GWは、アツい少年野球大会を応援!
 >   >  GWは、アツい少年野球大会を応援!

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

SNSに、笑顔がいっぱいのGW!
スクスクのっぽくんメールマガジン/ vol.708
GWは、アツい少年野球大会を応援!
【動画】成長痛を予防するストレッチ
北京五輪代表・齋藤仁志さんに聞く、『カルシウムグミの魅力』
スクスクのっぽくん
商品のご注文はこちらから!

カルシウム商品のご注文
こどもフルーツ青汁のご注文
★定期お届けコースへのご加入、再開もお電話よりお気軽にご連絡ください
※ご注文・ご変更:9:00~21:00(年中無休)/ご質問など:9:00~19:00(土日祝休)
GWは、アツい少年野球大会を応援!

ゲスト さん、こんにちは!
スクスクのっぽくんです。

皆様、GWはいかがお過ごしでしたか?

スクスクのっぽくんでは、この時期は毎年広島県で行われる大規模な野球大会「村田兆治旗争奪少年野球大会」を応援しています。



地元の広島県を中心に、近畿、中国、四国地方、更には沖縄県からもチームを迎え、選手・関係者を含め2,000人以上が集まる大きな大会です。

今年は、5/3〜5/6までの開催期間、そんな会場に集まる多くの元気な笑顔をご紹介するために、FacebookInstagramにて大会の様子の速報をお届けいたしました。



以下の写真は、見事優勝した「葛野ジュニアスポーツ団(京都)」の皆さん。打線の爆発力と守備力、そして、笑顔の挨拶がとっても素敵な団結力のあるチームでした!



カルシウムグミすぽーつ麦茶をはじめとしたスクスクのっぽくん製品を、今大会を通して、より多くの子供達が活用してくれたことをとても嬉しく思います

大会に参加された皆さん、今年も熱気のある試合と元気をいただき、本当にありがとうございました!

今後も、スクスクのっぽくんは、頑張る子供達の成長を応援し続けます!

※大会のレポートは後日あらためて配信予定です。お楽しみに!

★スクスクのっぽくんでは、今後も成長期に関する情報や、様々な分野で頑張る子供達の様子を、SNSを通して随時発信いたします。それぞれのアカウントをフォローのうえ、配信情報を是非お役立てください♪
Facebookでフォローする!
Instagramでフォローする!

スクスクのっぽくん 担任より
【動画】成長痛を予防するストレッチ

今回紹介するのは、成長痛を予防するトレーニングです。

身長が伸びるにつれて、膝や腰など、関節に痛みを感じるお子様が多いのではないでしょうか。

また、これらは正しくストレッチなどを行っておくことで、痛くなる前に予防をすることが出来ます。

今回は膝の成長痛を予防、改善するための運動として、
一番硬くなりやすいももの表側のストレッチを紹介させていただきます!

正しく運動を取り入れて、しっかりと成長の準備を整えましょう!

【オススメ】
運動にも野菜パワーを!野菜不足・野菜嫌いのお子様にオススメ! 美味しく飲みやすいこどもフルーツ青汁無料サンプルプレゼント中!


北京五輪代表・齋藤仁志さんに聞く、カルシウムグミの魅力とは?

スクスクのっぽくんは、スポーツに真剣に取り組む子ども達を応援しています。
今回は、北京五輪に短距離で日本代表として出場し、トップアスリートとして活躍する選手である齋藤仁志さんに、アスリートとしてのサプリメントとの付き合い方や、ご愛用いただいているカルシウムグミについての感想をお聞きしました。
スポーツを真剣に取り組んでいる子供たち・ご両親に、少しでも参考にして頂ければ幸いです。頑張れ!アスリートキッズ!

齋藤仁志選手プロフィール
1986年、栃木県生まれ。栃木県立鹿沼高校、筑波大学を卒業。2008年には、北京オリンピックの短距離日本代表選手に選出。2009年、ベルリン世界陸上選手権において200mに出場。2011年の大邱世界陸上選手権では200mで自身初の準決勝進出を果たし、4×100mリレーでも日本のアンカーを務めた。2015年4月より、筑波大学大学院に在籍。
「今思うと、成長期にこそ意欲的に摂るべきだったと後悔しています」



(のっぽくん)「カルシウムグミを使用した感想を教えてください。」

(齋藤さん)「4種類全部を試したのですが、僕はイチゴ味(カルシウムグミV+)が好きです。
サプリメントを摂る時は含まれる栄養素はもちろんですが、味も大事だと思っていて。 食べ続けることができないと十分な効果を得ることができません
その点、カルシウムグミは食べやすくて、美味しく食べることができますね。」



(のっぽくん)「ボトルタイプである点についてはいかがでしょうか?」

(齋藤さん)「丁度いい大きさだと思います。
僕はカルシウムグミを常にカバンのなかに1つは持ち歩いていて、気づいた時に摂るようにしています。摂るタイミングを決めても忘れてしまうこともあるので、気づいたときに摂れるのは便利ですね。
持ち歩き用の他に、大学のデスクの上にも常備していたのですが、こちらは気づけば学生に食べられていることも。
食べた子からは「美味しい」との感想をもらっています。
子供はカルシウムが不足しがち。特に、牛乳やヨーグルトが苦手な子供にはどんどん食べてほしいですね。」



齋藤選手、いつもカルシウムグミをご活用いただきありがとうございます! これからの活躍もカルシウムグミで引き続き応援させていただきたいと思います。
スクスクのっぽくんは、全国で真剣に頑張る子供達の成長を応援しています。カルシウムグミを、成長期の栄養サポートとして、少しでも多くの頑張る子供達にお役立ていただければ幸いです。

齋藤選手へのインタビューはこちらから
発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ
東京都港区麻布台1-11-3 5F)
鎌田貴俊
★ご意見・ご感想は★
このメールに返信していただければ、私に届きます♪
身長にまつわる情報、お待ちしておりま~す。









【ご利用ガイド&よくあるご質問】
http://www.suku.jp/guide/

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
http://www.suku.jp/account/cancel

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る