乳幼児は注意を!RSウイルス :スクスクのっぽくんスクスクのっぽくん
 »  スクスクNews » 乳幼児は注意を!RSウイルス

乳幼児は注意を!RSウイルス

夏の3大感染症といえば、手足口病・ヘルパンギーナ・プール熱がありますが、実は乳幼児を中心にRSウイルスが流行しているとして福島県が注意喚起を行っています。
そこで、RSウイルスとはどんな病気なのか、どういった対策が必要なのかをご紹介します。

RSウイルス感染症とは

呼吸器の感染症であるRSウイルス感染症は、年齢を問わずに何度も感染を繰り返し、特に生後1歳までに半数以上、2歳までにはほぼ100%の乳幼児が感染するとされています。
一般的には暑さの落ち着いた9月ごろから初春にかけて流行するとされていましたが、最近では夏季より流行が始まるようになっています。
感染力が非常に強いため、幼稚園や保育園などの集団施設における感染は特に注意が必要です。

RSウイルスの症状と感染経路

主な症状は発熱・鼻汁といった鼻風邪のような症状ですが、重症化した場合は細気管支炎や肺炎を発症し、入院加療が必要となるケースもあります。低年齢であればあるほど症状が重い傾向にあり、罹患した乳幼児の25〜40%には細気管支炎や肺炎の徴候が見られます。
このように重症化するリスクも高く、また感染拡大を防ぐためにも早めの受診と診断、治療が必要です。
息がゼイゼイと苦しそうであったり、咳で何回も夜中に起きる、または咳き込んで吐いてしまうなどの症状がみられた場合は速やかにかかりつけ医を受診しましょう。

対策には手洗いうがい、消毒を

RSウイルスは咳やくしゃみなどで飛び散る飛沫による感染=飛沫感染と、ドアノブや手についたウイルスと接触により感染する接触感染が主な感染経路です。
かからないようにするためにも、感染を拡大させないためにも、まずは手洗いうがいと手指消毒が必須となります。
RSウイルス自体は消毒剤に弱いウイルスです。消毒用エタノールや次亜塩素酸ナトリウム、ポビドンヨードなどが有効なので、手指やおもちゃなどにも使用して感染を防ぎましょう。

参考URL

『朝日新聞デジタル』
https://digital.asahi.com/sp/articles/ASM70566VM70UGTB00Y.html?rm=204

『サラヤ株式会社』https://family.saraya.com/kansen/rs/index.html


←スクスクNews一覧へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る