雑誌『Como』他2誌で紹介されました!
 >   >  雑誌『Como』他2誌で紹介されました!

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

スクスクのっぽくんメールマガジン/ vol.605
雑誌『Como』他2誌で紹介されました!
骨盤・ウエスト
元五輪テニス日本代表
浅越しのぶさん 第6回
スクスクのっぽくん
商品のご注文はこちらから!

カルシウム商品のご注文
こどもフルーツ青汁のご注文
★定期お届けコースへのご加入、再開もお電話よりお気軽にご連絡ください
※上記のボタンよりスマートフォンでお電話をいただいた場合は、0120-672-678につながりますのでご了承ください。
※ご注文・ご変更:9:00~21:00(年中無休)/ご質問など:9:00~19:00(土日祝休)
雑誌『Como』他2誌で紹介されました!

ゲスト さん、こんにちは!
スクスクのっぽくんです。


先日、カルシウムグミをはじめとした、スクスクのっぽくん推奨商品が、雑誌『Como(主婦の友社)』をはじめ『のびのび子育て(PHP出版)』『からだにいいこと(祥伝社)』で紹介されました!


これまでにも、スクスクのっぽくんの活動は、テレビ取材をはじめ新聞、教育系の雑誌、スポーツ系の雑誌、女性誌等々、様々な媒体に取り上げられてきましたが、こうして私たちの活動が多くの方々の目に触れる場所で認められ、紹介されることはとても嬉しいことです。

これまでのメディア紹介履歴はこちらから♪

これからも、私たちの活動理念を多くの方々にお役立ていただくために、微力ではありますが、一つずつ丁寧に有益な情報を発信したいと考えております。

今後ともスクスクのっぽくんをよろしくお願い致します!

スクスクのっぽくん 担任より
骨盤・ウエスト

今週のオンライントレーニングは「骨盤・ウエスト」です。

近年コアトレーニングというキーワードと共に骨盤という言葉への関心がとても高くなっています。

古くは丹田なども含め、人間の重心があるとされる骨盤の中や周辺を鍛えていくことで、姿勢やラインを良くするとともにパフォーマンスのアップも目指していきましょう。

今回はシンプルなエクササイズを通して骨盤・ウエストを鍛えていきたいと思います。

≪オンライントレーニング・ヒップウォーク!≫
~オンラインレッスンNo.03「骨盤のバランスを整える」より~
このエクササイズは一度は目にしたことがあるかも知れません。シンプルですが、その効果は絶大で、特にお子様への効果が強いようです。
坐骨で歩いていくようなイメージでしっかりウエストを引き上げ前に後ろに進んで行きましょう。
前10歩、後ろ10歩を3セットくらいを目安に毎日行ってみましょう。

≪オンライントレーニング2・骨盤を前後に動かす!≫
~オンラインレッスンNo.16「バランスボール・ペルビックチルト」より~
今度はバランスボールを使って骨盤を前後に動かしていきます。骨盤は上半身にとって土台となる部分ですので、骨盤が倒れることにより背骨が曲がっていく、反っていくのを体感してみましょう。
骨盤の位置が正しい場所にあることで上半身も自然と正しい位置に収まることも体感していただけると嬉しいです。

≪オンライントレーニング3・骨盤を左右に動かす!≫
~オンラインレッスンNo.17「ダバランスボール・ラテラルチルト」より~
今回の家トレ最後は骨盤を左右に動かす、です。歩いたり自転車に乗っている時など、人間は巧みに骨盤を動かし進んでいます。
前後左右の動きがズレたり正しく出来ないことで足や腰などにも負担が掛かり、また姿勢も悪くなっていきます。
左右に意識的に動かす機会は日常生活でもあまりありませんのでここでしっかり動かしていきましょう。
左右同じように動かせるように要練習です!

今週の家トレはいかがでしたか?
姿勢を改善するためにも骨盤は重要なキーワードですので、ぜひこの機会にエクササイズしてみてくださいね。

来週もお楽しみに!
【オススメ】
スポーツに熱中した運動後の水分補給には、すくすくトレーニングプロデュースのすぽーつ麦茶がオススメ! 無料サンプルプレゼント中です!


元五輪テニス日本代表 浅越しのぶさん

アテネ五輪の女子テニスダブルスでベスト4になるなど、日本を代表するプレイヤーとして活躍していた浅越しのぶさん。現在は2人の子どものママさんとして毎日奮闘中です。
そんな浅越さんですが、小さい頃は「あたりが暗くなるまで、外で駆け回っていた」というほど元気な女の子だったのだとか。
そこで、今回は浅越さんの小さい頃からプロとして活躍されていたときのこと、また、現在の子育ての様子などについてお話を伺いました。
浅越しのぶさんプロフィール
1976年生まれ。兵庫県赤穂郡上郡町出身。園田学園中学校への入学をきっかけに硬式テニスを開始。’97年にプロ転向。’04年、カナディアン・オープンで杉山愛とのペアでダブルス優勝。その後のアテネ五輪ではダブルスベスト4と大活躍した。’06年に現役引退を発表。翌年結婚し、’11年に長女を、’14年に長男を出産。現役時代の自己最高ランキングはシングルス21位、ダブルス13位。WTAツアーで3度のシングルス準優勝、ダブルスで8勝を挙げた。
「繰り返し」の作業が、何よりも大切

プロになってからは生活の中でどんなことを注意されていましたか?

「プロになってからは専属のコーチに一緒に帯同してもらっていたんです。また、グランドスラムのような大きな大会に出る前にはトレーナーにも帯同してもらって、3人体制で回っていましたね。そういう環境ができてからは、朝起きて食事をして、練習とトレーニングをして、体のトリートメントをして……と、毎日ルーティンで過ごしていくことができました。テニスプレイヤーというのは一見派手な印象に見えると思うんですが、実際は毎日毎日同じことの繰り返しで、やってることは地味だったりするんです(笑)。」

逆を言えば、その繰り返しというのがとても重要ということになりますね。

「そう思います。繰り返しやることで集中力も高まりますし、平常心を保つこともできるようになりますから。「今日はこれもやったし、あれもやったし……」というように、成果が目に見えるというのもメリットですね。今から考えたら「よくあんなことをやっていたな」という想いもありますが(笑)。とにかく、同じことの繰り返しですからね。食事についてはいろいろなものを食べるようにはしてたんですが、基本的に毎日ほぼ外食じゃないですか。でも、試合前とかになると普段のパン食だとパサパサして喉を通りにくいので、コーチが持参した炊飯器でおにぎりを作ってくれたりして。お味噌汁は簡易的な固形のもので作るんですが、外国で飲むとすごくおいしいんです。そのように、毎日工夫をしながら過ごしていましたね。」

~つづく~
発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ
東京都港区麻布台1-11-3 5F)
鎌田貴俊
★ご意見・ご感想は★
このメールに返信していただければ、私に届きます♪
身長にまつわる情報、お待ちしておりま~す。









【ご利用ガイド&よくあるご質問】
http://www.suku.jp/guide/

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
http://www.suku.jp/account/cancel

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る