アンケートで判明!花粉症が子供に遺伝?!:スクスクのっぽくん
 »  先輩ママの知恵袋 » ママたちが回答!リアルアンケート結果 » アンケートで判明!花粉症が子供に遺伝?!
分かる!役立つ!先輩ママの知恵袋
連載:ママたちが回答!リアルアンケート結果
今回のテーマ

アンケートで判明!花粉症が子供に遺伝?!

子どもの身長、体重、成長に関する情報サイト「スクスクのっぽくん(www.suku-noppo.jp/)」では、今回ママたちにアンケート調査を行ったところ、なんとお子様の「花粉症」も深刻化していることが判明しました。

 

アンケート結果まとめ

  1. 約半数のお子様が「花粉症」と回答!
  2. そのうち、85%が10歳前に発症
  3. 親が花粉症だと子供もなりやすい?
  4. 対策するには、3つの「バリア」が重要だった?!
 

※アンケート:回答者数255名、0歳〜20歳のお子様を持つ親御様対象。期間:2017年12月27日〜2018年1月7日

約半数のお子様が「花粉症」と回答!!

「花粉症かもしれない」を含めると、実に約半数のお子様が花粉症にかかっていることがわかりました。ここ数年、国民病とも呼ばれるほどに拡大している花粉症は、例外なく子供たちにまで影響を及ぼしているようです。

そのうち、85%が10歳前に発症

「花粉症にかかっている」「花粉症かもしれない」と答えた人のうち、なんと約85%の方が10歳未満で花粉症を発症しています。

驚くべきは、乳幼児(0歳〜3歳)で症状を感じている人が全体の3割をしめているということ。

親が花粉症だと子供もなりやすい?!

お子様が「花粉症にかかっていない」と答えた人の約6割は、親御様も「花粉症にかかっていない」と回答。

対して、お子様が「花粉症にかかっている(もしくは花粉症かもしれない)」と答えた人の約8割が親御様も「花粉症にかかっている(もしくは花粉症かもしれない)」との回答結果が。

一概には言えませんが、遺伝や生活環境も花粉症に大きく影響しているのかもしれません。

実施している花粉症対策について!

ご家庭で行っている花粉症対策についての質問には、「手あらい・うがい」「マスク」が全体の20%前後と多かったものの、食事・食品での予防については約4%に留まり、内側対策への意識はやや低い傾向にありました。

しかし、「ヨーグルトや発酵食品って効くの?」など、多くの方が「食事での対策」について興味を持っているとの結果に。

実際に対策になる食事や食材はあるのでしょうか?管理栄養士の磯村さんにお答えいただきました!

食事で対策!ポイントは、「バリア」と「戦うチカラ」

花粉対策として初めに思い浮かぶ「マスク」や「メガネ」といった外側からのケア。マスクやメガネで守っている部分は身体への入り口でもあるため、「花粉を体内に入れない」という意味ではこれらの対策はとても有効です。

しかし、どんなに外的なケアをしていても、花粉は体内に入ってきてしまいます。そこで気にしたいのが「粘膜」のケアです。

粘膜のケアで侵入をガード!

特に目や鼻、喉は外界とも接することが多く粘膜がむき出しの状態です。

この部分が乾いていると傷がつきやすく、花粉やその他の菌も侵入しやすくなります。

粘膜の潤いを保つには、いわゆる「ねばねば食材」や「ビタミンA(βカロテン)」をしっかり摂ることが大切です。

「ビタミンA(βカロテン)」は、緑黄色野菜に多く含まれていますので、この時期はより意識して摂取するようにしましょう。

侵入者を攻撃するなら!腸内を健康に!

そして、最後のバリアのキーワードは「腸」にあります。

私たちの体は、免疫細胞によって守られています。実は、免疫細胞のうち約80%が「腸」に存在していると言われています。

負けないチカラをつけるためにも、腸内環境を常に良い状態に整えておきましょう。そのための第1歩として「腸内の善玉菌を優位にする」ことが挙げられます。

善玉菌とは、「乳酸菌」を代表とした体にとって有益な働きをするものを指します。乳酸菌は、ヨーグルトやお漬物などの発酵食品から摂ることも可能です。

さらに、乳酸菌のエサとなる食物繊維をしっかり摂ることも大切です。

毎日の食事で身体に「スキ」を与えないこと

花粉も風邪も大切なのは「毎日のケア」です。症状が重い場合や普段と身体の様子が違うなと感じたら、迷わず病院にかかることも大切な選択肢の一つです。

しかし、毎日のちょっとしたケアが対策として役立ちますので、是非実践してみてくださいね。

sawako
この記事の先輩ママ:
サワコ
プロフィール:
現在、高校生と小学生の2人の子供のママ。お子様の健康と成長のためにカルシムグミを愛用して10年になります!ママたちの「気になる」を調査してまいります♪instagramでも毎日のお弁当を中心に配信中!お気軽にコメントいただけると嬉しいです!→スクスクのっぽくんママスタッフ instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る