偏食・少食が成長に与える影響とは?
 >   >  偏食・少食が成長に与える影響とは?

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

偏食・少食が成長に与える影響とは?
スクスクのっぽくんメールマガジン/ vol.782
お子様の偏食・少食のお悩みに専門家が回答!
【動画】体を柔らかくするストレッチ!
落語家・立川談春さん インタビュー第5回
\残り4日 お見逃しなく!/
お子様の偏食・少食のお悩みに専門家が回答!

皆さん、こんにちは!
スクスクのっぽくんです。

お子様の食事に悩むご家庭は多く、のっぽくんにも様々なお声が寄せられています。

食べ慣れたもの以外受け付けないお子様や、少ししか口にしてくれないお子様など、成長期に大切な栄養が取れる食事をして欲しいと考えている親御さんにとっては大きなお悩みだと思います。

スクスクのっぽくんへ寄せられる様々な成長のお悩みや疑問の中から、今回はお子様の食事と身長について専門家がお答えします!



Q:現在幼稚園に通っている5歳の子どもですが、とても偏食・少食で同じものばかり食べています。身長には影響があるでしょうか?

A:子どもの頃の栄養摂取は、その身長の伸びにとって非常に重要な要素となります。

仮に栄養のバランスは良いとしても、少食で量が少なすぎて身長の伸びが悪い場合、そのまま挽回しにくくなるケースもあります。

つまり、幼少期にその後の身長の伸びに必要な、身体の基礎を作るということになります。

また、幼少時に低栄養の場合、思春期を早く迎えてしまい、身長の伸びが止まる時期も早くなり、最終身長が低くなる場合もあります。

このようなことから、適当な量を摂取することをお勧めいたします。

ただ、食べたくないものを無理やり食べさせるのは良くありません。

かえって食に対するイメージが悪くなり、食欲は減退しますので、できるだけ本人が食べたくなる状況を作って下さい。

お子様、ご家庭にそれぞれに合った方法で、バランスよく・適度に栄養を摂取することをお勧めします。


のっぽくんQ&Aページでは、お子様が食事に興味を持ちやすくなる工夫についてもさらに詳しく解説しています。

成長の仕組みを徹底検証!のっぽくんQ&A「身長と栄養摂取」の全文はこちら!


スクスクのっぽくんは、カルシウムをはじめとする成長期に必要な栄養素を、日々の不足分を補う摂取量に計算して作られた『カルシウムグミをお食事のプラスαにおすすめしております。



毎日の栄養素の積み重ねで、成長期の可能性をグングン伸ばしましょう!


スクスクのっぽくん 担任より
公式LINE
公式Facebook
公式Instagram

無料サンプルプレゼント中!


※過去サンプルをお申込みいただいた方も、お申込みいただけます。
のっぽくん定期お届けコースをもっと便利に活用!
▶︎のっぽくんショップ 「商品の組み合わせについてのご案内」はこちら



↑カルシウムグミについて、もっと詳しく知りたい方はこちら!

スクスクのっぽくん
商品のご注文はこちらから!

【スクスクのっぽくん公式SHOP】
https://suku-noppo.shop
★定期お届けコースへのご加入、再開もお電話よりお気軽にご連絡ください
※受付時間 / 9:00~21:00(年中無休)
【動画】体を柔らかくするストレッチ!

だんだん春の暖かさを感じる日も増えてきましたね。

体の緊張も少し和らいできたように感じます。

そこで、今回は体を柔らかくするストレッチを紹介します!

体が硬いことでお悩みのお声がよく寄せられますが、体が硬いと成長痛などにもなりやすいため、成長期のお子様には特におススメのストレッチです。

あまり勢いよくやりすぎて「痛い!」とならない程度に、ゆっくりと伸ばしていくことがポイントですよ。


「親以外から愛情を注いでもらうには、相手を愛さないととてもできないんだよって、そこから教えるんだ。」(立川談春さん)

立川談春さんは、立川談志さんに弟子入りしてからの落語家前座生活をつづった著書「赤めだか」で、講談社エッセイ賞を受賞するなど、落語ファン以外にも名前を知られた存在。人生を力強く生き抜く秘訣を伺います!
※本記事は、過去に公開された「プロフェッショナル 生きる力の伸ばし方」のバックナンバーからの再掲記事です。

立川談春さんプロフィール
1967年6月27日、東京都生まれ。中学時代は競艇選手を夢見るものの、選手の応募条件を超える身長に達してしまい断念。高校時代に落語をはじめ、17歳で高校を中退、立川談志に入門する。新聞配達をしながらの過酷な前座生活を経て、1988年に二つ目、1997年に真打へ昇進。現在は「最もチケットがとれにくい落語家」と呼ばれている。2008年には扶桑社よりエッセイ「赤めだか」を刊行、08年の講談社エッセイ賞を受賞した。
相手の想いを考えてほしい

ーお弟子さんが頂き物のケーキの箱を縦にして持ち帰ってしまい、談春さんと奥様を驚かせてしまいました。

「次に別の頂き物をするわけですよ。立派なもの。

あの人に差し上げたら喜んでくれるかしら、なんてのもあるわけですよ。

でも『中身を確認してっ』と言われたから、今度は包み紙を全部破っちゃう」



「包み紙を破って、中身確認して、箱の上に直に『○○様よりとらやの羊羹』って書いちゃうんだよ。

『とらやなんて、わざわざ書かなくても包装紙見ればわかるでしょっ!これじゃ誰にも差し上げられなくなっちゃうじゃない。師匠がこんなに食べられるわけないでしょっ!』って(笑)

うちは俺とかみさんの二人暮らしなんだから。


だから最初に教えるのは、お前らは愛されてたんだよってこと。

親に愛されてたから、今まで許されてきただけで、これからも同じように許される、愛してもらえると思ったら大間違い。

親以外からこれだけの愛情を注いでもらうには、お前たちも相手を愛さないととてもできないんだよって、そこから教えるんだ。


ケーキをダメにしてもね、あくる日になると、買って持ってくるやつもいるんだよ。

『昨日は失礼いたしました』って。

許される幅が狭いと思われるかもしれないけど、お金がない前座の身分では、買って持ってくるという手段はないんだよ。

だって、俺は『ありがとう』ってそのまま貰うわけにはいかない。

もっと言うと『馬鹿野郎、このドジッ!』って言って、1500円のケーキに1万円払わなくちゃいけないんだよ、上っていうのは、本当は。

だから買って返そうなんてのはいけない。

そもそも、この国は物質で物事を解決しようとするけど、そうじゃないんだと。

ケーキを下さった方がどういう思いなのか考えなさいと。

かみさんが好きだとか、俺が好きだとか、喜んでほしいという思いから下さるわけで、物の話じゃなくって、その相手の思いにお前の思いが至らなかったこと、愛の証として下さった物に対して、愛情が足りなかったことで怒られているという、そこまで説明しなくちゃいけないんだね」
発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ
東京都港区麻布台1-11-3 5F)
小関
★ご意見・ご感想はこのメールにご返信ください。



\お得なキャンペーン実施中です!/











【ご利用ガイド&よくあるご質問】
https://suku-guide.jp/

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
https://www.suku.jp/account/cancel

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る