大事な命を守るために 知っておきたいAED :スクスクのっぽくんスクスクのっぽくん
 »  スクスクNews » 大事な命を守るために 知っておきたいAED

大事な命を守るために 知っておきたいAED

今や病院や公共施設だけではなく学校への設置も進んでいるAED(自動体外式除細動器)ですが、その正しい使い方をご存知ですか?
実は、意外にも小中学校で起こる心停止の半分は心臓病の既往のない子どもに起きており、AEDの使用を含めた初期対応がその後の救命率に大きな影響を与えます。そのため、最近では学校職員だけではなく生徒に対しても「何かあった場合はその場にいる自分が動けるように」救命講習が行われています。

AEDとは

AEDとは、心臓がけいれんし血液を流すポンプ機能を失った状態(心室細動)になった場合に、電気ショックを与えて正常なリズムに戻すための医療機器です。電源を入れれば、操作方法を音声でガイドしてくれるため、医療従事者以外の一般市民も使用可能です。
製造メーカーにより多少の差はありますが、基本的には

  • ① 電源をON
  • ② 2枚の電極パッドを対象者の指定された場所に貼る
  • ③ 対象者の体に誰も触れていないことを確認
  • ④ ボタンを押して電気ショックを流す

という非常に簡単な動作で誰でも適切に使用することが出来ます。

過去の悲劇を繰り返さないために

011年9月、さいたま市の小学6年生の児童が学校の駅伝練習中に倒れ、その後亡くなられたという事件がありました。当時、教師達は児童が痙攣しているものの、あえぐように呼吸をしており、脈も取れたためAEDを使用しなかったということが判明し、大きな問題となりました。
二度と同じような悲劇を繰り返さぬよう、さいたま市を中心にASUKAモデルと呼ばれる体育活動時等における事故対応テキストが作成され、「心停止の判断がつかない場合でも、迷ったら胸骨圧迫とAEDを使用する」よう呼びかけています。

人ごとではなく、誰でも起こり得ること

ASUKAモデルの普及や救命講習の実施により、実際に一命を取り留めた子ども達も数多くいます。
いきなり救命講習に参加することは難しいかもしれませんが、改めてAEDの使用方法を調べたり、身の回りのどこに設置されているか意識してみてはいかがでしょうか?

参考URL

『朝日新聞デジタル』
https://digital.asahi.com/sp/articles/ASM4V1504M4TUUPI00N.html?rm=957

『日本循環器学会』http://www.j-circ.or.jp/cpr/suggestion.html


←スクスクNews一覧へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る