有名子育て・暮らし情報誌に掲載!
 >   >  有名子育て・暮らし情報誌に掲載!

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

スクスクのっぽくんメールマガジン/ vol.643
Como2月号に掲載!
良い姿勢を保つエクササイズ
元ラグビートップリーグ選手 大畑大介さん 第1回
スクスクのっぽくん
商品のご注文はこちらから!

カルシウム商品のご注文
こどもフルーツ青汁のご注文
★定期お届けコースへのご加入、再開もお電話よりお気軽にご連絡ください
※ご注文・ご変更:9:00~21:00(年中無休)/ご質問など:9:00~19:00(土日祝休)
Como2月号に掲載!
ゲスト さん、こんにちは!
スクスクのっぽくんです。

この度、スクスクのっぽくんのおすすめ商品が、暮らし情報誌『Como』の2月号「子どもが勉強しやすい環境づくりや入園・入学前の心配ごと」に掲載されました。

これまでも様々なメディアに私たちの活動をご紹介いただきましたが、いつも新聞やテレビ、雑誌等、様々なメディアの方々に関心を持っていただき、その活動が第三者に認められご紹介いただくことをとても嬉しく感じています。

これからも、お子様の成長を応援する活動を続けてまいりたいと思いますので、今後ともスクスクのっぽくんを何卒よろしくお願いいたします!

★スクスクのっぽくんの活動の紹介履歴はこちらからご覧いただけます!
https://www.calciumgumi.jp/media/

スクスクのっぽくん 担任より
良い姿勢を保つエクササイズ

今週のトレーニングは良い姿勢を保つエクササイズです!

今週のトレーニングは体幹の前面、側面、後面をぐるりと一周刺激し、良い姿勢を保っていくためのトレーニングをお伝えします。

~オンラインレッスンNo.69「BBフロントブリッジ」より~
https://www.suku-training.jp/online/lesson69.html
まずは身体の前面から♪
とてもオーソドックスなエクササイズ方法ですが、バランスボールを使うことで体軸を意識しながら行えるハードなトレーニングに早変わりします。
お尻とお腹が抜けないように、しっかり息を吐きながらエクササイズを行いましょう!

~オンラインレッスンNo.47「サイドブリッジ」より~
https://www.suku-training.jp/online/lesson47.html
次は身体の側面のトレーニングです。
先ほどのピラーブリッジで意識した体幹、姿勢を思い出しながらエクササイズを行いましょう♪
お尻とお腹が出ないように。
上に上がる時に呼吸をしっかり吐くのも忘れずに!

~オンラインレッスンNo.94「ハムストリング・カール」より~
https://www.suku-training.jp/online/lesson94.html
そして今回最後のトレーニングは身体の後面のトレーニングです。
プロダンサーにもオススメしているトレーニングです。

姿勢の3つのポイントである、

1.首・肩甲骨
2.お腹
3.お尻・太ももの後ろ

を刺激していくことで良い姿勢でいられるようになります。

今週のオンライントレーニングはいかがでしたか?
猫背など悪い姿勢でいると見た目だけでなく、身体の内側も圧迫されて体調や心にまで影響していきますので、良い姿勢を保っていられるようぜひぜひトライしてみてくださいね!
また来週のオンライントレーニングもぜひお楽しみに♪
【オススメ】
野菜不足・野菜嫌いのお子様にオススメ! 美味しく飲みやすいこどもフルーツ青汁無料サンプルプレゼント中!


「才能があっても、努力しなければそこで終わってしまう。続ける事が一番の才能だと思う。」(大畑大介さん)

ラグビー日本代表として活躍し、ワールドカップにも2度出場した大畑大介さん。抜群のスピードを生かして、TBSのスポーツマンNo.1決定戦では2度も総合優勝。ピッチの外でも一躍有名になりました。その大畑さんに子供時代の食生活やラグビーを始めたきっかけを訊きました。
※本記事は、「プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方」バックナンバーの再掲記事です。

大畑大介さんプロフィール
1975年11月11日、大阪市生まれ。小学校2年からラグビーを始め、東海大仰星高に進学。93年に高校日本代表に選ばれる。50メートル5秒9の俊足を武器に、京都産業大時代に日本代表入りを果たした。98年に神戸製鋼に入社し、99年ラグビーW杯に出場。抜群の身体能力を生かして、TBSのスポーツマンNo.1決定戦で2回優勝(2001年、2003年)した。趣味は2人の娘の育児。


家では、TVでラグビー中継がついていることが多かった。

お父さんがラグビー経験者だそうですが、何かラグビーの英才教育を受けましたか?

「それはまったくないですね(笑)。ただし、家にはグローブやバットではなく、常に楕円のボールがあったんですよ。あと、家ではTVでラグビー中継がついていることが多かった。今考えれば、自然にラグビーに入っていく環境ができていたんですね」


©神戸製鋼コベルコスティーラーズ

小学校3年生のときにラグビースクールに入ったそうですが、地元では有名なスクールだったんですか?

「そうですね。大阪では一番古い由緒あるチームでした。練習は相当きつかったですよ」

なぜ、自宅から1時間もかかるスクールを選んだのでしょう。

「たまたま紹介されたのが、そこだったんです(笑)」

練習がきつかったのに、そのスクールに通い続けられた理由は?

「もともと自分でやると言い出したことだったので、親から『途中で投げ出したらアカンぞ』と言われていた。小学校のときも、中学校のときも、卒業する節目まではきちんとやろう、と子供心に思っていましたね」

ラグビーをやっていることで、まわりから特別な目で見られましたか?

「そうですね。小学校時代、ラグビーをやっている子は学校に誰もいなかったので。まわりはみんな阪神ファン。僕はみんなといっしょなのが嫌だったので、自分だけが違うスポーツをやっているのがむしろ嬉しかった」

子供時代はガキ大将タイプだったのですか?

「普通の子でしたけど、学校では目立っていたと思いますよ。自分で言うのも何ですが、運動神経がいいので、学校の中では存在感がありました」

〜つづく〜
発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ
東京都港区麻布台1-11-3 5F)
鎌田貴俊
★ご意見・ご感想は★
このメールに返信していただければ、私に届きます♪
身長にまつわる情報、お待ちしておりま~す。









【ご利用ガイド&よくあるご質問】
http://www.suku.jp/guide/

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
http://www.suku.jp/account/cancel

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る