「我が家にピッタリ!」今月のお客様の声
 >   >  「我が家にピッタリ!」今月のお客様の声

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

スクスクのっぽくんメールマガジン/ vol.675
「我が家にピッタリ!」今月のお客様の声
【動画】足を速くする「後ろ踏み込み体操」
オリンピック銀メダリスト
立花美哉を育てたお母様 第9回
スクスクのっぽくん
商品のご注文はこちらから!

カルシウム商品のご注文
こどもフルーツ青汁のご注文
★定期お届けコースへのご加入、再開もお電話よりお気軽にご連絡ください
※ご注文・ご変更:9:00~21:00(年中無休)/ご質問など:9:00~19:00(土日祝休)
「我が家にピッタリ!」今月のお客様の声

ゲスト さん、こんにちは!
スクスクのっぽくんです。

カルシウムグミをはじめ、スクスクのっぽくんの栄養補助食品は、発売以来全国で多くの子供達に「美味しい!」との声とともに長くご愛用いただいています。

今週は、そんなご愛用者の皆様から届いた元気な声の一部をご紹介します。


美味しくてカルシウムも摂れるなんて!

爽やかなレモン味で、本当にお菓子感覚で食べることができます。美味しくてカルシウムも摂れるなんて素晴らしいです。ついつい多く食べたくなってしまうくらい美味しく食べています。
・あいこさん(14歳)/カルシウムグミB1ご利用の声

飲んでみるとバナナの甘ーい香り

こどもフルーツ青汁は、はじめは見た目で「ちょっと苦手かな…」と思いましたが、飲んでみるとバナナの甘ーい香りと甘味があって、とっても美味しいです!
・多和さん(14歳)/こどもフルーツ青汁ご利用の声

出会えたことに感謝!
食事の偏食にずっと頭を悩ませておりました。美味しいと喜んで食べてくれ、嬉しさとこの商品に出会えたことに感謝しております。これからは焦らず食生活の改善に取り組めそうです。
・はらぺこかあさん(37歳)/カルシウムグミご利用の声
骨も身体も強く!
我が家の野球少年、まだまだ大きくなってほしいとの願いはありますが他の商品は長続きせず…。グミは毎日食べています。成長期に必要なカルシウムが摂れ、骨も身体も強くなってほしいですね。
・たいちゃんまんさん(15歳)/カルシウムグミご利用の声
我が家にはぴったり!
3人ともお菓子のように大好きで毎日もっと食べたーい!の声が。美味しく、栄養もとれ、我が家にはピッタリです。これからも楽しみながら続けていこうと思います。
・おかこさん(7歳、2歳の双子)/カルシウムグミご利用の声

今月もとっても元気で愛らしいご感想の声をいただきありがとうございました!
スクスクのっぽくんでは、成長期のための毎日の栄養摂取のプラスアルファとして、カルシウムグミこどもフルーツ青汁の活用をオススメしています。

美味しく続けやすくカロリー控えめなスクスクのっぽくんオススメ製品で、大切な成長期の不足がちな栄養補給に是非ご活用ください。

スクスクのっぽくん 担任より
【動画】足を速くする「後ろ踏み込み体操」

近頃は運動会のシーズンが真っ盛りといったところでしょうか。

今回は、足を速くするトレーニングの一環として、「後ろ踏み込み体操」を紹介したいと思います! 体のバランスを保つこと、そして股関節を大きく使うこと。
特にお尻の筋肉を鍛えることで、走るのがどんどん得意になっていきますよ。

運動会が終わってしまった人も、来年に向けて今から準備して、走るのが得意になってくださいね! それでは早速、やってみましょう!

【オススメ】
運動にも野菜パワーを!野菜不足・野菜嫌いのお子様にオススメ! 美味しく飲みやすいこどもフルーツ青汁無料サンプルプレゼント中!


オリンピック銀メダリスト
立花美哉を育てたお母様


アテネ、シドニーオリンピックでチーム・デュエットの銀メダルを獲得した立花美哉(立花・武田ペア)。近年の日本のシンクロを語る上で欠かせない立花美哉さんは、4つの銀メダルに加えてさらに、世界水泳で金メダルも手に入れている。体系的に日本人は不利とされているシンクロで、これほどの記録を残すことが出来た原動力は何だったのだろうか。立花美哉さんのお母さんにお話を伺った。
※本記事は、「プロフェッショナル 生きる力の伸ばし方」のバックナンバーからの再掲記事です。

立花美哉さんプロフィール
1974年 京都府出身 1978年 水泳を始める 1998年 世界選手権デュエット・チーム2位 ソロ3位 2000年 シドニーオリンピック デュエット・チーム銀メダル 2001年 世界水泳 デュエット・チーム金メダル 2004年 アテネオリンピック デュエット・チーム銀メダル 現在現役を引退し、アメリカで指導者として勉強を重ねている
「親の信念」

オリンピックでメダルを獲得するまでに至った立花美哉さん。その影には井村先生に全幅の信頼をよせ、裏方に徹し続けた母・綾子さんの努力もあった。

「一度だけ、私は間違っていたのかもしれないと思ったことがありました。それは私の母(美哉さんの祖母)が亡くなったときでした。ちょうど、ナショナルチームで初めて個人種目に出場するときだったんです。そのときに母が入院したんです」

シンクロに専念して欲しいと願っていた綾子さんは、美哉さんを呼び戻さなかった。また、大会のために葬儀も欠席させたという。


「後になって仏壇に飾った写真の裏に、一目だけでも会いたかったと書いた手紙がはさんであるのを見つけたんです」

美哉さんとしては、合宿を休んでも祖母に会いたかったに違いない。

「そういった人生の節目においては、かわいそうな経験をさせてしまったかも知れません。すべて私の判断でしたことだったのですが、その手紙を見たときは『間違っていたのかな』と思いましたね。日帰りでもいいから帰らせればよかったと・・・」

今では、そのことを反省しているという綾子さんも、当時は信念を曲げず、美哉さんに接していた。後悔することもあるかもしれないが、親もきちんと信念を持つことが子供を導く大切な要素になっていたということだ。
発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ
東京都港区麻布台1-11-3 5F)
鎌田貴俊
★ご意見・ご感想は★
このメールに返信していただければ、私に届きます♪
身長にまつわる情報、お待ちしておりま~す。









【ご利用ガイド&よくあるご質問】
http://www.suku.jp/guide/

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
http://www.suku.jp/account/cancel

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る