ジュニア選手の成長の場に
 >   >  ジュニア選手の成長の場に

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

より多くの成長の場を経験しよう!
スクスクのっぽくんメールマガジン/ vol.714
ジュニア選手の成長の場に
【動画】子供の肥満予防ならこれ!お腹ツイスト体操
シドニー五輪銅メダリスト・田中雅美さん
第6回:「仲間がいたから乗り越えられた「壁」」
スクスクのっぽくん
商品のご注文はこちらから!

カルシウム商品のご注文
こどもフルーツ青汁のご注文
★定期お届けコースへのご加入、再開もお電話よりお気軽にご連絡ください
※ご注文・ご変更:9:00~21:00(年中無休)/ご質問など:9:00~19:00(土日祝休)
ジュニア選手の成長の場に

ゲスト さん、こんにちは!
スクスクのっぽくんです。



スクスクのっぽくんは、未来に向かって生きる力をつけることを応援する『スポーツ応援プログラム』の一環として、全国でジュニアのためのテニス大会「スクスクのっぽくんカップを定期的に開催しています。

試合経験の少ない大会初心者や、より成長するための試合経験を積める場をつくりたい、という想いから、「スクスクのっぽくんカップ」は、ほぼ毎週土日・祝日に開催しています。



3〜4名のリーグ戦と順位別トーナメント方式を採用しているため、「負けたら終わり」ではなく、1日に少なくとも3回の試合経験を積むことが出来ます。

ご好評を得て、現在では全国45箇所、年間500大会以上を開催し、年間1万名以上が参加する大会に成長いたしました。

そして、スクスクのっぽくんでは、2017年から5月にも新設された『秩父オープンジュニアテニストーナメント』も応援しています。

有望なジュニア選手が成長するための大会がまだまだ少なく、ジュニア選手たちに大きく成長してもらえる場をより多くつくりたいという想いから、関東テニス協会の公認を得て運営されることになりました。

今回は全国から719名の選手が集い、4日間にわたり予選、本選と熱い試合が繰り広げられました。



大会の優勝者には、成長期の栄養バランスをサポートする「カルシウムグミをプレゼント!世界で活躍する、アスリートキッズたちにもご愛用いただいています。

スクスクのっぽくんの活動を通して、少しでもジュニア選手たちの成長に貢献出来れば、とても嬉しく思います。

これからもスクスクのっぽくんは、未来に向かって頑張る子供達を応援し続けます!

スクスクのっぽくん 担任より
公式Facebook
公式Instagram
【動画】子供の肥満予防ならこれ!お腹ツイスト体操

最近になって肥満は大人だけ・・・ではなくなってきています。肥満児が増えてきてしまっているという問題が起こっています。なぜでしょうか?

やはり外で遊ぶことが少なくなってきてしまい、子供の運動習慣がなくなってきてしまっていることが考えられます。

運動をしなければ筋肉の量が足りなくなってしまいます。筋肉は車で言えばエンジン。エンジンが大きければたくさんガソリンを使いますよね?

人間もエンジンである筋肉をたくさんつければ、そのぶんエネルギーをたくさん使うので、肥満を解消していくことができるのです!

そこで今回は、特にお腹周りの筋肉をつける、「お腹ツイスト体操」を紹介します!

お腹を捻って使うことによって、肥満解消に必要なお腹の中にあるインナーマッスルを鍛えることが出来ます!ダイエットやスタイルアップにもおすすめですので、さっそく動画を見ながら、お母さんも一緒に行ってみてください!

【オススメ】
運動にも野菜パワーを!野菜不足・野菜嫌いのお子様にオススメ! 美味しく飲みやすいこどもフルーツ青汁が、無料サンプルプレゼント中!


シドニー五輪の女子400メートルメドレーリレーの銅メダリストで、現在スポーツコメンテーターとして活躍されている田中雅美さん。アトランタ、シドニー、アテネの3大会に出場した、日本を代表する元水泳選手です!そんな田中さんのご両親は、実はお母様が陸上競技者、お父様が体育の教師と、共にスポーツ経験者だったのだとか。小さい頃どのような環境でスポーツと触れ合っていたのか、お話をうかがいました。
※本記事は、2014年3月に公開された「プロフェッショナル 生きる力の伸ばし方」のバックナンバーからの再掲記事です。

田中雅美さんプロフィール
1979年北海道生まれ。競泳平泳ぎの日本代表として、アトランタ、シドニー、アテネと3度のオリンピックに出場し、日本競泳界の中心選手として活躍。シドニーオリンピック400メートルメドレーリレーにおいて銅メダルを獲得。アテネオリンピック出場後に現役引退を発表。現在は、スポーツコメンテーターとして活躍中。
「仲間がいたから乗り越えられた「壁」」

ーところで、下宿していたとき、ホームシックにはならなかったんですか?



「高校に入ってすぐに日本代表になって、慌ただしく環境が変わったこともあって、あまりホームシックにはならなかったですね。ただ、高校3年でアトランタ五輪が終わったとき、急にそういう気持ちになったことがありました。
大きな目標が終わったからというのもあったんですが、高校3年生というタイミングで周りの友達が引退していく中、私は水泳で大学に進学するのが決まっていて…。その中で、ふと「自分がいる場所というのは、普通の環境ではない」ということに直面したというか。
そのとき、初めてさみしさのようなものを感じました。それも、そのあとすぐに大学進学になったので、自然と気持ちの整理がついたんですが。」

ー気持ちの切り替えも、スムーズに行ったと。

「大学に行って競泳を続けるのは、自分ひとりではなかったですからね。特に当時は、岩崎恭子ちゃんや山本貴司くんをはじめ、同級生の日本代表が多くて、10代の中盤の選手が多かった時代だったので。
そういう仲間たちが大学時代も一緒にいる環境だったので、自分自身のモチベーションも続いたんだと思います。当時の仲間たちとは本当に仲が良くて、今でも連絡を取り合ってご飯によく行くんです。
集まったきっかけは「競技者」ということだったんですが、競技以外のことも相談し合ったり…。一生の仲間がそこに集まっていたという感じがします。」

~つづく~
発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ
東京都港区麻布台1-11-3 5F)
鎌田貴俊
★ご意見・ご感想は★
このメールに返信していただければ、私に届きます♪
身長にまつわる情報、お待ちしておりま~す。









【ご利用ガイド&よくあるご質問】
http://suku-guide.jp/

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
http://www.suku.jp/account/cancel

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る