各年代の平均身長一覧ページを公開しています!
 >   >  各年代の平均身長一覧ページを公開しています!

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

各年代の平均身長一覧ページを公開しています!
スクスクのっぽくんメールマガジン/ vol.779
小児科医監修!中学生の月別平均身長
【動画】足を速くする「後ろ踏み込み体操」
アテネ五輪男子体操団体金メダリスト 米田功さん インタビュー第6回目
小児科医監修!中学生の月別平均身長

皆さん、こんにちは!
スクスクのっぽくんです。

このスクスクのっぽくん通信簿では、毎月、その月の年齢別平均身長一覧を振り返っています。

のっぽくん公式サイト内には、年齢別の各月の平均身長の一覧もありますので、お子様の伸び率の確認などにぜひご活用ください。

今回は、その中でも中学生の平均身長に注目してお届けします。


▶︎中学生の月別平均身長一覧はこちら!


中学生になると、男の子はここからグンと成長する場合が多いですよね。

逆に女の子は、小学校から成長が始まっていて、中学でラストスパートを迎える場合もあります。

成長期のお子様にとって大切な中学時代、まだ中学生になっていない場合も、ぜひこれからの成長について一度確認してみてくださいね。

スクスクのっぽくんは、成長期を支える栄養面のサポートとして必須栄養素のバランスを考えてつくられた『カルシウムグミ』をおすすめしております。




スクスクのっぽくん 担任より
公式LINE
公式Facebook
公式Instagram
定期コース プラス1キャンペーン

成長期に必須の栄養素のバランスを考えてつくられた『カルシウムグミ』の定期購入をスタートすると
お子様の健やかな成長をさらに応援する「こどもフルーツ青汁 赤の恵み」を1箱プレゼントいたします!

期間:2018/9/30 まで

のっぽくんのオススメ商品をお得にご利用いただけるこの機会に、ぜひ新しい栄養習慣を取り入れてお子様の成長にお役立てください♪
【新商品】勉強麦茶を発売しました
勉強麦茶

お子様の学習環境をサポートする『勉強麦茶』は、無料サンプル配付中♪

この機会に、ぜひお試しください!

↑カルシウムグミについて、もっと詳しく知りたい方はこちら!

↑お友達とご一緒に!ご紹介キャンペーンはこちら!
スクスクのっぽくん
商品のご注文はこちらから!

【スクスクのっぽくん公式SHOP】
https://suku-noppo.shop
★定期お届けコースへのご加入、再開もお電話よりお気軽にご連絡ください
※ご注文・ご変更:9:00~21:00(年中無休)/ご質問など:9:00~19:00(土日祝休)
【動画】足を速くする「後ろ踏み込み体操」

運動会シーズンの到来です。

今回は、足を速くするトレーニングの一環として、「後ろ踏み込み体操」を紹介します!

体のバランスを保つこと、そして股関節を大きく使うこと。

特にお尻の筋肉を鍛えることで、走るのがどんどん得意になっていきますよ。

運動会が終わってしまった人も、来年に向けて今から準備して、走るのが得意になってくださいね!

それでは早速、やってみましょう!

【オススメ】
運動にも野菜パワーを!野菜不足・野菜嫌いのお子様にオススメ! 美味しく飲みやすいこどもフルーツ青汁が、今なら無料サンプルプレゼント中!


「大人である私たちは、子どもたちの可能性を広げるための環境をたくさん用意してあげることが必要です。」(米田功さん)

アテネオリンピック男子体操団体の金メダリストで、現在体操クラブの指導者として活躍している米田功さん。どのようにして世界を代表する体操選手として成長していったのでしょうか。子ども時代から今に至るまでのお話を詳しくお伺いしてきました。
※本記事は、過去に公開された「プロフェッショナル 生きる力の伸ばし方」のバックナンバーからの再掲記事です。

米田功さんプロフィール
1977年大阪府出身。7歳から体操をはじめ、中学、高校時代から数々のタイトルを獲得。順天堂大学に進学後、’97年の全日本学生選手権個人総合2位、’98年のNHK杯で個人総合優勝。’99年には全日本学生選手権個人総合優勝、全日本選手権の鉄棒で優勝。2004年のアテネ五輪では日本男子体操団体で金メダル、種目別の鉄棒で銅メダルを獲得。’08年に現役を引退。’12年には米田功体操クラブを設立。’13年徳洲会体操クラブの監督に就任。
自分と向き合うことで生まれた、新たな「カッコ良さ」

ー自由な大学から社会人になり、再度挑戦した強豪チームで挫折を知るまでは、自分の弱い部分に向き合うことができていなかった、ということでしょうか。

「シドニー五輪で日本代表になることができなかったときの経験が、自分を入れ替えるきっかけになりました。

私の場合、その時代ごとに「欲」みたいなものがあって、そのものに引きずられることが多いんです。

例えば、中学のときなら練習をさぼって遊びに行きたいとか、高校のときは髪の毛を伸ばしてみたいとか。

もちろん、体操を続けていく以上、その欲は満たされるわけがありません。

その結果、自分が抱えている怒りみたいなものを、体操のせいにしてぶつけてしまう…。

シドニー以降は自分の気持ちと正直に向き合うようになって。

すると、照れ臭かったですが「本当は体操が大好きで、一生懸命頑張りたい」という思いのまま、行動に移すことができるようになりました。

すると、今までの自分と一変して体操に気持ちを集中させることができるようになったのです」



ー自分自身に正直になることは、そう簡単ではありませんよね…。

「でも私の場合は、一瞬でそういう気持ちに変わりました。

そもそも私の判断基準というのは、「カッコ良いか、カッコ悪いか」が一番のキーワードなんです。

例えば、大学のときは茶髪にすることだったり、遊んだりすることがカッコ良かったわけです。

でも、シドニー五輪の代表から外れたことで、今までのカッコ良いという価値観が一転して、カッコ悪いものに変わってしまったんです。

一方、その当時シドニー五輪に出た先輩たちが長年の練習成果を示すようにオリンピックの大舞台で一生懸命戦っている姿を目にして、「カッコ良いとは、こういうことなんだ」と実感したんです」
発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ
東京都港区麻布台1-11-3 5F)
小関
★ご意見・ご感想はこのメールにご返信ください。















【ご利用ガイド&よくあるご質問】
https://suku-guide.jp/

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
https://www.suku.jp/account/cancel

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る