必勝祈願!受験生の栄養補給にも!「カルシウムグミ」が当たる!
 >   >  必勝祈願!受験生の栄養補給にも!「カルシウムグミ」が当たる!

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

中学受験、高校受験、大学受験目前のご家庭を栄養サポート!
スクスクのっぽくんメールマガジン/ vol.683
必勝祈願!受験生の栄養補給にも!「カルシウムグミ」が当たる!
しっかりRUN!
女子バスケットボール日本代表
渡嘉敷来夢選手
〜第8回〜
スクスクのっぽくん
商品のご注文はこちらから!

カルシウム商品のご注文
こどもフルーツ青汁のご注文
★定期お届けコースへのご加入、再開もお電話よりお気軽にご連絡ください
※ご注文・ご変更:9:00~21:00(年中無休)/ご質問など:9:00~19:00(土日祝休)
必勝祈願!受験生の栄養補給にも!「カルシウムグミ」が当たる!

ゲスト さん、こんにちは!
スクスクのっぽくんです。



11月も半ばに差しかかり、受験を控えているご家庭では、受験勉強の追い込みも目前の時期では無いでしょうか。

スクスクのっぽくんでは、そんな中学受験、高校受験、大学受験を控えているご家庭を栄養面からサポートしたいと考え、受験生応援キャンペーンを企画いたしました。



カルシウム&DHA配合!「受かる!シウム」で「勝ちグミ」キャンペーンは、受験生も、受験生をお持ちの親御さまも必見! 受験生に役立つ栄養たっぷりのグミサプリ「カルシウムグミB1(4,104円相当)」が抽選で10名様に当たるキャンペーンです。

ご応募方法も、スクスクのっぽくんのfacebookの投稿に、「いいね!」を押して受験への意気込みをコメントするだけとカンタンな方法をご用意致しました!(ご本人または保護者の方コメントでもOK♪)

コメント例)絶対第一志望に受かる!、早起きして勉強をする!、栄養をしっかり摂らせて陰ながらサポートする! など



詳しくはこちらの特設ページまで♪
https://www.calciumgumi.jp/cp/

【発売から6年連続モンドセレクション最高金賞受賞】
「カルシウムグミ」は、成長期の子供たちに不足しがちな栄養をサポートするために開発された、グミタイプの美味しい栄養機能食品です。

本キャンペーンのプレゼント対象は、受験生に役立つ成分、DHA&ビタミンB1配合の「カルシウムグミB1」!勉強中にカリっと食べて、受験を乗り切りましょう!

★キャンペーン特設ページはこちら
https://www.calciumgumi.jp/cp/

スクスクのっぽくん 担任より
しっかりRUN!

今週のオンライントレーニングは「しっかりRUN!」です

「走る」はスポーツの中でも最も身近で普段の生活でも行う動作です。
今週の家トレは軸と体幹を鍛えることでよりスムーズに走れるようになるトレーニングをお伝えします!

≪オンライントレーニング1・まずは蹴り脚から!≫
~オンラインレッスンNo.63「ヒップリフト・オルタネート」より~
いきなりハードなトレーニングですが、地面を蹴って後ろに蹴り上げる筋肉をここでトレーニングします。
腰が反らないようにしっかり息を吐きお腹を使ってエクササイズしましょう!

≪オンライントレーニング2・軸、そして体幹!≫
~オンラインレッスンNo.35「BBスプリット・スクワット」より~
スクワットは「キング・オブ・エクササイズ」と言われるほどトレーニングの中でも重要なエクササイズです。
今回はこのスクワットの更に発展のトレーニング「スプリット・スクワット」をご紹介します。
身体を支える軸と体幹の強さをここで養いましょう!

≪オンライントレーニング3・さらにブレを無くす!!≫
~オンラインレッスンNo.81「ラテラル・ランジ」より~
意外に忘れがちなのがこの横ブレに対するトレーニングです。人間は真っ直ぐ進んでいるつもりでも僅かにブレています。 左右のバランスが悪いとこのブレが大きくなり動きにもロスが出てきますので、今回はこのエクササイズでしっかり対策を行いましょう!

今週のオンライントレーニングはいかがでしたか?
体幹を安定させることが速く走るための第一歩です!
さらに色々なトレーニング方法もありますので、少しずつ紹介していきます。
次回もぜひお楽しみに♪
【オススメ】
運動にも野菜パワーを!野菜不足・野菜嫌いのお子様にオススメ! 美味しく飲みやすいこどもフルーツ青汁無料サンプルプレゼント中!


女子バスケットボール日本代表
渡嘉敷来夢選手


2013年11月、バンコクで開催された女子バスケットボールのアジア選手権で、43年ぶりの優勝に貢献し、大会MVP、ベスト5に選出された渡嘉敷来夢さん。所属するWリーグのJX-ENEOSサンフラワーズでも大活躍! まさに、現在の日本の女子バスケ界を牽引する選手のおひとりです! そんな渡嘉敷さんですが、実は小さい頃、お兄様の影響で様々なスポーツをやっていた経験があったのだとか。彼女とスポーツの関係について、お話を伺いました!
※本記事は、2014年1月に公開された「プロフェッショナル 生きる力の伸ばし方」のバックナンバーからの再掲記事です。

渡嘉敷来夢選手プロフィール
1991年埼玉県生まれ。Wリーグ・JX-ENEOSサンフラワーズ所属。中学生でバスケットボールをはじめ、その後名門・桜花学園高校に進学。 ‘08年には史上最年少の16歳で北京五輪代表候補に選出。‘10年、JX日鉱日石エネルギーに入社。‘13年、日本代表としてアジア選手権で43年ぶりの優勝に貢献。大会MVP、ベスト5に選出された。
目標は「みんなと、世界に行きたい!!」

ー(前回のつづき)最後に、渡嘉敷さんの今後の目標を聞かせてください。



「実は私、あまり先のことを考えないタイプなんです。だけど、ここ何年間で本当にいろいろな経験をして、自分でもちょっとずつ変わってきたかなという感触があって。例えば、前回のオリンピックのとき、代表の候補だったのにも関わらず、ケガでバスケができなかったんです。それで、世界最終予選で先輩たちが負けて帰ってきたとき、何だか自分に対してものすごく悔しさを感じて…。
そのとき、「この先輩たちと一緒に、どうしても次の五輪に出たい」と初めて思ったんです。誤解を恐れずに言えば、それまでは五輪に対して「自分にとっては雲の上のことすぎて、リアルじゃない」という感じだったんです。でも、あのとき以来、急にいろんなことがリアルになったんです。だから「次の五輪は絶対に出てやる」って。」

ー今回、その五輪への一歩となるアジア選手権で、43年ぶりの優勝を飾り、大会MVPとベスト5にも選ばれました。そのことも、自分にとって大きな経験になったのではないでしょうか。



「今までは自分の夢について何か言いそうになる度に「口だけだったら、何とでも言える」と思って、自ら言わないようにしてたんです。でも、あの大会だけは「絶対に優勝できる」と公言していて。そのぐらい気持ちを込めて挑んで優勝したので、本当にうれしかったです。
次は、世界選手権。前回はベスト10だったので、それ以上を目指せればと思ってます。今の目標は、まずはそこを突破することですね。」

発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ
東京都港区麻布台1-11-3 5F)
鎌田貴俊
★ご意見・ご感想は★
このメールに返信していただければ、私に届きます♪
身長にまつわる情報、お待ちしておりま~す。









【ご利用ガイド&よくあるご質問】
http://www.suku.jp/guide/

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
http://www.suku.jp/account/cancel

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る