子どもの日焼け対策していますか?
 >   >  子どもの日焼け対策していますか?

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

子どもの日焼け対策していますか?
スクスクのっぽくんメールマガジン/ vol.806
帽子や日焼け止めを活用して
【動画】成長のために内臓を活発に!
元バスケットボール日本代表 渡嘉敷来夢選手 第3回
帽子や日焼け止めを活用して

皆さん、こんにちは!
スクスクのっぽくんです。

お子様の健やかな成長を応援しているのっぽくんの公式ホームページには、成長に関する様々なニュースをお届けするコーナーがございます!

「気になるニュースをお届け!スクスクNEWS」

その中から、子どもの成長に関するニュースをピックアップ!

記事を読む

夏本番の陽気が続きますが、日焼けが気になる人も多いのではないでしょうか?

一方で、大人の日焼けほど子どもの日焼けは重要視されておらず、ついつい忘れがちになっています。

しかし、実は子どもの頃からの日焼け対策こそ大切であるため、日焼けの原因と具体的な対策方法についてご紹介します。

子どもは大人に比べて皮膚が薄く、紫外線の影響を受けやすいため、赤ちゃんの頃からの紫外線対策が必要です。

日焼け止めを塗る事が1番ですが、実際は嫌がるお子さんも多く、塗った場合も汗などで落ちてしまうため、2〜3時間毎に塗りなおす必要があります。

一方で紫外線は体内でビタミンDを生産してくれるため、紫外線を避けすぎるとビタミンD欠乏症を引き起こしてしまうという報告もあります。

近年では特に1~2歳児での発症が相次いでおり、実際にビタミンDが不足すると骨の発育不良を起こす可能性があります。

とはいえ、真夏であれば昼頃に3分程度日に当たれば良いと考えられているため、熱中症や皮膚炎の予防のためにも、一度紫外線対策を見直してみてはいかがでしょうか。

▶︎ スクスクのっぽくんの管理栄養士によるビタミンDについての解説

ビタミンDの働きや、効果的な摂取方法などを掲載中です。ぜひご覧ください。

より詳しい内容はこちら
▶︎「帽子や日焼け止めを活用して~子どもの日焼け対策~」

スクスクのっぽくんは、カルシウムやビタミンDをはじめとする成長期に必要な栄養素を、日々の不足分を補う摂取量に計算して作られた『カルシウムグミをおすすめしております。


無料サンプルプレゼント中!


※過去サンプルをお申込みいただいた方も、お申込みいただけます。

スクスクのっぽくん 担任より
公式LINE
公式Facebook
公式Instagram


「こどもフルーツ青汁」で健康アイスを手作りしよう♪
こどもフルーツ青汁』の定期コースを新しく始められた方に、今なら可愛いシリコンアイストレーをプレゼントいたします!
のっぽくん定期お届けコースをもっと便利に活用!
▶︎のっぽくんショップ 「商品の組み合わせについてのご案内」はこちら



↑カルシウムグミについて、もっと詳しく知りたい方はこちら!

スクスクのっぽくん
商品のご注文はこちらから!

【スクスクのっぽくん公式SHOP】
https://suku-noppo.shop
★定期お届けコースへのご加入、再開もお電話よりお気軽にご連絡ください
※受付時間 / 9:00~21:00(年中無休)
【動画】成長のために内臓を活発に!



今回ご紹介するトレーニングは、大きく体を動かしながら背骨やお腹を動かすことで、良い姿勢を身につけ、内臓を動かしていく体操です。

子ども達がすくすくと成長していくためには、まっすぐに伸びた背骨や、栄養をしっかりと吸収するために活発に内臓が動くことが大切です。

また、運動によって筋肉や骨に刺激を与えることも大切です。

ポイントはとにかく大きく体を使い、伸ばすところは伸ばし、捻るところは捻る。

小さく縮こまった動きにならないように、気持ちもオープンにして行いましょう!

史上最年少の16歳で北京五輪代表候補に選出された渡嘉敷来夢選手にインタビュー!

2013年にバンコクで開催された女子バスケットボールのアジア選手権で、43年ぶりの優勝に貢献し、大会MVP、ベスト5に選出された渡嘉敷来夢さん。ご自身とスポーツの関係について、お話を伺いました。
※本記事は、2014年6月から公開された「プロフェッショナル 生きる力の伸ばし方」のバックナンバーからの再掲記事です。

渡嘉敷来夢プロフィール
1991年埼玉県生まれ。Wリーグ・JX-ENEOSサンフラワーズ所属。中学生でバスケットボールをはじめ、その後名門・桜花学園高校に進学。 ‘08年には史上最年少の16歳で北京五輪代表候補に選出。‘10年、JX日鉱日石エネルギーに入社。‘13年、日本代表としてアジア選手権で43年ぶりの優勝に貢献。
やると決めたら、必ず実行!

ーバスケが強い中学へ転校するというのは、ものすごい決断です。ご家族はどんな反応だったんですか?

「やっぱり学校が遠くなってしまうので、反対していましたね。

『夜遅くなるし、心配だからやめてほしい』って。

でも、私は自分で決めたらとことん突き進んでしまうタイプ。

『朝は自分で早起きするし、練習の準備も迷惑をかけないから』と約束して、転校を決めたんです。

実際、残りの中学生活は、宣言通り自分のことは全部自分でやるようになっていきました。

その甲斐があって、転校先のチームでは、全国でベスト8入りに。

実は、その段階で私は『もうバスケでやれることは、全部やりきったな』と思ってたんです。

でも、たまたま名門と言われる高校からいくつか声がかかって。

すると、『まだ私、バスケをやり続けないといけないのかもしれない』と急に思うようになったんですよ(笑)

それで、どうせバスケを続けるなら、一番強い高校に行こうと思って、親元を離れて愛知の桜花学園に通うことに決めたんです」



ー高校では、寮生活をされていたとか。ご家族は淋しがらなかったんですか?

「あのときは『あなたが決めたなら、がんばってきなさい!』という感じでしたね(笑)

私自身も、バスケに夢中になっていて、ホームシックには全然なりませんでした。

もちろん、大会のときには必ず観に来てもらいましたし、夜になると頻繁に連絡は取り合っていたんですけど」

〜つづく〜

発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ
東京都港区麻布台1-11-3 5F)
小関
★ご意見・ご感想はこのメールにご返信ください。















【ご利用ガイド&よくあるご質問】
https://suku-guide.jp/

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
https://www.suku.jp/account/cancel

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る