9:00~21:00(年中無休)
子どもも大人も!!骨盤を整えましょう!

今回のトレーニングは「骨盤」です。

よく骨盤矯正という言葉を耳にするかと思いますが、実はトレーニングで改善するのが最も効果的

それは骨のバランスのほとんどを筋肉が決めているからなのです!

筋肉をバランス良く使うことで、骨盤周辺の正しい位置を取り戻して、その上に立つ大切な背骨をしっかり立てましょう! 姿勢改善や、腰痛などにも効果的です。

オンラインレッスンの中にあるトレーニングから紹介させていただきますので、是非他のトレーニングも見てみてくださいね。

≪オンライントレーニング1≫
~オンラインレッスンNo.98「ロープストレッチ」より~
ももの裏側の筋肉は、実は骨盤にすごく影響のある筋肉。

この筋肉が硬くなると、骨盤の動きがすごく悪くなってしまいます。

まずはストレッチをしっかり行うことで、正しく骨盤が動くようにももの裏側を柔らかくしておきましょう!

≪オンライントレーニング2≫
~オンラインレッスンNo.94「ハムストリング・カール」より~
ハムストリングとはもも裏の筋肉のこと。先ほどのロープストレッチで筋肉の柔軟性を高めたら、今度はトレーニングで少し刺激を加えて、バランスを取りましょう。

ももの裏側だけでなく、お尻の筋肉も鍛えていきますので、骨盤を安定させるためにすごく効果的なトレーニングです!

≪オンライントレーニング3≫
~オンラインレッスンNo.88「BBレッグエクステンション」より~
最後はももの表側をすこし鍛えて、骨盤の前後の筋肉のバランスを取りましょう!足を上げるときにも骨盤や背骨を真っ直ぐに安定させることが大切です!

骨盤は体の中心にあるとても大切なところ。

この骨盤周辺の筋肉をしっかりとバランス調整することで、より良い姿勢や健康を身につけることが出来ますので、是非紹介したストレッチやトレーニングを行ってみてください!

元マラソン五輪日本代表で、日本陸上競技連盟の強化委員会マラソン強化戦略プロジェクトリーダーの瀬古利彦さんにインタビュー!

日本を代表する中長距離の元ランナーであり、現在は現役選手たちの精神的な要として指導も行っている瀬古利彦さん。子どもの頃の生活習慣がアスリートとしての活躍の土台になっていたと言います。瀬古さんの幼少期から現役時代までを振り返っていただきながら、子どもを育てるヒントについてお話を伺いました。
※本記事は、2015年3月から公開された「プロフェッショナル 生きる力の伸ばし方」のバックナンバーからの再掲記事です。

瀬古利彦プロフィール
1956年、三重県桑名市生まれ。早稲田大学教育学部在籍中、中村清監督の指導のもと箱根駅伝で2年連続区間新を記録。その後、マラソンでは福岡国際3連覇やボストン、ロンドン、シカゴを制するなど、輝かしい実績を残す。現役時代は国内外のマラソンで戦績15戦10勝。引退後はエスビー食品監督、早稲田大学競走部コーチなどを歴任。2013年4月より、DeNA ランニングクラブの総監督を務めている。
寂しさのあまり、暴飲暴食をした浪人時代

ー進学された四日市工業高校では、2年連続での800m、1500mの二冠を達成。日本中距離界の期待の星として注目を集めます。

「でもその後、大学受験で1年浪人することになったんです。

早稲田大学から誘いがあって。

当時はAO入試のような枠がありませんでしたから、一般入試を受けたんです。

教育学部の体育専門のところで、筆記以外に実技があるから大丈夫だろうと思ったんですが、どうも結果はうまくいかず…」



ーその後の浪人時代は、アメリカに留学されていたとか。

「当時日本陸上競技連盟で有望選手の海外短期留学派遣というのがあって、『マラソンの練習と英語の勉強もかねて、行ってこい』と言われて。

でも、進路が決まっていない状態でアメリカに行くのは、どうしても抵抗があったんです。

それでもいろいろと相談をしたうえで渡米することになったんですが…

やっぱり、自分には合わなかったですね。

『来年はどうなるんだろう?』ということばかり考えてしまって、ホームシックになったんです。

ですから、10か月間の留学の間は毎日泣いてばかりでしたよ。

その上、コーチも誰もいない状態で寂しいものですから、ストレスが毎日のご飯の方向に向いてしまって。

結局、日本に戻ってきたときには10キロ近くも太っていたんです。

でも、逆に言えば、アメリカでそういう寂しい経験をしていたので、大学で中村清監督に初めて会ったとき、雷が落ちたような衝撃があったんです」

〜つづく〜

発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ
東京都港区麻布台1-11-3 5F)
小関
★ご意見・ご感想はこのメールにご返信ください。













【ご利用ガイド&よくあるご質問】
https://suku-guide.jp/

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
https://www.suku.jp/account/cancel

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る