雨の日もスクスク成長しよう!6月の平均身長
 >   >  雨の日もスクスク成長しよう!6月の平均身長

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

雨の日もスクスク成長しよう!6月の平均身長
スクスクのっぽくんメールマガジン/ vol.764
6月の平均身長をチェック!
【動画】背筋を伸ばして成長サポート!? X背筋体操
バスケットボール元日本代表選手 竹内公輔さん インタビュー最終回
6月の平均身長をチェック!

皆さん、こんにちは!
スクスクのっぽくんです。

すでに梅雨入りした地域もありますが、6月は雨が多く、ジメジメとした日が増えてきます。

湿度が高いと、気温が低くても汗をかきやすくなり、カルシウムが汗と一緒に流れてしまいやすくなります。

雨の日はどうしても室内でじっとしてしまいがちですが、カルシウムの摂取や骨を刺激する運動を意識して成長につなげていきましょう!

それでは、6月の身長をチェックしてみましょう!

6月の平均身長 男の子 女の子
幼稚園年少 99.1 98.3
幼稚園年中 105.6 105.0
幼稚園年長 112.2 111.6
小学校1年生 118.6 117.8
小学校2年生 124.4 123.6
小学校3年生 129.9 129.5
小学校4年生 135.4 135.8
小学校5年生 141.2 142.6
小学校6年生 147.8 148.8
中学校1年生 155.3 153.1
中学校2年生 161.8 155.7
中学校3年生 166.5 157.0

大切な成長期には、栄養・運動・睡眠・愛情といった生活習慣がとても重要となります。

骨端線の成長のためには、

1. カルシウム、マグネシウム、ビタミンD、タンパク質といった栄養素をしっかりとること
2. 骨端線に適度な刺激を与える運動をしっかりすること
3. 成長ホルモンが最も分泌される3〜4段階と呼ばれる深い睡眠をしっかりとること
4. 家族から愛情を受け、のびのびリラックスした状態で過ごすこと

などが、大きなポイントとなると考えられています。

あらためて、栄養・運動・睡眠といった生活習慣を改善して、心も体も成長させていきましょう!

スクスクのっぽくんでは、栄養面のサポートとして『カルシウムグミ』をおすすめしております。


この機会にぜひご利用ください♪

スクスクのっぽくん 担任より
公式LINE
公式Facebook
公式Instagram
こども食育グミ新発売キャンペーンも開催中!

『こども食育グミ』の定期購入をスタートした方限定
お子様が食事をもっと好きになる『食欲麦茶』を1箱プレゼントいたします!

期間:2018/5/14〜2018/6/30

食べるチカラを育てる『こども食育グミ』と合わせて、ぜひご活用ください♪

※定期4袋以上のコースを開始した方限定です。

↑カルシウムグミについて、もっと詳しく知りたい方はこちら!

↑お友達とご一緒に!ご紹介キャンペーンはこちら!
スクスクのっぽくん
商品のご注文はこちらから!

【スクスクのっぽくん公式SHOP】
https://suku-noppo.shop
★定期お届けコースへのご加入、再開もお電話よりお気軽にご連絡ください
※ご注文・ご変更:9:00~21:00(年中無休)/ご質問など:9:00~19:00(土日祝休)
【動画】背筋を伸ばして成長サポート!? X背筋体操

みなさんは、自分の背中が丸まっていないか意識できていますか?

猫背になってしまうと、どうしても見た目が小さく見えてしまいます。

また、勉強や運動をするときも、集中力がなくなってしまったり、うまく体が動かせなかったりと、子供たちにとって猫背は大敵です。

そこで今回は、しっかりと背中の筋肉を使って背骨を支えるための、X背筋体操を紹介します!

背骨は筋肉によって支えられているため、背筋などが弱いと、意識してもうまく姿勢を伸ばすことが難しく、良い姿勢を維持することが出来ません。

トレーニングによって背筋を鍛えて、自然に背骨を立てられるように体作りを行いましょう!それではさっそく、トレーニングを紹介します!

【オススメ】
運動にも野菜パワーを!野菜不足・野菜嫌いのお子様にオススメ! 美味しく飲みやすいこどもフルーツ青汁が、今なら無料サンプルプレゼント中!


「最大の僕の夢は、バスケットボールの人気を上げることです。まずは日本代表を勝てるようにしたい。」(竹内公輔さん)

バスケットボール天皇杯で3連覇を果たし、日本男子バスケ界黄金世代の一つである「竹内世代」としてその名を残す人物。身長205cmという高さを生かしたプレーで、双子の弟・譲次さんとともに日本代表で活躍された竹内さんに、いつ背が伸びたのかといった身長の話や、バスケットボールの話を中心にお話を伺いました。
※本記事は、過去に公開された「プロフェッショナル 生きる力の伸ばし方」のバックナンバーからの再掲記事です。

竹内公輔さんプロフィール
1985年1月29日、大阪府吹田市出身。 身長205cm、体重98kg。中学3年からバスケットボールを初め、洛南高校3年生のときには双子の弟・譲次とともに国体で優勝。慶応大学総合政策学部に進学し、卒業後に日本バスケットボールリーグのアイシン・シーホースとプロ契約を結んだ。大学時代から日本代表として活躍し、2013年にはNBLオールスターに選出。2014年、広島ドラゴンフライズへ移籍し、この年にチーム史上初のオールジャパン決勝進出に貢献し自身もベスト5に選出。
バスケットボールの人気を上げたい。

ー目標はありますか?

「最大の僕の夢は、バスケットボールの人気を上げることです。

今、バスケットボールのファンの数は、野球やサッカーに比べて少ないじゃないですか。

野球は球場に5万人が集まり、勝つか負けるかですごく盛り上がる。たとえば西武が勝ったら、西武デパートがセールするとか社会現象が起きますよね。

今世界のバスケットボールの競技人口は、サッカーの次くらいに多い。さらに男女ともにできるスポーツです。なのに、日本では1000人、1500人しか入らない試合もある」



ー野球やサッカーに比べると確かに少ないですね。

「満員の会場でやればやるほど、選手もアドレナリンが出ます。今はJBL(日本バスケットボールリーグ)とbjリーグというように、リーグが2つに分かれているという問題があります。それでも選手たちは、地域密着のリーグにしたいと思って頑張っています」

ー今年1月(※2011年当時)の天皇杯決勝をTVで観たのですが、スリリングな展開で非常におもしろかったです。

「その魅力を伝えるためには、日本代表がオリンピックに出るくらいにならないとダメだと思っています。

ハンドボールの世界では、宮崎大輔選手が海外に行って活躍している。ハンドボールを知らなくても、宮崎選手を知っている人はいるくらいで、ハンドボールをメジャーにするために本当に頑張っていると思います。

僕たちももっと慈善活動や、地域貢献の活動を積極的にしていきたいと思っています」

ー今後の活躍を期待しています。

「まずは日本代表を勝てるようにしたい。2012年のロンドン五輪に出れば、もっとメディアが扱ってくれると思っています」

発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ
東京都港区麻布台1-11-3 5F)
小関
★ご意見・ご感想はこのメールにご返信ください。













【ご利用ガイド&よくあるご質問】
https://suku-guide.jp/

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
https://www.suku.jp/account/cancel

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る