育児現場に変化!?液体ミルクへの期待と注意喚起 :スクスクのっぽくんスクスクのっぽくん
 »  スクスクNews » 育児現場に変化!?液体ミルクへの期待と注意喚起

育児現場に変化!?液体ミルクへの期待と注意喚起

東日本大震災から8年目となる2019年3月11日に、江崎グリコから日本で初めての液体ミル クが発売されました。日常の授乳時だけでなく大規模災害時に役立つ期待が高まっていま す。

必要なものは哺乳瓶のみ

現在の授乳手段といえば、基本的に母乳育児が推奨されており、母乳の代替品としては粉ミルクが一般的です。粉ミルクはお湯を注いで人肌に冷ませば乳児に飲ませることが出来る活気的な商品として長年多くの育児現場で受け入れられてきましたが、夜間の授乳時や泣いている赤ちゃんを待たせながらの調乳に対するストレスなどが課題として挙げられていました。また、昨今では相次ぐ災害避難時の経験から「調乳用のお湯や清潔な水の確保が難しい」といった声が出てきており、日本小児科学会でも液体ミルクの国家備蓄に関する要望書を内閣府に提出するなど、液体ミルクへの期待が寄せられていました。
そういった声を受けて発売された液体ミルクは調乳環境が整っていない状況においても、常温で6ヶ月保存でき、消毒された哺乳瓶に注ぐだけでそのまま赤ちゃんに飲ませることが可能です。そのため今後各地の災害に備えて備蓄されることが予想されています。

過剰な依存には注意して適正使用を

液体ミルクを正しく使用するための注意事項としては「高温下で保存しない」「破損、期限切れの確認」「開封後は直ちに使用し飲み残しは使用しない」の3点があります。特に夏場は車の中など場所によっては40度を越えてしまう場合もあるため、災害備蓄としてだけでなく日常使用の保管にも注意が必要です。
また、日本小児科学会では液体ミルクはあくまでも母乳の代替品であるため、利便性に依存した過剰な使用により母乳育児を妨げることがないよう注意を呼び掛けています。
こういった注意事項を守りながら、育児現場を助ける新しい手段として、そして、災害時における弱者である赤ちゃんを守る手段として液体ミルクの使用が拡大していくことが望まれます。

参考URL

『メディカルトリビューン』https://medical-tribune.co.jp/news/2019/0401519678/

『日本小児科学会』http://www.jpeds.or.jp/modules/guidelines/index.php?content_id=108


←スクスクNews一覧へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る