子供の健康と鉄分:身長を伸ばそう!スクスクのっぽくん通信簿

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

【スクスクのっぽくん通信簿】vol.426
スクスクのっぽくん通信簿
1時間目
担任のつぶやき
子供の健康と鉄分
2時間目
お子様の成長に役立つ!
「のっぽくんQ&A」
身長と睡眠の深さにはどのような関係があるのでしょうか?
3時間目
すくトレワンポイントレッスン
姿勢改善トレーニング
4時間目
プロフェッショナルに聞く!
“生きる力”の育て方
牧阿佐美バレヱ団ダンサー・青山季可さん
第5回:バレエダンサーと姿勢
「子供の健康と鉄分」 ゲストさん、こんにちは。
スクスクのっぽくんです。

スクスク健康に生活していらっしゃいますか?
今回は、皆さんおなじみの栄養素「鉄分」についてお話しようと思います。
鉄分という栄養素は良く聞く機会はありますが、今、子供達の成長に関してとっても注目されているので、これを機会に是非お役立て下さい。

【鉄分が不足するとどうなる?】
鉄が不足すると脳を含め、全身が酸素不足となるため、様々な症状が出ます。

■身体
・運動をするとすぐに息切れをしてしまう
・疲れやすい

■脳・神経系
・イライラしやすい
・集中力低下
・無気力

更に血液の濃度が低くなるため、顔色が悪い、瞼の裏が白くなるといったことも起こります。

【普段鉄分をどのくらい摂っていますか?】
鉄分は成長期の子供のほとんどが不足している状態です。
特に、月経のある女子では充足率が著しく低い傾向にあります。
鉄を含む食材は、多くありますが、吸収率が5%~35%程度ととても低く、十分摂取するのはなかなか難しいのです。

【1度にたくさん摂れば問題ない?】
鉄の吸収は体の中でうまくコントロールされています。
すでに体の中に多く鉄が存在していれば、鉄の吸収率は下がります。
成長期は鉄が不足しやすいからといって、一度にたくさん摂ってもあまり吸収されないため意味がありません。
常に体に十分な鉄を備えておくポイントは、成長期はもちろんのこと、長期的に見て少量でも毎日継続して摂ることです。

【成長期に鉄分が必要な理由】
・急激な成長に伴い、鉄の必要量が増える
・生理によって鉄の喪失量が増える(女子)
・スポーツによって鉄の必要量・喪失量が増える
・その他:ジャンクフードなど、不規則な食事では十分な鉄の供給が出来ない!!

鉄を上手に補給することで、体中に十分な酸素を供給し、心身ともに健全な成長を促しましょう!

スクスクのっぽくん 担任より

「身長と睡眠の深さにはどのような関係があるのでしょうか?」 子どもの成長にとって非常に大切な成長ホルモンのほとんどは、夜寝ているときに分泌されます。

睡眠初期の深い眠りの時期に分泌が多く、血液中の成長ホルモン濃度はピークに達します。

ですので、睡眠時間を十分にとっ たとしても、睡眠が浅かったり途中で睡眠を妨げられたりすると、成長ホルモンの分泌が悪くなり、身長の伸びの妨げになる可能性もでてきます。

また、睡眠中は縦方向からの重力から開放され、骨を休めることになり、更に、成長ホルモンの分泌は、立っているときよりも横になっているときの方が高くなります。とても大事な時間なのです。

身長を伸ばすためにはバランス良く栄養を摂取すること、適度に毎日運動することももちろん重要ですが、伸びるタイミングは睡眠中が主となります。

「身長は寝ている間に伸びる」といっても過言ではないと思います。

最近の日本の子どもはTVゲームの普及、運動不足、ストレス他の影響で睡眠の質が悪く、長さも短くなってきているという統計もあります。

睡眠の質を高めたり、睡眠時間を確保する方法はいろいろとあると思います。本人に合った方法で出来るだけ質の良い睡眠がとれるように、十分な睡眠時間が確保できるように心がけて下さい。


姿勢改善トレーニング 今週は初心に帰り、姿勢改善トレーニングです。
どんなスポーツ選手も姿勢が悪い人はいません。

まずは今の御自身の姿勢をチェックし、そこから改善をしてみましょう。
まずは自分の状態を知る事が大切です。

姿勢と運動には密接な関係があり、姿勢が良くなると筋肉を効率よく動かせるようになります。

では、レッツトライ!!!

≪オンライントレーニング1・まずは姿勢をチェック≫
~オンラインレッスンNo.1「自宅でやってみよう姿勢チェック方法」より~
まずは自分がどのタイプなのか評価していきます。正面からと横からとチェックします。
動いた時の評価の仕方も載っていますので、是非試してみてください。

≪オンライントレーニング2・日本人はなりやすいO脚≫
~オンラインレッスンNo.06「O脚改善エクササイズ」より~
日本人で多くの方がなっているという、O脚。
後天的な要素としては、膝、足首の痛み。少しでも意識すれば改善できます。
日常生活で使わない太もも内側を意識してみましょう。

≪オンライントレーニング3・机に向かう時の姿勢、大丈夫ですか?≫
~オンラインレッスンNo.07「猫背改善エクササイズ」より~
日常生活の癖と言われている猫背。机に向かう時の姿勢はかなりの確率で猫背になっています。背中が丸くなると内臓が圧迫され、食欲不振にもつながります。
姿勢を正して、おいしくご飯を食べれるようにしましょう。

今週のトレーニングはいかがでしたか?
スポーツするにも姿勢がいかに大切かを感じて頂けたでしょうか?
もっと姿勢を意識して、日常生活も過ごしやすくなるように心がけましょう♪
すくすくトレーナー 高橋


牧阿佐美バレヱ団のダンサーとして、数々の舞台で主役を務めている青山さん。ただ楽しくてバレエを続けていた少女が、プロのダンサーに憧れ、夢を叶えていく……。そこにはどんな物語があったのか、子ども時代のお話から伺いました。

青山季可さんプロフィール
東京都出身。3歳からバレエをはじめる。9歳から5年間にわたり牧阿佐美バレヱ団『くるみ割り人形』のクララ役を踊り、注目を浴びた。英国ロイヤル・バレエ学校、ハンブルク・バレエ学校に留学し、その後卒業。2001年に牧阿佐美バレヱ団に入団。06年に『白鳥の湖』で主役デビュー、その後『ロミオとジュリエット』、『眠れる森の美女』、『ドン・キホーテ』ほか数々の舞台で主役を務め、バレエ団を代表するダンサーの一人として活躍している。

「バレエダンサーと姿勢」 バレエ・ダンサーならではの美しい姿勢は、多くの人が憧れるところです。



「いえ、実は私猫背なんです! 気を抜くとつい姿勢が悪くなる……。でも、姿勢が悪かったり、腹筋を使わずにいたりすると、踊りにくいもの。姿勢ってとても大事なんです」

12月には毎年恒例の『くるみ割り人形』に出演。子どもの頃に憧れた、夢の世界の主人公、金平糖の精を踊ります。

「牧阿佐美バレヱ団の『くるみ割り人形』(三谷恭三演出・振付)は、装置も衣裳もとても豪華で立体的。大人の方も存分に楽しんでいただける舞台です。」

~つづく~

発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ)
鎌田貴俊
★ご意見・ご感想は★
このメールに返信していただければ、私に届きます♪
身長にまつわる情報、お待ちしておりま~す。

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
http://www.suku.jp/account/cancel

★【スクスクのっぽくん通信簿】のバックナンバー↓★
https://www.suku-noppo.jp/melmaga/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る