油断しないで!こどもの便秘に注意 :スクスクのっぽくんスクスクのっぽくん
 »  スクスクNews » 油断しないで!こどもの便秘に注意

油断しないで!こどもの便秘に注意

便秘というと大人の病気というイメージを抱く人が多いのではないでしょうか。しかしながら、便秘に悩む子どもは非常に多く、大人のように自力では対処することができないため、気が付いたら慢性化していまっているというケースも見られています。
そこで、今回はNPO法人「日本トイレ研究所」が発表した子どもの便秘の現状と問題点、そして、保護者の方が気を付けるべき対策についてご紹介します。

便秘の定義とは

便秘だと感じるタイミングは人それぞれですが、定義としては「排便が週に3回より少ない、もしくは5日以上排便がない」という場合は便秘と診断されます
たいしたことない病気と考えられがちですが、腸に便が溜まりすぎると、排便時に痛みを伴ったり肛門が切れて痔になってしまい、徐々に症状が慢性化してしまうリスクも存在します。

すでに0歳児から便秘に!?

日本トイレ研究所が2018年11月、自分の子どもが便秘状態だと考える1~3歳の母親568人を対象に、症状が気になりだした時期についてアンケートを行いました。
その結果、最も多かったのが30.2%の「生後6ヶ月以上1歳未満の子ども」、次いで「生後6ヶ月未満」が23.3%という回答でした。つまり半数以上が0歳から便秘が始まったと答えており、母乳やミルクを主食としている子どもであっても便秘は無視できない問題であることが分かります。
特に自分で話すことが出来ない赤ちゃんの場合、便は唯一の健康指標であり、便秘などの便の異常が別の疾患に繋がるという危険性もあります。

「痛い」「苦しい」という経験がトラウマに

子どもの場合、排便時の痛みや苦しさがトラウマとなり、便意があってもトイレを我慢してしまって悪循環を招いてしまうというケースも多くみられます。したがって、保護者の方は子どもの排便回数や量、形状を定期的にチェックしておくと良いでしょう。
また、医師によれば自我の芽生える3歳までに便秘を治療しておく必要があると言われています。
たかが便秘と思わずに、便秘の疑いがある場合はなるべく早く専門医を受診しましょう。

参考URL

『朝日新聞デジタル』https://digital.asahi.com/articles/ASM6N3T3ZM6NUTFL006.html?rm=1307

『日本小児栄養消化器肝臓学会』http://www.jspghan.org/constipation/files/pamphlet.pdf


←スクスクNews一覧へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る