乳酸菌で、寒い冬に負けない強さを!
 >   >  乳酸菌で、寒い冬に負けない強さを!

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

スクスクのっぽくんメールマガジン/ vol.635
乳酸菌で、寒い冬に負けない強さを!
動物シリーズ
フランス料理シェフ 三國清三さん 第一回
スクスクのっぽくん
商品のご注文はこちらから!

カルシウム商品のご注文
こどもフルーツ青汁のご注文
★定期お届けコースへのご加入、再開もお電話よりお気軽にご連絡ください
※ご注文・ご変更:9:00~21:00(年中無休)/ご質問など:9:00~19:00(土日祝休)
乳酸菌で、寒い冬に負けない強さを!
ゲスト さん、こんにちは!
スクスクのっぽくんです。

スクスクのっぽくんでは、カルシウムグミをはじめ栄養サポート商品を推奨・開発させていただいていますが、今回はこの冬を元気に乗り切るためにオススメのこどもフルーツ青汁をご紹介したいと思います。



冬を元気に過ごすためにオススメする
「2つの理由」とは?


こどもフルーツ青汁は、野菜嫌い、野菜不足のお子様のために開発され、14種の野菜と4種のフルーツを配合した美味しく続けやすい青汁です。

お子様に安心してご利用いただけるよう、放射性物質検査をはじめ品質管理体制を厳重に管理しており、幼児期から中高生、さらには親御さんにまで広くご愛用いただいている人気の商品です。

冬にオススメの理由その1:
乳酸菌140億個配合!

こどもフルーツ青汁』には、ばい菌とケンカするチカラをつよくする乳酸菌(EC-12)が1杯に140億個、さらにビフィズス菌が6億8000万個入っています。毎日の手洗い、うがい、そして栄養たっぷりの「こどもフルーツ青汁」で、寒い冬と戦う強さを!

冬にオススメの理由その2:
ホットでも美味しい!!


冷たくして飲むイメージが多い青汁ですが、「こどもフルーツ青汁」は、水に溶かして飲むだけでなく様々なアレンジ方法で楽しんでいただけます。ホームページでは、冬にぴったりのあたたかく美味しいアレンジ方法をご紹介していますので、是非ご覧ください。

こどもフルーツ青汁のホットアレンジレシピはこちら♪

いかがでしたか?
いよいよ寒さが本格化してくる年末年始も、体調に気をつけて家族全員で楽しく過ごしたいものですね。

今年も残りわずかではありますが、スクスクのっぽくんスタッフは、寒さに負けずはりきって子供達の成長を応援しつ続けてまいりますので、何かございましたらお気軽にお電話(0120-672-678)またはメール等でご相談いただければ幸いです。

それでは、年末年始もスクスクのっぽくんをよろしくお願いいたします!

スクスクのっぽくん 担任より
動物シリーズ

今回は動物シリーズ。
あのハンマー投げ世界一の室伏選手も、ハイハイなどをトレーニングに取り入れているとおっしゃっていました。

より体幹部分を意識し、手足の協調性をもたして運動していきましょう!

≪オンライントレーニング1・尺取り虫≫
~オンラインレッスンNo.67「尺取り虫」より~
ハンドウォークと言われるエクササイズになります。
より腹筋群を使用し、体幹を意識しながら動いて行きましょう。
太もも裏側もストレッチも出来ますので、運動前のウォーミングアップにも最適です。

≪オンライントレーニング2・とかげ≫
~オンラインレッスンNo.95「再び動物シリーズ・とかげ」より~
肩甲骨・骨盤を連動して動かす為、股関節や背中周りの動きがよくなります。
なるべく手・足ではなく、体幹部分で体を前進させましょう。

≪オンライントレーニング3・ダチョウ≫
~オンラインレッスンNo.101「いきものシリーズ・ダチョウ」より~
股関節の動きを良くしていきます。前屈し両手を足首に置くため、太ももの裏側の柔軟性も高まります。よりおしりの位置を高くして動いていきましょう。

今週のオンライントレーニングはいかがでしたか?
楽しく動物の動きをマネをするだけで、実はすごく体幹が鍛えられるのです。
よく子供たちが四足で追いかけっこしたりしていますが、そういった遊びの中で作られる筋肉が姿勢作りにとても役立っているのです。

それでは今週も、元気にすくトレ頑張りましょう!
【オススメ】
運動後の水分補給には、すくすくトレーニングプロデュースのすぽーつ麦茶がオススメ! 無料サンプルプレゼント中です!


「“食は三代”…子供たちの体や健康は、三代前のおじいちゃんおばあちゃん世代から影響を受けている」(三國清三)

「世界のミクニ」として、日本だけでなく世界をまたにかけて活躍するフランス料理シェフ・三國清三さん。
約10年前からは全国の小学校の子供たちを対象に「KIDSシェフ」という味覚を育てる教室を開催し、食育の重要な担い手として活動をされています。
食を通じてたくさんの子供たちと触れあってきた三國さんが、味覚や食が子どもの成長をいかに左右するのか、そんなことを教えてくださいました。
※本記事は、「プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方」バックナンバーの再掲記事です。

三國清三さんプロフィール
1954年 北海道に生まれる 1969年 15歳で料理人を志し、札幌グランドホテル、帝国ホテル、ローザンヌの「ジラルデ」、ロアンヌの「トロワグロ」など、スイス、フランスなどの三ツ星レストランで修業を重ねる。四ッ谷に「オテル・ドゥ・ミクニ」を開店。 ルレ・エ・シャトー協会の世界5大陸トップシェフに選ばれる。 九州・沖縄サミット福岡蔵相会合の総料理長を務める。 またこの頃から、味覚を通して子供の感性を育てる「KIDSシェフ教室」を開催。以降、食育の普及に力を注ぐ。


「世界のミクニ」に聞く~子供たちを取り巻く食の環境~


「食育」といってもその定義は実にさまざま。なかでも三國さんは“味覚”という観点から食育活動を行っています。 きっかけは99年に出演したNHK番組「課外授業ようこそ先輩」から。

この授業を通して、子供達に味覚の授業が必要だと感じたそうです。
また同じ頃、フランス料理の文化的保持のためシェフたちが発足した「フランス高級料理組合」に加入し、子供の味覚教育に取り組むようになりました。

約10年にもわたり活動を続けている三國さんに、まずは現在の食環境についてお話を伺いました。

「今の食環境を把握するためには、戦後から日本の食がどう変化してきたかを理解しなければいけません。
日本人はもともとお米を食べる民族でしたが、戦後、政策により田んぼを減らしたり学校給食にパンを導入したりして、子供たちがお米を食べる機会が極端に減ってしまいました。
そして日本食離れがすすんだ。その食の変化が免疫力の低下に繋がり、成人病や花粉症、アトピーやアレルギーなどさまざまな現代病を引き起こしているのではないかと思います。
昔の日本人は大豆からできたお味噌や漬け物など発酵食品をよく食べていました。
でも日本食を食べなくなってから、本来の日本人の体質にあった善玉菌を体内にとりこむことができず、悪玉菌を退治できなくなったんです。そういうことも原因のひとつになり、現代病にかかりやすくなったんですよ」

現代病は深刻な問題で、とくに今は子供たちへの影響が心配されていますよね。

「僕はよく“食は三代”と言っています。 この言葉の意味は、子供たちの体や健康は、三代前のおじいちゃんおばあちゃん世代から影響を受けているということです。
戦後をひとつの分岐点と考えると、まさに食の変化が始まったころですよね。そしてお父さんお母さん世代では、ファーストフードやジャンクフードが登場し、飽食の時代が始まりました。この劇的な変化が子供たちの体に大きな影響を与えています。 この問題は日本だけでなく世界レベルでおきていた問題でした。そこで85年頃からイタリアで始まったスローフード運動を機に、食育が普及していったんです。
僕たちが今の食を大切にすれば、また三代かかるかもしれないけど、きっといろいろな問題が改善されると思います」

〜つづく〜
発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ
東京都港区麻布台1-11-3 5F)
鎌田貴俊
★ご意見・ご感想は★
このメールに返信していただければ、私に届きます♪
身長にまつわる情報、お待ちしておりま~す。









【ご利用ガイド&よくあるご質問】
http://www.suku.jp/guide/

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
http://www.suku.jp/account/cancel

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る