成長期の睡眠を、運動が邪魔しているかもしれません!
 >   >  成長期の睡眠を、運動が邪魔しているかもしれません!

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

骨年齢って何かご存知ですか?
スクスクのっぽくんメールマガジン/ vol.804
疲れると睡眠は深くなるのでしょうか?
【動画】背筋を伸ばして成長サポート!? X背筋体操
元バスケットボール日本代表 渡嘉敷来夢選手 第1回
疲れると睡眠は深くなるのでしょうか?

皆さん、こんにちは!
スクスクのっぽくんです。

徐々に梅雨も明け、夏らしい日差しを感じる日が増えてきましたね。

夏休みで遊びに出かけたり、スポーツをしたりで、疲れて眠ってしまうお子様も多いのではないでしょうか。

スクスクのっぽくんの睡眠改善インストラクターの元に、「疲れると睡眠は深くなるのでしょうか?」というご質問が寄せられたので、今回は運動と睡眠についてお伝えします。



たくさん体を動かして疲れると眠くなるのは、大人も子どもも同じですね。

しかし、今日の睡眠研究においては、快眠を阻害する運動があることも分かっています。

一口に運動と言っても、時間帯やコンディションによっては睡眠を阻害してしまいます。

睡眠の質を高めるためにまず重要なのは、生体リズムのメリハリと規則正しい生活習慣です。

日中に運動をすると、呼吸循環系や内分泌系、交感神経系が活発になるべき時に活発になり、生体リズムにメリハリを与えます。

反対に、運動の強度や時間帯を間違えてしまうと、生活習慣に乱れが生じ、睡眠にも悪影響を及ぼします。

詳しくはこちら!

▶︎スタッフブログ「疲れると睡眠は深くなるのでしょうか?」


運動して体を適度に疲れさせることは、基本的には快眠につながります。

生体リズムを知り、正しい運動を取り入れ、快眠生活を送りましょう!


あらためて、栄養・運動・睡眠といった生活習慣を改善して、心も体も成長させていきましょう!

スクスクのっぽくんは、カルシウムをはじめとする成長期に必要な栄養素を、日々の不足分を補う摂取量に計算して作られた『カルシウムグミをお食事のプラスαにおすすめしております。


無料サンプルプレゼント中!


※過去サンプルをお申込みいただいた方も、お申込みいただけます。

毎日の栄養素の積み重ねで、成長期の可能性をグングン伸ばしましょう!


スクスクのっぽくん 担任より
公式LINE
公式Facebook
公式Instagram


「こどもフルーツ青汁」で健康アイスを手作りしよう♪
こどもフルーツ青汁』の定期コースを新しく始められた方に、今なら可愛いシリコンアイストレーをプレゼントいたします!
のっぽくん定期お届けコースをもっと便利に活用!
▶︎のっぽくんショップ 「商品の組み合わせについてのご案内」はこちら



↑カルシウムグミについて、もっと詳しく知りたい方はこちら!

スクスクのっぽくん
商品のご注文はこちらから!

【スクスクのっぽくん公式SHOP】
https://suku-noppo.shop
★定期お届けコースへのご加入、再開もお電話よりお気軽にご連絡ください
※受付時間 / 9:00~21:00(年中無休)
【動画】背筋を伸ばして成長サポート!? X背筋体操

猫背になってしまうと、どうしても見た目が小さく見えてしまうものですね。

また、勉強や運動をするときも、猫背になってしまうと集中力がなくなってしまったり、うまく体が動かせなかったりと、子ども達にとって猫背は大敵です。

そこで今回は、しっかりと背中の筋肉を使って背骨を支えるための、X背筋体操を紹介します!

背骨は筋肉によって支えられているため、背筋などが弱いと意識してもうまく姿勢を伸ばすことが難しく、良い姿勢を維持することが出来ません。

トレーニングによって背筋を鍛えて、自然に背骨を立てられるように体作りを行いましょう!


史上最年少の16歳で北京五輪代表候補に選出された渡嘉敷来夢選手にインタビュー!

2013年にバンコクで開催された女子バスケットボールのアジア選手権で、43年ぶりの優勝に貢献し、大会MVP、ベスト5に選出された渡嘉敷来夢さん。ご自身とスポーツの関係について、お話を伺いました。
※本記事は、2014年6月から公開された「プロフェッショナル 生きる力の伸ばし方」のバックナンバーからの再掲記事です。

渡嘉敷来夢プロフィール
1991年埼玉県生まれ。Wリーグ・JX-ENEOSサンフラワーズ所属。中学生でバスケットボールをはじめ、その後名門・桜花学園高校に進学。 ‘08年には史上最年少の16歳で北京五輪代表候補に選出。‘10年、JX日鉱日石エネルギーに入社。‘13年、日本代表としてアジア選手権で43年ぶりの優勝に貢献。
やりたいスポーツは、果敢に挑戦!

ー現在、バスケットボール女子日本リーグのJX-ENEOSサンフラワーズに所属し、日本代表選手としても活躍している渡嘉敷来夢さん。小さい頃はどんなお子さんだったんですか?

「私には2つ上の兄がいるんですが、小さい頃からすごくお兄ちゃん子だったんです。

私が幼稚園の頃、兄がお母さんの勧めでスポーツクラブに通うようになったんですが、そのときも『私も一緒にやりたい!』と言って後をくっついて行ってしまったぐらいでした。

小学校に入ってからも、兄が空手や野球を始めると、やっぱり私も真似してやるようになって…。

その頃は、とにかく兄がどこか行くと言ったら『私も!私も!』という感じ。

だから、兄としてはものすごく迷惑だったんじゃないですかね。

その後は、私から水泳に興味を持ってひとりでプールに通ったこともありましたけど、やっぱり基本は昔から体を動かすのが大好きな子だったんだと思います」



ースポーツクラブ、空手、野球、水泳…。それにしても、小さい頃からたくさんの習い事をさせてもらっていたんですね。

「そういえば、確かにうちの母は昔から子どもたちの意志を尊重してくれましたね。

今もそうですけど、『あなたがどうしてもやりたいなら…』という感じで、自由にのびのびとやらせてもらった気がします。

運動のほかに、そろばんや塾にも通わせてもらいましたし。

でも、結果的にほとんど中途半端になっちゃいましたけどね(笑)」
発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ
東京都港区麻布台1-11-3 5F)
小関
★ご意見・ご感想はこのメールにご返信ください。















【ご利用ガイド&よくあるご質問】
https://suku-guide.jp/

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
https://www.suku.jp/account/cancel

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る