寒い朝でもシャキッと目覚める!ウォーミングアップ
 >   >  寒い朝でもシャキッと目覚める!ウォーミングアップ

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

冬の朝は布団の中でウォーミングアップ♪
スクスクのっぽくんメールマガジン/ vol.744
寒い朝でもシャキッと目覚める!ウォーミングアップ
ジョギング
フリースタイルモーグルスキー選手 伊藤みきさん 第3回
スクスクのっぽくん
商品のご注文はこちらから!

【スクスクのっぽくん公式SHOP】
http://suku-noppo.shop
★定期お届けコースへのご加入、再開もお電話よりお気軽にご連絡ください
※ご注文・ご変更:9:00~21:00(年中無休)/ご質問など:9:00~19:00(土日祝休)
寒い朝でもシャキッと目覚める!ウォーミングアップ

皆さん、こんにちは!
スクスクのっぽくんです。



いよいよ冷え込みが厳しくなり、なかなかお布団から出られなくなっている方も多いのではないかと思います。

そこで今回は、お布団の中で体を少しずつ起こしていくための、簡単なウォーミングアップ方法をご提案させていただきます。

朝が苦手という方はもちろん、起きてすぐに動くことによる心肺機能への負担も減らすことができるので、是非試してみてください!
寒い朝でもスッキリ目覚められるだけでなく、冷え性対策などにも効果的な、お布団の中でできるウォーミングアップを、すくすくトレーナーの小澤が解説いたします。

スタッフブログ『シャキッと目覚める!布団の中で出来るウォーミングアップ』の全文はこちら!
https://www.suku-noppo.jp/blog/20171201/warmingup


スクスクのっぽくん 担任より
公式LINE
公式Facebook
公式Instagram

↑カルシウムグミについて、もっと詳しく知りたい方はこちら!

↑お友達とご一緒に!ご紹介キャンペーンはこちら!
ジョギング

今回のトレーニングはジョギング(ランニング)をご紹介。
有酸素運動は心肺機能を高め、持久力に繋がります。
必ずウォーミングアップをしてから行いましょう。

≪オンライントレーニング1・肩甲骨・骨盤≫
~オンラインレッスン「自宅でもできるすくトレおすすめの簡単エクササイズ」より~
走る為の肩周り・骨盤の動きを良くする為のメニューです。
手を振る際に肩甲骨を動かしますので、肩甲骨の動きが悪ければ腕は振れません。人にもよりますが、腕を振らないとスピードが出にくくなります。
それと共に骨盤が前に傾いていたり、後に傾いていたりしていると腰が痛くなります。
それを無くすためのメニューです。

≪オンライントレーニング2・股関節≫
~オンラインレッスンNo.22「膝まわし運動」より~
膝まわし運動と書いてありますが、実は股関節が動きます。
サッカー選手におススメですが、RUNをするにも走る前にやって頂きたいメニュー。走る際、膝を曲げる事により股関節も屈曲(曲がる)します。
その動作をスムーズにするために行います。

≪オンライントレーニング3・ジョギング≫
おうちの周りをジョグでいいので走ってみましょう!
30分目標。お子様は走るペースがわからないと思うので御両親がペースメーカーになって上げてください。前々回と一緒で速さはゆっくりめで、話しながらのイージーペースランを。
辛かったら、歩く⇒走る⇒歩く⇒走るの繰り返し。
そこから走る時間を少しずつ伸ばしていけば、走るのが苦手な方も走り慣れてくると思います。

脂肪をエネルギーに変え、持久力を高めて疲れにくい体にしていきましょう!!!
走る事により、ケガの無いように意識すると必然的に姿勢が良くなります。

レッツ!ランニング!!
【オススメ】
運動にも野菜パワーを!野菜不足・野菜嫌いのお子様にオススメ! 美味しく飲みやすいこどもフルーツ青汁が、今なら無料サンプルプレゼント中!


「とにかく緊張したとしても、緊張している自分を認めてあげればいいんです」(伊藤みきさん)

モーグル女子日本代表として、2006年のトリノ五輪と2010年のバンクーバー五輪に出場した伊藤みきさん。伊藤さんの姉と妹もモーグルの選手として活躍しており、日本スキー界で“伊藤三姉妹”は有名な存在。両親からどんな教育を受けたのか、伊藤さんにお話を伺いました。
※本記事は、過去に公開された「プロフェッショナル 生きる力の伸ばし方」のバックナンバーからの再掲記事です。

伊藤みきさんプロフィール
高校教師の両親の下、滋賀県蒲生郡に生まれる。3歳のときにスキーを始め、高校2年生でワールドカップ入賞。高校3年生のとき、トリノ五輪出場。20位。2006年中京大学に入学。全日本選手権で2冠を達成。2010年バンクーバー五輪出場。12位。 2010年北野建設入社。
学校の勉強の仕方

ーモーグルをやりながらピアノを小1から高3まで続けたということですが、さぼろうとすると両親は怒るんですか?

「怒るっていうか、軽蔑するんですよ。『だからあなたはダメなんや』って感じで。モーグルの結果が出ないことには怒らないんですけども、その原因を自分で考えないようなときにはすごく怒りましたね」

ー勉強面でも厳しかったですか?

「自分にとって大きかったのは、学校の勉強の仕方を教えてくれたことですね。両親は『点数が取れなかったら、それは勉強したことにならない』っていう考え方で。だから、点数を取るための勉強を徹底的に教えてくれたんです」



ー具体的には?

「もし教科書を読んでも眠くなるだけだったら、問題を解きなさいと言うんです。ただ、問題集を1度やっても覚えないから、コピーしてからやりなさいと。そのために家にコピー機を買ってくれました(笑)」

ー贅沢ですね~。

「まず、新品の問題集を2枚ずつ、コピーしていくんです。1枚は白紙のまま、1枚は赤ペンで答えを書き込んでいく。そして答えを覚えていきます。覚えたと思ったら、お父さんとかお姉ちゃんに赤ペンで書いたものを渡して、私が答えを言っていく。間違ったところはチェックしてもらいます。あとはその繰り返しですね」

ーなるほど。

「数学、英語、社会……という感じで全科目を順番にやって、あとは間違えたのだけやるようにします。もう1回間違えたら、違う色のペンでチェックしてもらって。それをやったら自分の穴がなくなるじゃないですか。しかもスキー場への行き帰りの車の中でもやるんです(笑)」

ーそれは効率的ですね。

「小学校のとき、百人一首を覚えなくちゃいけなくて、車の中でずっとテープを流していました。70首くらいまで行けましたね。そういうところは、普通の家庭じゃないなあと感じていました」

ースキー場に行く車内が、実は勉強の場にもなっていたとは。

「車内が強制的に勉強する部屋みたいな感じで。テスト前は特にそうでした」

ーテスト前もスキーへ?

「そうなんです。テスト前だろうが、全然関係なく行ってました。でも、勉強を疎かにすることは絶対に許さない。自分たちがスキーをやるっていうことはまわりの人に迷惑がかかるから、それを『あの子やったら応援してあげよう』って思われる人にならなあかんっていう教育でした」

〜つづく〜

発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ
東京都港区麻布台1-11-3 5F)
小関
★ご意見・ご感想はこのメールにご返信ください。









【ご利用ガイド&よくあるご質問】
http://suku-guide.jp/

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
http://www.suku.jp/account/cancel

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る