偏食・少食の成長への影響とは?
 >   >  偏食・少食の成長への影響とは?

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

偏食・少食の成長への影響とは?
スクスクのっぽくんメールマガジン/ vol.810
成長の仕組みを徹底検証!のっぽくんQ&A「身長と栄養摂取」
【動画】足を速くする「後ろ踏み込み体操」
元バスケットボール日本代表 渡嘉敷来夢選手 第7回
\嬉しい今だけのポイントアップ!/
成長の仕組みを徹底検証!のっぽくんQ&A「身長と栄養摂取」

皆さん、こんにちは!
スクスクのっぽくんです。

毎日の食事において、お子様の偏食に悩むご両親は多いようです。

好き嫌いは成長すると改善することも多いですが、中高生でもどうしても苦手だったりアレルギーなどで食べられない…ということもありますよね。

しかし、幼児から中高生までせっかくの成長期を無駄にしたくはないという思いはどのご家庭でもあるのではないでしょうか。

今回は身長と栄養摂取の関係について、専門家がお答えします!



Q:5歳の子どもですが、とても偏食・少食で同じものばかり食べています。身長には影響があるでしょうか?

A:子どもの頃の栄養摂取は、その身長の伸びにとって非常に重要な要素となります。

仮に栄養のバランスは良いとしても、少食で量が少なすぎて身長の伸びが悪い場合、そのまま挽回しにくくなるケースもあります。

つまり、幼少期にその後の身長の伸びに必要な、身体の基礎を作るということになります。

ただ、食べたくないものを無理やり食べさせるのは良くありません。

かえって食に対するイメージが悪くなり、食欲は減退しますので、できるだけ本人が食べたくなる状況を作ってください。

・食事時刻や就寝、起床時刻はだいたい決めて一日の生活リズムを整えることで、基本的に体調を良くし、お腹を空かせる。

・外で適度に運動して食欲を増進させる。

・食事をする時の雰囲気は大切ですので、明るく、楽しく食事を摂る。

・もちろん、美味しいにこしたことはありません。(匂い、色彩の良さなども影響はあると思います。)

お子さま、ご家庭にそれぞれに合った方法で、バランスよく、適度に栄養を摂取することをお勧めします。

のっぽくんQ&Aページでは、身長と栄養摂取の関係についてのさらに詳しい説明をしています。

成長の仕組みを徹底検証!のっぽくんQ&A「身長と栄養摂取」の全文はこちら!

スクスクのっぽくん 担任より
公式LINE
公式Facebook
公式Instagram





無料サンプルプレゼント中!


※過去サンプルをお申込みいただいた方も、お申込みいただけます。
「こどもフルーツ青汁」で健康アイスを手作りしよう♪
こどもフルーツ青汁』の定期コースを新しく始められた方に、今なら可愛いシリコンアイストレーをプレゼントいたします!
のっぽくん定期お届けコースをもっと便利に活用!
▶︎のっぽくんショップ 「商品の組み合わせについてのご案内」はこちら



↑カルシウムグミについて、もっと詳しく知りたい方はこちら!

スクスクのっぽくん
商品のご注文はこちらから!

【スクスクのっぽくん公式SHOP】
https://suku-noppo.shop
★定期お届けコースへのご加入、再開もお電話よりお気軽にご連絡ください
※受付時間 / 9:00~21:00(年中無休)
【動画】足を速くする「後ろ踏み込み体操」

秋に運動会をする学校は、今まさに体育の授業で練習をしているところかもしれませんね。

今回は、足を速くするトレーニングの一環として、「後ろ踏み込み体操」をご紹介します!

体のバランスを保つこと、そして股関節を大きく使うこと。

特にお尻の筋肉を鍛えることで、走るのがどんどん得意になりますよ。

コツコツ頑張れば、秋の運動会や体力測定の記録も期待できると思います!


史上最年少の16歳で北京五輪代表候補に選出された渡嘉敷来夢選手にインタビュー!

2013年にバンコクで開催された女子バスケットボールのアジア選手権で、43年ぶりの優勝に貢献し、大会MVP、ベスト5に選出された渡嘉敷来夢さん。ご自身とスポーツの関係について、お話を伺いました。
※本記事は、2014年6月から公開された「プロフェッショナル 生きる力の伸ばし方」のバックナンバーからの再掲記事です。

渡嘉敷来夢プロフィール
1991年埼玉県生まれ。Wリーグ・JX-ENEOSサンフラワーズ所属。中学生でバスケットボールをはじめ、その後名門・桜花学園高校に進学。 ‘08年には史上最年少の16歳で北京五輪代表候補に選出。‘10年、JX日鉱日石エネルギーに入社。‘13年、日本代表としてアジア選手権で43年ぶりの優勝に貢献。
「寝る子は育つ」睡眠優先の生活

ー渡嘉敷さんが食事以上に気を使っているのが「睡眠時間」だとか。

「今は朝練をやっているので、6時15分に起きて、30分から1時間ほど練習をして、7時半ぐらいから朝ご飯を食べるんです。

その後、8時過ぎに食べ終わったら、10時からの練習の前に必ず40分ぐらい仮眠を取ります。

お昼の後も、15時からの練習に備えて12時半から1時間半ほど寝て…。

夜寝るときも、早いときには22時半にはベッドに入りますね。

寝過ぎたから、夜寝られなくなるという人もいるみたいなんですけど、私の場合はまったく問題なし。

本当に、ずっと寝ていたいタイプなんです(笑)

海外遠征に行ったりするとき、少しでも時間が余っていると、同じ部屋の選手がびっくりしてしまうぐらい眠りこけていますからね。

他の人が言うには、寝るにも体力がいるらしいんですけど、そんなことも気にしません。

私、けっこう体力があるのかも(笑)」



ーそれに、寝る子は良く育つ、という話もありますしね(笑)

「そうなのかもしれないですね。私の場合は、睡眠がとても大事です。

ただ私の場合は、毎日普通の人よりも断然身体を動かしていることもありますし、食事の環境が整っているからこそ睡眠に集中できるということもあります。

やっぱり、自分を成長させるためには、栄養が詰まった食事と身体をしっかり休める睡眠を、バランスよく取る環境が不可欠ということなんだと思います。

そういう生活をしていると、1日のスケジュールも規則正しくなりますしね」

〜つづく〜

発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ
東京都港区麻布台1-11-3 5F)
小関
★ご意見・ご感想はこのメールにご返信ください。















【ご利用ガイド&よくあるご質問】
https://suku-guide.jp/

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
https://www.suku.jp/account/cancel

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る