6月の平均身長をチェック!
 >   >  6月の平均身長をチェック!

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

スクスクのっぽくんメールマガジン/ vol.660
6月の平均身長をチェック!
【動画】背筋を伸ばして成長サポート!? X背筋体操
フットサル日本代表・稲葉洸太郎さん第3回
スクスクのっぽくん
商品のご注文はこちらから!

カルシウム商品のご注文
こどもフルーツ青汁のご注文
★定期お届けコースへのご加入、再開もお電話よりお気軽にご連絡ください
※ご注文・ご変更:9:00~21:00(年中無休)/ご質問など:9:00~19:00(土日祝休)
6月の平均身長をチェック!
ゲスト さん、こんにちは!
スクスクのっぽくんです。

6月は、日中は非常に暑くなることが多く、梅雨によって湿度が高い日も多いため、寝付きにくい夜も増えがちです。

しかし、夜中や朝方は比較的冷え込みやすく、うっかり薄着で寝てしまうと、風邪をひいてしまうということも少なくありません。

栄養・睡眠・運動にしっかり気を配って、6月も過ごしたいものですね。

それでは、6月の身長をチェックしてみましょう!

6月の平均身長 男の子 女の子
幼稚園年少 99.1 98.3
幼稚園年中 105.6 105.0
幼稚園年長 112.2 111.6
小学校1年生 118.6 117.8
小学校2年生 124.4 123.6
小学校3年生 129.9 129.5
小学校4年生 135.4 135.8
小学校5年生 141.2 142.6
小学校6年生 147.8 148.8
中学校1年生 155.3 153.1
中学校2年生 161.8 155.7
中学校3年生 166.5 157.0

成長期には、栄養・運動・睡眠・愛情といった生活習慣がとても重要となります。

成長期の骨端線のためには、

1. カルシウム、マグネシウム、ビタミンD、タンパク質といった栄養素をしっかりとること
2. 骨端線に適度な刺激を与える運動をしっかりすること
3. 成長ホルモンが最も分泌する3、4段階と呼ばれる深い睡眠をしっかりとること
4. 家族から愛情を受け、のびのびリラックスした状態で過ごすこと

などが、大きなポイントとなると考えられています。

あらためて、栄養・運動・睡眠といった生活習慣を改善して、心も体も成長させていきましょう!

スクスクのっぽくんでは、栄養面のサポートとして『カルシウムグミ』をおすすめしております。

カルシウム、マグネシウム、ビタミンDなど、成長期に不可欠なの栄養素のバランスを考えてつくられた『カルシウムグミ』は、子ども達の成長期を応援致します。

■年齢別の平均身長表はこちらでチェック!
男の子⇒https://www.suku-noppo.jp/data/average_height_boy.html
女の子⇒https://www.suku-noppo.jp/data/average_height_girl.html

スクスクのっぽくん 担任より
【動画】背筋を伸ばして成長サポート!? X背筋体操

猫背になってしまうと、どうしても見た目が小さく見えてしまうものですね。また、勉強や運動をするときも、猫背になってしまうと集中力がなくなってしまったり、うまく体が動かせなかったりと、子供たちにとって猫背は大敵です。

そこで今回は、しっかりと背中の筋肉を使って背骨を支えるための、X背筋体操を紹介します!

背骨は筋肉によって支えられているため、背筋などが弱いと、意識してもうまく姿勢を伸ばすことが難しく、良い姿勢を維持することが出来ません。

トレーニングによって背筋を鍛えて、自然に背骨を立てられるように体作りを行いましょう!それではさっそく、トレーニングを紹介します!

【オススメ】
野菜不足・野菜嫌いのお子様にオススメ! 美味しく飲みやすいこどもフルーツ青汁無料サンプルプレゼント中!


「小学生のときに、やるべきことをやらせてもらったから、今の僕があると思っています」(フットサル日本代表・稲葉洸太郎さん)

サッカーのJリーグは知っていても、フットサルのFリーグの存在を知っている人は少ないだろう。 だが、そのフットサル界で秘かに話題になっているイケメン選手がいる。フットサル日本代表の稲葉洸太郎選手だ。 昨年にブラジルで開催されたフットサル・ワールドカップにも出場し、名実ともにFリーグを代表する選手となった。フットサル界でスターとして輝く稲葉選手に、子供時代から振り返ってもらった。
※本記事は、「プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方」バックナンバーの再掲記事です。

稲葉洸太郎さんプロフィール
1982年12月22日生まれ。フットサル選手。 小・中・高と名門・暁星サッカー部でプレー。高3のときに、サッカー部の仲間とフットサルのチームを設立。その後、フットサル界の強豪・ファイアーフォックスなどを経て、2007年にバルドラール浦安へ移籍。2008年には日本代表として、フットサルW杯に出場した。その華麗なプレースタイルと甘いルックスから、現在のFリーグ(フットサルのトップリーグ)で1、2を争う人気選手。


フットサルと出会ったきっかけ

ーここまでは子供時代の話を中心に話を聞きました。毎朝5時に起きて、サッカーに打ち込んでいたと。では、フットサルを始めたきっかけは、何だったんですか?



「高3のとき、サッカー部の活動が終了して、急に暇になったんですよ。ポカーンって感じで、何をやろうかな、と。それでサッカー部の仲間たちと、『フットサルでもやってみるか』となったんです。チームの名前は、『森のくまさん』。ふざけてますよね(笑)」

ーサッカーは11人対11人なのに対して、フットサルは5人対5人で体育館でやるスポーツ。ボールを蹴るという点ではサッカーと似てますが、異なる点も多いですね。どんな気持ちでフットサルを?

「フットサルって、民間の大会が全国にいっぱいあるんですよ。そういう大会に、賞金稼ぎみたいな感じで、同級生や後輩とチームを作って出たんです。当時は有名なチームがいくつかあって、『オレらで倒そうぜ』って気合が入っていました。最初のモチベーションはそんなものだったんですが、そうしたらいつの間にか日本代表にも呼ばれるようになって」

〜つづく〜
発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ
東京都港区麻布台1-11-3 5F)
鎌田貴俊
★ご意見・ご感想は★
このメールに返信していただければ、私に届きます♪
身長にまつわる情報、お待ちしておりま~す。









【ご利用ガイド&よくあるご質問】
http://www.suku.jp/guide/

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
http://www.suku.jp/account/cancel

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る