3月の平均身長をチェック!:身長を伸ばそう!スクスクのっぽくん通信簿
 >   >  3月の平均身長をチェック!

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

【スクスクのっぽくん通信簿】vol.543
スクスクのっぽくん通信簿
1時間目
担任のつぶやき
3月の平均身長をチェック!
2時間目
すくトレワンポイントレッスン
【動画】マラソンや走る動きを改善する体幹トレーニング
3時間目
プロフェッショナルに聞く!
“生きる力”の育て方
女子バスケットボール日本代表 渡嘉敷来夢選手
第6回:子どもでも、栄養補助食品は必要
スクスクのっぽくんの商品のお求めがさらに便利に!
商品のお求めには、スクスクのっぽくんカルシウムショップページが便利!より一覧性が高く、お求めやすくなったショッピングページを是非ご利用ください。
カルシウム商品のご注文はこちら
【3歳~6歳向け】にこにこカルシウムのご注文はこちら
「3月の平均身長をチェック!」 ゲスト さん、こんにちは!
スクスクのっぽくんです。

明日はいよいよひなまつりですね!
健やかな成長をお祝いするこの日、子ども達の笑顔を見れば、家族みんなが元気になれるもの。
来る新年度に向けて、スクスクのっぽくんからも健やかな成長を心よりお祈り申し上げます!

それでは、2014年も新学期がもう間近!
3月の身長をチェックしてみましょう!

3月の平均身長 男の子 女の子
幼稚園年少 104.0 103.4
幼稚園年中 110.5 110.0
幼稚園年長 117.2 116.3
小学校1年生 123.0 122.2
小学校2年生 128.6 128.0
小学校3年生 134.1 134.1
小学校4年生 139.6 140.9
小学校5年生 145.9 147.5
小学校6年生 153.5 152.4
中学校1年生 160.5 155.2
中学校2年生 165.8 156.8
中学校3年生 168.7 157.3

成長のためには、栄養・運動・睡眠といった生活習慣がとても重要となります。

骨端線が成長するためには、

1. カルシウム、マグネシウム、亜鉛、タンパク質といった栄養素をしっかりとること
2. 骨端線に適度な刺激を与える運動をしっかりすること
3. 成長ホルモンが最も分泌する3、4段階と呼ばれる深い睡眠をしっかりとること


が、大きなポイントとなるからです。

あらためて、栄養・運動・睡眠といった生活習慣を改善して、心も体も成長させていきましょう!

スクスクのっぽくんは、栄養面のサポートとして『カルシウムグミ』をおすすめしております。

バランス良い食事を摂ることは大切ですが、“食事で摂りきれない部分を補う”という意味で、カルシウム、マグネシウム、亜鉛などの栄養素のバランスを考えてつくられた『カルシウムグミ』をご活用いただければ幸いです。

スクスクのっぽくん 担任より


スクスクのっぽくんの商品のお求めがさらに便利に!
商品のお求めには、スクスクのっぽくんカルシウムショップページが便利! より一覧性が高く、お求めやすくなったショッピングページを是非ご利用ください。
カルシウム商品のご注文はこちら
【3歳~6歳向け】にこにこカルシウムのご注文はこちら
【動画】マラソンや走る動きを改善する体幹トレーニング

今年の東京マラソンも大いに盛り上がりました!
毎年完走や記録更新を目指してトレーニングされている方が増え、子供たちもいっしょになって走っている姿が見えました。

そこで今回は、マラソンや走る動きが得意になる体幹トレーニングをご紹介します

ターゲットはお尻の筋肉です!
股関節をしっかりと動かすことによってお尻の筋肉を鍛え、
走るときに地面の上をスムーズに押していける動きを身につけましょう。

それではさっそく、Let’s Try!

【オススメ】
運動後の水分補給には、すくすくトレーニングプロデュースのすぽーつ麦茶がオススメ! 無料サンプルプレゼント中です!




昨年11月、バンコクで開催された女子バスケットボールのアジア選手権で、43年ぶりの優勝に貢献し、大会MVP、ベスト5に選出された渡嘉敷来夢さん。所属するWリーグのJX-ENEOSサンフラワーズでも大活躍!まさに、現在の日本の女子バスケ界を牽引する選手のおひとりです!そんな渡嘉敷さんですが、実は小さい頃、お兄様の影響で様々なスポーツをやっていた経験があったのだとか。彼女とスポーツの関係について、お話を伺いました!


渡嘉敷来夢選手プロフィール
1991年埼玉県生まれ。Wリーグ・JX-ENEOSサンフラワーズ所属。中学生でバスケットボールをはじめ、その後名門・桜花学園高校に進学。 ‘08年には史上最年少の16歳で北京五輪代表候補に選出。‘10年、JX日鉱日石エネルギーに入社。‘13年、日本代表としてアジア選手権で43年ぶりの優勝に貢献。大会MVP、ベスト5に選出された。

「子どもでも、栄養補助食品は必要」 ーということは、食事の大切さを実感したのは、最近のこと?



「高校のときから寮生活なので、1日の食事はしっかり摂っていたんですが、大切さを感じたのは、やっぱり実業団に入ってからですね。特に、最近はバスケだけでなく、トレーニングにも力を入れているので、エネルギーをどのようにチャージするかはすごく重要な問題なんです。例えば、身体に筋肉をつけるためには、トレーニング直後の30分の間に良質なたんぱく質を摂らないといけません。でも、食事の時間って、そこまでタイミング良く出てきたりしないですよね。だから、トレーニング直後は自分でプロテインを摂って栄養を補ったりしています。またプロテイン以外でも、試合中などのエネルギーが不足しているときは栄養価の高いゼリーで補給したり、遠征などで食事が片寄りそうなときはタブレットを積極的に飲むようにしています。」

ー運動をしている10代の子どもたちも、そのような栄養補給はした方がいいのでしょうか。

「確かに、栄養士の方のお話では、最近では中高生の選手もプロテインやタブレットで補助的に栄養を摂るケースが多いという話を聞いたことがあります。その中でも、私の実感としては、カルシウムは本当に重要だと思っています。というのも、私の場合、高校のときもずっと身長が伸び続けていて、骨の成長が追い付いていなかったんです。だから、無理に練習をするとすぐオーバーワークになってしまって。そういうときは、先生が「骨を折らないように」って、小魚を食べさせてくれて(笑)。カルシウムのことは今でも気にしていて、1日に牛乳をたくさん飲むようにしていますね。」

~つづく~
発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ)
鎌田貴俊
★ご意見・ご感想は★
このメールに返信していただければ、私に届きます♪
身長にまつわる情報、お待ちしておりま~す。

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
http://www.suku.jp/account/cancel

★【スクスクのっぽくん通信簿】のバックナンバー↓★
https://www.suku-noppo.jp/melmaga/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る