10月の平均身長をチェック!
 >   >  10月の平均身長をチェック!

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

スクスクのっぽくんメールマガジン/ vol.677
10月の平均身長をチェック!
正しい立ち姿勢は土台から!「足裏・足首強化体操」
女子バスケットボール日本代表
渡嘉敷来夢選手
〜第2回〜
スクスクのっぽくん
商品のご注文はこちらから!

カルシウム商品のご注文
こどもフルーツ青汁のご注文
★定期お届けコースへのご加入、再開もお電話よりお気軽にご連絡ください
※ご注文・ご変更:9:00~21:00(年中無休)/ご質問など:9:00~19:00(土日祝休)
10月の平均身長をチェック!

ゲスト さん、こんにちは!
スクスクのっぽくんです。

10月は、夜中や朝方は比較的冷え込みやすく、うっかり薄着で寝てしまうと、風邪をひいてしまうということも少なくありません。

栄養・睡眠・運動にしっかり気を配って、10月も過ごしたいものですね。

それでは、10月の身長をチェックしてみましょう!

10月の平均身長 男の子 女の子
幼稚園年少 101.3 100.6
幼稚園年中 107.8 107.3
幼稚園年長 114.5 113.8
小学校1年生 120.6 119.7
小学校2年生 126.2 125.6
小学校3年生 131.8 131.5
小学校4年生 137.3 138.0
小学校5年生 143.2 144.8
小学校6年生 150.4 150.4
中学校1年生 157.6 154.1
中学校2年生 163.7 156.2
中学校3年生 167.6 157.1


10月といえば、運動会が開かれる学校も多いシーズン。保護者の方々にとっても、運動会はお子様の一年間の心身の成長をダイレクトに感じられる、嬉しい季節だと思います。

運動会等のスポーツをする上では身体が大きい方が有利に働く場合が多くありますが、それを実証するかのようにスポーツ各種目の日本のトップの選手たちの平均身長をみると、ほとんどの種目で日本人の平均身長を上回っています。(ちなみに日本人の平均身長は男性:約172.2㎝、女性:約158.8㎝です。)

スポーツ種目別の平均身長データはこちら

また、スポーツにおいては小さい頃に周りと比べて身体が大きいと、指導者の目にとまりやすく上のレベルの集団に引っ張り上げられやすいため上達しやすいと言われています。

スポーツをやる上で必ずしも身長が有利にはたらく訳ではありませんが、やはり高いに越したことはないのかもしれませんね。

子供達が成長するということは、骨が伸びるということ。骨が伸びる可能性を高めるためには、バランスよく栄養・睡眠・運動をとることが大事です。

スポーツの秋、そして来年の運動会で力を発揮するためにも、不足しがちなカルシウム・マグネシウム、ビタミンD、亜鉛を含んだカルシウムグミなどをご利用いただき、バランスの良い生活習慣をぜひ続けていっていただければと思います!

スクスクのっぽくん 担任より
正しい立ち姿勢は土台から!「足裏・足首強化体操」

今回は、一度基本に立ち返り、身体の土台となる足裏・足首のトレーニングを紹介します。

どんなに背骨周りが強くても、その土台がしっかりとしていなければ、姿勢は崩れ、運動能力もしっかりと発揮しづらい状態となってしまいます。
アスリートの足裏は筋肉が発達し、土踏まずが安定しています。
子供のうちからしっかりとトレーニングを行って土台を作り、姿勢力、運動能力を高めていきましょう!
もちろん、大人の方も行えば疲れにくい身体を手に入れられますよ♪

それでは早速、挑戦してみましょう!

【オススメ】
運動にも野菜パワーを!野菜不足・野菜嫌いのお子様にオススメ! 美味しく飲みやすいこどもフルーツ青汁無料サンプルプレゼント中!


女子バスケットボール日本代表
渡嘉敷来夢選手


2013年11月、バンコクで開催された女子バスケットボールのアジア選手権で、43年ぶりの優勝に貢献し、大会MVP、ベスト5に選出された渡嘉敷来夢さん。所属するWリーグのJX-ENEOSサンフラワーズでも大活躍! まさに、現在の日本の女子バスケ界を牽引する選手のおひとりです! そんな渡嘉敷さんですが、実は小さい頃、お兄様の影響で様々なスポーツをやっていた経験があったのだとか。彼女とスポーツの関係について、お話を伺いました!
※本記事は、2014年1月に公開された「プロフェッショナル 生きる力の伸ばし方」のバックナンバーからの再掲記事です。

渡嘉敷来夢選手プロフィール
1991年埼玉県生まれ。Wリーグ・JX-ENEOSサンフラワーズ所属。中学生でバスケットボールをはじめ、その後名門・桜花学園高校に進学。 ‘08年には史上最年少の16歳で北京五輪代表候補に選出。‘10年、JX日鉱日石エネルギーに入社。‘13年、日本代表としてアジア選手権で43年ぶりの優勝に貢献。大会MVP、ベスト5に選出された。
中学で訪れた、バスケとの出会い

ー小学校のときには高跳びで全国優勝をされているのだとか。すごい記録ですね!




陸上競技で138cmを飛び、金メダルを獲得した小学生時代の渡嘉敷選手
「4年生のときから、高跳びの選手として陸上大会に出場するようになったんですけど、自己最高記録で138cmを飛んでしまって。
そのため、小学校の卒業アルバムには、将来の夢に「陸上選手!」って書いてたんですけど…中学校に入ると、はさみ飛びではなくて、背面飛びをしないといけないじゃないですか。
あれがどうしても怖くて。だから、その時点で「陸上の選手はあきらめよう!」と(笑)。
それで、何の部活に入ろうか考えてたんですけど、そのとき兄がちょうど先にバスケ部に入っていて。
楽しそうに部活をやっているのを見ていて、「私もやりたいな」と思うようになったんです。」

ーバスケットボールにのめり込むようになったきっかけは?

「最初の中学校のチームは人数も少なかったし、あまり強いチームではなかったんです。それでも、みんなでわいわい部活をやっているのは楽しかったんですけど。
のめり込むようになったのは、2年生のときに埼玉県選抜に選ばれたのがきっかけです。
選抜の理由は「身長の高さ」ではあったんですけど、ちょうど同じ頃、部活の女子メンバーが足りなくて男子と一緒にバスケをやるようになっていて。
すると、だんだんプレイがうまくなっていくじゃないですか。
そのうち自然と「もっとバスケットができる環境に行きたいな」って思うようになって、知り合いの強い選手たちが集まる中学に転校することに決めたんです。」

〜つづく〜
発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ
東京都港区麻布台1-11-3 5F)
鎌田貴俊
★ご意見・ご感想は★
このメールに返信していただければ、私に届きます♪
身長にまつわる情報、お待ちしておりま~す。









【ご利用ガイド&よくあるご質問】
http://www.suku.jp/guide/

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
http://www.suku.jp/account/cancel

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る