ミャンマーでの活動レポートを公開!
 >   >  ミャンマーでの活動レポートを公開!

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

スクスクのっぽくんメールマガジン/ vol.661
ミャンマーでの活動レポートを公開!
【動画】猫背を防ぐ!遠くをタッチ体操
フットサル日本代表・稲葉洸太郎さん第4回
スクスクのっぽくん
商品のご注文はこちらから!

カルシウム商品のご注文
こどもフルーツ青汁のご注文
★定期お届けコースへのご加入、再開もお電話よりお気軽にご連絡ください
※ご注文・ご変更:9:00~21:00(年中無休)/ご質問など:9:00~19:00(土日祝休)
ミャンマーでの活動レポートを公開!
ゲスト さん、こんにちは!
スクスクのっぽくんです。



スクスクのっぽくんでは、スクスクHeartプロジェクトと題し、子供達のココロの成長を応援する活動を行っており、その活動の一つとして、世界の子供達にクツをプレゼントしているNPO法人 SB.Heart Station(以下、SBHS)とともにボランティア活動を行っています。

SBHSでは、全国から寄せられる子供達がもう履かなくなった靴を募集し、その靴達をひとつずつ丁寧に仕分け、現地の信頼出来る機関と連携し、さらに自分たちの手で直接手渡しをしにいくことで、現地の子供達の手に確実に届けるまでの全ての活動を行っています。



今回は、スクスクのっぽくんで同行致しましたミャンマーでの手渡しツアーの様子をまとめたレポートページが完成致しましたので、ご紹介したいと思います。

レポートページには、ボランティア活動の発起人である小川副理事長へのインタビューと合わせて、2日間で2,000足を超える靴を届けてきたレポートを多くの写真とともにご紹介しています。

履かなくなった靴はお子様の成長の証。その大切な思い出が詰まった靴の数々が、必要とする子供達の笑顔に変わる瞬間に立ち会えたことは、同行した私たちスタッフにとっても大きな思い出となりました。



この活動の輪を、スクスクのっぽくんでも微力ながら広げていけたらと考えております。引き続きSBHSの活動をはじめ、子供達の成長に役立つ情報を随時発信していきたいと思いますので、是非今後もスクスクのっぽくんの活動にご注目ください!

※靴のご提供、またはボランティア活動にご興味のある方は、こちらのページより詳しい情報を是非ご覧ください!

スクスクのっぽくん 担任より
【動画】猫背を防ぐ!遠くをタッチ体操

こんな質問やお悩みをよくいただきます。「子供に何度も姿勢を正しなさいと注意するのですが、なかなか直らなくて・・・」。

みなさんがお持ちのこの悩み、実は「姿勢を良くしなさい」と言葉で言っても、ほとんど効果がなくてさらにケンカの素に・・・というのが現実。なぜかというと、筋力がないために姿勢を作ること、維持することが出来ないのです。

どうすればよいかというと、姿勢を意識させるのではなく、運動によって体を鍛えることで、意識しなくても良い姿勢が維持できる体を作ることが大切なのです。そうすればケンカも起こらずに済みますよね?

姿勢の悪い子供の特徴は、やっぱり背中の筋肉が弱いことです。ここを鍛えながら、さらにコミュニケーションを取ることができる、「遠くをタッチ体操」を紹介します!

早速行ってみましょう!

【オススメ】
野菜不足・野菜嫌いのお子様にオススメ! 美味しく飲みやすいこどもフルーツ青汁無料サンプルプレゼント中!


「小学生のときに、やるべきことをやらせてもらったから、今の僕があると思っています」(フットサル日本代表・稲葉洸太郎さん)

サッカーのJリーグは知っていても、フットサルのFリーグの存在を知っている人は少ないだろう。 だが、そのフットサル界で秘かに話題になっているイケメン選手がいる。フットサル日本代表の稲葉洸太郎選手だ。 昨年にブラジルで開催されたフットサル・ワールドカップにも出場し、名実ともにFリーグを代表する選手となった。フットサル界でスターとして輝く稲葉選手に、子供時代から振り返ってもらった。
※本記事は、「プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方」バックナンバーの再掲記事です。

稲葉洸太郎さんプロフィール
1982年12月22日生まれ。フットサル選手。 小・中・高と名門・暁星サッカー部でプレー。高3のときに、サッカー部の仲間とフットサルのチームを設立。その後、フットサル界の強豪・ファイアーフォックスなどを経て、2007年にバルドラール浦安へ移籍。2008年には日本代表として、フットサルW杯に出場した。その華麗なプレースタイルと甘いルックスから、現在のFリーグ(フットサルのトップリーグ)で1、2を争う人気選手。


フットサルへのとまどい

ー突然フットサルの世界に入って、戸惑いはありましたか?



「もちろん、かなり戸惑いはありました。『何だこのプレー』みたいな。最初、僕らはサッカー的なスタイルで、あまり動かないでフットサルをやっていたんです。個人の力で勝てると思って。でも、ある程度のところまで行ったら、勝ちきれなくなった。だから、他の強いチームを見て、あのプレーを取り入れよう、となったんです。このときは自分たちで試行錯誤して、かなり楽しかったですね」

ーみんなが監督のようになって作り上げていったのですね。

「ああでもない、こうでもない、とケンカしながらやっていました。それが2年くらい続いて、全国クラスの大会で優勝するようになった」

ーだんだんフットサル界で噂になっていった感じですか?

「そうですね。『強いチームがあるぞ、生意気なヤツらが現れたぞ』って感じで(笑)」

〜つづく〜
発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ
東京都港区麻布台1-11-3 5F)
鎌田貴俊
★ご意見・ご感想は★
このメールに返信していただければ、私に届きます♪
身長にまつわる情報、お待ちしておりま~す。









【ご利用ガイド&よくあるご質問】
http://www.suku.jp/guide/

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
http://www.suku.jp/account/cancel

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る