あけましておめでとうございます!:身長を伸ばそう!スクスクのっぽくん通信簿
 >   >  あけましておめでとうございます!

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

 

【スクスクのっぽくん通信簿】vol.483

 

スクスクのっぽくん通信簿
1時間目
担任のつぶやき
あけましておめでとうございます!
2時間目
すくトレワンポイントレッスン
骨盤・ウエスト
3時間目
プロフェッショナルに聞く!
“生きる力”の育て方
ビーチバレーボール選手 菅山かおるさん 第4回

「あけましておめでとうございます!」

ゲストさん、こんにちは!
スクスクのっぽくんです。

新年、明けましておめでとうございます。

私は、毎年瀬戸内海に浮かぶ小さな島に帰省するのですが、
今年は晴天で海も穏やかな年末年始でした。

親戚の子供たちが10人近く集まるので家の中は穏やかではなかったですが(笑)、子供たちの1年間の成長を感じたり、笑顔を見ているだけで毎年大きなパワーをもらっているような気がします。

しかしながら、楽しい年末年始を過ごして帰ってきたと思ったら、3日の夜から体調を崩し、下痢と発熱を起こしてしまいました。
子供たちからパワーをもらったはずですが、お年玉出費の心労がたたったのでしょうか…。

4日に初出勤でしたが、冴えない状態にマスク姿でスタッフのみんなに迷惑をかけてしまいました。

誠に情けない限りですが、まずは早く完治させて、今年は再度体調を崩さないよう管理をしっかりしていきたいと思います。

みなさんは体調には十分気をつけて、良いスタートを切って下さいね♪

それでは、今年も1年何卒よろしくお願い致します!

スクスクのっぽくん 担任より

★年に一度の福袋キャンペーン中♪★
のっぽくんグッズを詰め合わせ! お買い得福袋をお届け!
新年からの新しい生活習慣をサポートする「のっぽくんオススメグッズ」を詰め合わせた福袋! この機会に是非ご利用ください!
福袋ご紹介ページはこちら
骨盤・ウエスト 今週のオンライントレーニングは「骨盤・ウエスト」です。

近年コアトレーニングというキーワードと共に骨盤という言葉への関心がとても高くなっています。

古くは丹田なども含め、人間の重心があるとされる骨盤の中や周辺を鍛えていくことで、姿勢やラインを良くするとともにパフォーマンスのアップも目指していきましょう。

今回はシンプルなエクササイズを通して骨盤・ウエストを鍛えていきたいと思います。

≪オンライントレーニング・ヒップウォーク!≫
~オンラインレッスンNo.03「骨盤のバランスを整える」より~
このエクササイズは一度は目にしたことがあるかも知れません。シンプルですが、その効果は絶大で、特にお子様への効果が強いようです。
坐骨で歩いていくようなイメージでしっかりウエストを引き上げ前に後ろに進んで行きましょう。
前10歩、後ろ10歩を3セットくらいを目安に毎日行ってみましょう。

≪オンライントレーニング2・骨盤を前後に動かす!≫
~オンラインレッスンNo.16「バランスボール・ペルビックチルト」より~
今度はバランスボールを使って骨盤を前後に動かしていきます。骨盤は上半身にとって土台となる部分ですので、骨盤が倒れることにより背骨が曲がっていく、反っていくのを体感してみましょう。
骨盤の位置が正しい場所にあることで上半身も自然と正しい位置に収まることも体感していただけると嬉しいです。

≪オンライントレーニング3・骨盤を左右に動かす!≫
~オンラインレッスンNo.17「ダバランスボール・ラテラルチルト」より~
今回の家トレ最後は骨盤を左右に動かす、です。歩いたり自転車に乗っている時など、人間は巧みに骨盤を動かし進んでいます。
前後左右の動きがズレたり正しく出来ないことで足や腰などにも負担が掛かり、また姿勢も悪くなっていきます。
左右に意識的に動かす機会は日常生活でもあまりありませんのでここでしっかり動かしていきましょう。
左右同じように動かせるように要練習です!

今週の家トレはいかがでしたか?
姿勢を改善するためにも骨盤は重要なキーワードですので、ぜひこの機会にエクササイズしてみてくださいね。

来週もお楽しみに!

 

「大好きなバレーボールを、両親が与えてくれました」(菅山かおる)
「かおる姫」の愛称でインドアバレー日本代表として活躍。その後、ビーチバレーに転向し、新たな目標に向かってチャレンジしている菅山かおるさん。2011年は、同じビーチバレー選手である西村晃一さんとご結婚され、10月には待望の第一子も誕生! 現在1歳の子どものママとしても奮闘される毎日だとか。現在、菅山さんが子育てで大切にしているのが、「両親が自分にしてくれたような、厳しさとやさしさ」。そんな菅山家の育児法についてお話を伺います!

菅山かおるさんプロフィール
1978年、宮城県生まれ。幼稚園時代にバレーボールに目覚め、小学校3年生からスポーツ少年団に入団。高校時代には春の高校バレーで優勝を経験。その後、小田急からJTに移籍し、05年のワールドグランプリでは全日本デビューを飾る。08年、インドアバレー界を引退。2009年からは新たにビーチバレー界での活躍を目指している。

『食べること』を我慢できなかった妊娠中 そして、ビーチに転向して2年後の昨年、そのきっかけとなった旦那さんとご結婚して、秋にはお子さんもご出産されました。

「実は最初、妊娠にまったく気づいていなくて、平気で試合に出ていました。つわりもほとんどなくて、たまに車に乗ったときに気持ち悪くなる程度だったので「……車酔いがひどいな」という感覚だったのです(笑)。」

妊娠中、特に気を付けていたことは?

「仕事柄、太りすぎないように旦那さんや周りの人たちにも言われていました。でも、病院に検診に行くと、先生から「そこまで気にしなくて大丈夫」と言われて。それでも気を付けていたんですが……最後の1か月は「大丈夫って言われているんだから、もう我慢しないで食べよう!」と思ってしまって(笑)。
旦那がいないときに隠れてお菓子を食べていたら、最終的にはベスト体重を2キロを上回ってしまいました。隠れて食べていた分、誰にも相談できないですし、「どうしよう……!」と本当に困ってしまいました(笑)。
一方で、スポーツ選手が出産するときにはよくあることなのですが、子宮の筋肉が開かなくなってしまい、結果的に難産になってしまったのです。それは、自分が太ったこととはまったく関係ない問題だったのですが、旦那は太ったことをネタにして「最後に食べすぎたのが原因なんだよ」「罰が当たったんだ」と(笑)。
でも、そんなことを言いながらも、出産にかかった3日の間ずっと付き添って、体をさすってくれたりしてくれました。不安だった部分もありましたから、旦那さんそばにいてくれたのは本当にうれしかったですね。」

~つづく~

 

発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ)
鎌田貴俊
★ご意見・ご感想は★
このメールに返信していただければ、私に届きます♪
身長にまつわる情報、お待ちしておりま~す。

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
http://www.suku.jp/account/cancel

★【スクスクのっぽくん通信簿】のバックナンバー↓★
https://www.suku-noppo.jp/melmaga/

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る