姿勢改善で内側から成長しよう!
 >   >  姿勢改善で内側から成長しよう!

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

姿勢改善で内側から成長しよう!
スクスクのっぽくんメールマガジン/ vol.752
「気をつけ」「礼」もかっこよく!背筋シャキッと姿勢改善
【動画】体を柔らかくするストレッチ!
登山家 大蔵喜福さん インタビュー第3回
スクスクのっぽくん
商品のご注文はこちらから!

【スクスクのっぽくん公式SHOP】
http://suku-noppo.shop
★定期お届けコースへのご加入、再開もお電話よりお気軽にご連絡ください
※ご注文・ご変更:9:00~21:00(年中無休)/ご質問など:9:00~19:00(土日祝休)
「気をつけ」「礼」もかっこよく!背筋シャキッと姿勢改善

皆さん、こんにちは!
スクスクのっぽくんです。



3月になり、暖かな日が増えましたね。これから春に向けて、学校では卒業式や入学式など、色々な行事が重なります。

特に卒業生は一人で舞台に上がる機会もあり、背筋を伸ばしてかっこよく決めていきたいところですね!

姿勢が悪いと、骨が湾曲したり、血液やリンパ液の流れや消化器系の内臓にも悪影響が出たりと、体の成長を妨げることに繋がってしまいます。

背筋の伸びた「正しい姿勢」は、見た目にきれいなだけではなく、身体の内側からも成長を助けることになるのです

そこで今回は、背筋を伸ばしての「気をつけ」、正しい「礼」ができるようにするためのコツとトレーニングを紹介させていただきます!

スタッフブログ『「気をつけ」「礼」もかっこよく!背筋シャキッと姿勢改善』の全文はこちら!
https://www.suku-noppo.jp/blog/20180301/shisei


スクスクのっぽくん 担任より
公式LINE
公式Facebook
公式Instagram

↑カルシウムグミについて、もっと詳しく知りたい方はこちら!

↑お友達とご一緒に!ご紹介キャンペーンはこちら!
今週のお客様の声
カルシウムグミを取るようになってから、以前より成長を実感しています。食べやすくて、味も美味しくて悪いところがないです。(2018/1/23)
・じゅんさん(11歳、15歳)/カルシウムグミ
スクスクのっぽくんご愛用者様の声アンケートより
本人が、これ欲しい!という事で、継続購入することになりました。美味しいと毎日食べています。(2017/12/29)
・ちぇるちぇるらんどさん(6歳、8歳、14歳、15歳、17歳)/カルシウムグミ
スクスクのっぽくんご愛用者様の声アンケートより
※薬機法厳守のため、一部表現を変更してお届けしております。
【動画】体を柔らかくするストレッチ!

こんにちは!
すくすくトレーニングの小澤です!
だんだん春の暖かさを感じる日も増えてきましたね。
体の緊張も少し和らいできたように感じます。

そこで、今回は体を柔らかくするストレッチを紹介します!
体が硬くてお悩みのお子様、お母さんやお父さんの声がよく寄せられますが、体が硬いと成長痛などにもなりやすいため、成長期のお子様には特におススメのストレッチです。

あまり勢いよくやりすぎて、「痛い痛い!!」
とならない程度に、ゆっくりと伸ばしていくことがポイントです。
それでは早速、行ってみましょう!

【オススメ】
運動にも野菜パワーを!野菜不足・野菜嫌いのお子様にオススメ! 美味しく飲みやすいこどもフルーツ青汁が、今なら無料サンプルプレゼント中!


「山は本当に厳しいですから、山へ連れていけば、どんな子供もまっとうになれると思います。」(大蔵喜福さん)

ヒマラヤなど数々の登山隊の遠征で活躍した登山家でもあり、打ち立てた登頂記録も数多い大蔵さんは、一方で子供たちへ自然の楽しさや素晴らしさを教える伝道師という一面も持っています。まさに“生きる力”のかたまりという感じの大蔵さんが、どのように幼少期を過ごし、現在はどのような考え方をもって子供たちと接しているのか、お話を伺いました。
※本記事は、過去に公開された「プロフェッショナル 生きる力の伸ばし方」のバックナンバーからの再掲記事です。

大蔵喜福さんプロフィール
1951年 長野県飯田市に生まれる 1965年 本格的登山を始める 1971年 ヨーロッパアルプス初挑戦 1979年 世界初のヒマラヤ縦走登山 (ダウラギリV~III~II 峰7,000m峰3山縦走) チョモランマ北壁に2度挑戦。打ち立てた厳冬期最高到達地点記録(8,450m)は、いまだ破る者はない。 マッキンリー18回登頂や、カヌーでの瀬戸内海初横断などユニークな記録も持つ。多くの登山仲間を亡くした冬の北米大陸最高峰マッキンレーを調査するために気象観測装置を設置し毎年登頂。貴重なデータを集めた功績で秩父宮記念山岳賞を受賞。日本山岳会自然保護委員会やHAT-Jなどでも理事を務め、山における環境保護の問題にも取り組んでいる。
まずは、好きなことをやれ! ~教育観の秘訣~

ー子供達に対して、どのように接していらっしゃるのですか?

「小学校の課外授業も受け持っているのですが、私の場合は“まずは、好きなことをやれ!”という考え方ですね。まずは、興味を持つことが大事ですので、私は自然の中で好きなことをやらせて、見ているだけです。

ただし、好きになったら、それを続けることが大切です。

例えば、山登りが好きになったら、続けていれば、それに関わる仕事につながっていく。ガイド、登山学校の講師、写真家、作家などもそうですし、山小屋で働いてもいい、山登りに必要な道具に関わってもいいんです。

子供達には、何かに興味を持ったときに、大人になったらそういう選択肢がたくさんあるということを教えてあげたいと思っています」

ー大蔵さんは、自分自身で道を切り拓いてこられたので、そういう考え方を持てるんでしょうね。 自然の中で、好きなことをできる体験というのは、子供にとって素晴らしい経験だと思います。

「子供たちは、好奇心があるので、みんな試したいんです。

キャンプに行ったら、火遊びもしたいし、夜中に暗闇探検もしたい。それが危ないからといって、危険なことを全て取り除くと、それを知らない子しか残らないんです。実は、そのほうがもっと危ない。

そのかわり、子供に好きなことをやらせるには、大人もこれ以上やったら危険だというところを分かってないといけません。それを分かった上で、見ててあげるだけでいいんです。

大人は、子供に目一杯遊べる環境を作ってあげれば、それでいい。」



ーどうしても、危ないことを取り除こうとしてしまう気持ちは分かります。

「本当に危険なところを、大人がわかっていれば、そこまではやらせてあげればいいんです。やっちゃダメなときは、なんでやっちゃいけないのか、ちゃんと説明してあげる。『ここから先は、大人でも怖いから行っちゃダメ』というふうにね。

私の先輩、カヌーの野田知祐さんなんかも、川の危険なところを全てを知り尽くしているので、そこまでいかない範囲であれば、危ないことをどんどんしろ!って言っていますよ。

大人は、子供に対して危ないことを安全に出来るような環境を与えてあげることが一番大切。危ないことをやったことがない子どもは、自分の危機管理が出来ない大人に育ってしまいます」

ー大蔵さんが幼い頃に得た経験を、そのまま教育に活かしていらっしゃるような気がします。

「そうですね。登山でもそうなんですが、一番価値があるのは“経験”なんです。

いろんな経験の積み重ねが、全てを可能にする。ある意味、いつも失敗しているやつこそ、ここぞという場面では一番強いかもしれませんね。特に、私たちは“死”と常に直面しています。死ぬ訓練や、失敗する訓練はできませんので、積み重ねた経験がすべてなんです」

〜つづく〜

発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ
東京都港区麻布台1-11-3 5F)
小関
★ご意見・ご感想はこのメールにご返信ください。









【ご利用ガイド&よくあるご質問】
http://suku-guide.jp/

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
http://www.suku.jp/account/cancel

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る