カルシウムが成長に大切なわけは?
 >   >  カルシウムが成長に大切なわけは?

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

カルシウムが成長に大切なわけは?
スクスクのっぽくんメールマガジン/ vol.753
成長の仕組みを徹底検証!のっぽくんQ&A「カルシウムと成長の関係」
肩甲骨トレーニング
登山家 大蔵喜福さん インタビュー第4回
スクスクのっぽくん
商品のご注文はこちらから!

【スクスクのっぽくん公式SHOP】
http://suku-noppo.shop
★定期お届けコースへのご加入、再開もお電話よりお気軽にご連絡ください
※ご注文・ご変更:9:00~21:00(年中無休)/ご質問など:9:00~19:00(土日祝休)
成長の仕組みを徹底検証!のっぽくんQ&A「カルシウムと成長の関係」

皆さん、こんにちは!
スクスクのっぽくんです。

子供の成長期に不足しがちなカルシウム摂取でお悩みの親御さん達はとても多いですね。特に子供達の好き嫌いや少食は、多くの方がつまづく問題です。

スクスクのっぽくんへ寄せられる様々な成長のお悩みの中から、今回は子供の成長とカルシウムの関係について専門家がお答えします!



Q:子供がカルシウムを多く含む食べ物をあまり食べようとしません。カルシウムが不足すると成長に影響しますか?

A:健やかな成長にとって、カルシウムは欠かせない存在です。

カルシウムはミネラルの一種で、
・骨や歯の成分になる
・神経細胞で情報の伝達をする
・筋肉の収縮に関与
など、私たちの体の土台に欠かせない大切な役割を担っています。

「成長する」=「骨が成長する」ということです。

体内に存在するカルシウムの98%が骨に、残りの2%が歯や血液、細胞に含まれていますので、骨を形成するカルシウムをしっかり摂取したいですね。

しかし、厚生労働省の発表したカルシウムの摂取状況では、全年代で大幅に不足しているのが現状です。

カルシウムは、小腸からの吸収率が悪く、一度に体内に吸収できる量が限られているので、毎日継続的に補うことが大切です。

のっぽくんQ&Aページでは、カルシウムの大切さと成長との関係についてのさらに詳しい説明、そして摂るためにおすすめの食品についてご紹介しています。

成長の仕組みを徹底検証!のっぽくんQ&A「カルシウムと成長の関係」の全文はこちら!
https://www.suku-noppo.jp/q-a/a43.html


スクスクのっぽくん 担任より
公式LINE
公式Facebook
公式Instagram

↑カルシウムグミについて、もっと詳しく知りたい方はこちら!

↑お友達とご一緒に!ご紹介キャンペーンはこちら!
今週のお客様の声
3歳から柔道を始め、なんとかカルシウムを摂取したい…でもおいしくなければ…ということでこちらの商品を選びました。今後は他のスクスクのっぽくん商品もトライしていきたいです。(2018/2/14)
・じんさん(4歳)/カルシウムグミ
スクスクのっぽくんご愛用者様の声アンケートより

食事もバランスを考えてるつもりですが、足りないと思うので、愛用してます。カルシウムグミはお守りになってます。(2018/3/5)
・トミーさん(8歳、10歳)/カルシウムグミ
スクスクのっぽくんご愛用者様の声アンケートより
※薬機法厳守のため、一部表現を変更してお届けしております。
肩甲骨トレーニング

今回のオンライントレーニングは「肩甲骨」です。
普段の生活では体の前面を意識し使うことが多いので、今回は背中をしっかり意識し使うエクササイズをご紹介します。
肩甲骨周りをしっかり動かすことで姿勢力アップにもパフォーマンスアップにもつながりますのでトライしてみましょう!

オンライントレーニングその1
~オンラインレッスンNo.42「ねじねじ体操」より~
最初は準備運動としてこの「ねじねじ体操」を行いましょう。
肩周辺、鎖骨、肩甲骨周りを刺激しましょう!

オンライントレーニングその2
~オンラインレッスンNo.07「猫背改善エクササイズ」より~
「猫背改善エクササイズ」とタイトルされていますが、肩甲骨周りを活性化するのに最適ですのでトライしてみてくださいね。
肩周りを大きく動かすことで身体だけでなく、気持ちまでもほぐれてきますのでオススメです!

オンライントレーニングその3
~オンラインレッスンNo.45「BB・L」より~
最後は体幹を使って背中を使うエクササイズをご紹介します。
野球などの球技はもちろん、水泳やダンスなどにも最適なエクササイズですのでぜひトライしてみましょう!

気温も上がってきて、身体は動かしやすくなっていますので、たくさん身体を動かして良い筋肉を育てていきましょう!
【オススメ】
運動にも野菜パワーを!野菜不足・野菜嫌いのお子様にオススメ! 美味しく飲みやすいこどもフルーツ青汁が、今なら無料サンプルプレゼント中!


「山は本当に厳しいですから、山へ連れていけば、どんな子供もまっとうになれると思います。」(大蔵喜福さん)

ヒマラヤなど数々の登山隊の遠征で活躍した登山家でもあり、打ち立てた登頂記録も数多い大蔵さんは、一方で子供たちへ自然の楽しさや素晴らしさを教える伝道師という一面も持っています。まさに“生きる力”のかたまりという感じの大蔵さんが、どのように幼少期を過ごし、現在はどのような考え方をもって子供たちと接しているのか、お話を伺いました。
※本記事は、過去に公開された「プロフェッショナル 生きる力の伸ばし方」のバックナンバーからの再掲記事です。

大蔵喜福さんプロフィール
1951年 長野県飯田市に生まれる 1965年 本格的登山を始める 1971年 ヨーロッパアルプス初挑戦 1979年 世界初のヒマラヤ縦走登山 (ダウラギリV~III~II 峰7,000m峰3山縦走) チョモランマ北壁に2度挑戦。打ち立てた厳冬期最高到達地点記録(8,450m)は、いまだ破る者はない。 マッキンリー18回登頂や、カヌーでの瀬戸内海初横断などユニークな記録も持つ。多くの登山仲間を亡くした冬の北米大陸最高峰マッキンレーを調査するために気象観測装置を設置し毎年登頂。貴重なデータを集めた功績で秩父宮記念山岳賞を受賞。日本山岳会自然保護委員会やHAT-Jなどでも理事を務め、山における環境保護の問題にも取り組んでいる。
死と隣り合わせの世界 ~遭難は絶対に防げる~

ー死にも直面するほど過酷な山登りですが、そこまで大蔵さんを動かすモチベーションは何なのでしょう?

「単純に、好きなんですね。好きなものに、理屈はありません。もっとすごい自然が見たいとか、もっと綺麗な景色が見たいとか、そういう欲求です。

あとは、8,000m超の山を経験したいとかね。そこに何があるんだろうという知的欲求もあります。

自己満足の世界ですが、一つの山でも、何通りもの登り方がありますし、興味は尽きません。

それと、登山は勉強する材料が、本当にいっぱいあります。例えば、着るもの、食べ物、天気、装備など、人里にいても勉強しなくちゃいけないことが大変多い。

ゴミが出ないようにするにはどうすればいいかとか、少量でカロリーが最大限摂れるようにするにはとか、食事に関しても枝葉はいっぱい。山登りは、奥が深いんです」

ー自然の中で、好きなことをできる体験というのは、子供にとって素晴らしい経験だと思います。今まで登山している中で、一番怖いと思ったことはどんなときですか?

「岩登りをするときなどは、指だけで体を支えるのですが、自信が持てなくなったときはパニックになりますね。

ダメかもしれないと思うと、本当に怖い。怖いと思うと体が委縮するので、周りがよけい見えなくなります。

これも、やはり経験がものを言いますが、ダメなら他にどんな方法で対処できるかという、“考える胆力”を持つことが大切ですね。

それと、パニックになりそうになっても、最後まで諦めないで努力することです。例えば、雪崩に巻き込まれても、顔の周りをブロックして、呼吸できるスペースを確保したりね。

私は、電車に乗っていても、もし横転したらどうしようなど、いつも頭の中でシュミレーションしています。笑」



山登りというと、勇猛果敢というイメージがありますが、ある種の臆病さを持っていないとダメなのかもしれませんね?

「そうですね。私も、かなりの臆病ものだけど、臆病だからこそ、それに備えられる部分があると思います。

谷川岳なんて、今まで700人くらい死んでるんですが、私の知り合いにも、登山中に、ここは大丈夫と油断してしまって命を落とした方がいます。

ちょっとした、心の隙が、大きな事故につながる。そういう意味では、遭難は絶対防げるはずです。

私など、登るときは常に張り詰めていますが、逆に危険のない平地を歩くときなどは、ヨレヨレですからね。笑 気持ちの上で、メリハリを持つことが大切なのかもしれませんね」

〜つづく〜

発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ
東京都港区麻布台1-11-3 5F)
小関
★ご意見・ご感想はこのメールにご返信ください。









【ご利用ガイド&よくあるご質問】
http://suku-guide.jp/

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
http://www.suku.jp/account/cancel

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る