遺伝だけではない!?小児アトピー性皮膚炎を長引かせないためには :スクスクのっぽくんスクスクのっぽくん
 »  スクスクNews » 遺伝だけではない!?小児アトピー性皮膚炎を長引かせないためには

遺伝だけではない!?小児アトピー性皮膚炎を長引かせないためには

子育てをしている親御さんなら一度は耳にしたことがある「アトピー性皮膚炎」は、乳児期に発症しやすく、その主な原因は遺伝であると考えられていました。そんな中、今回デンマークで行われた研究では発症だけでなく、発症後の症状を長引かせてしまう要因について新たな報告がなされました。

アトピー性皮膚炎とはどのような病気?

アトピー性皮膚炎は、かゆみを伴う湿疹が増悪と軽快を繰り返す症状を主病変とする疾患です。乳幼児・小児期に発症しやすく、加齢と共に患者数が減少していくため、成人型アトピー性皮膚炎に移行するのは一部であると考えられています。そのため、10歳前後には多くの患者は症状が寛解(完治していないが症状が落ち着つく状態)すると言われています。一方で2~3割の患者は成人期まで症状を持ち越す、いわゆるキャリーオーバーをしてしまい、その場合は寛解しにくいと言われています。

そういった現状を踏まえて、どのような要因があると成人型アトピー性皮膚炎に移行しやすいのかを検証するためにデンマークで新たな研究が行われました。

社会状況や診断時の重症度も要因に

今回の研究ではデンマークの小児411人を対象として13歳まで追跡を行いました。その結果、411人中186人(45.3%)が13歳より前にアトピー性皮膚炎と診断され、その中の約24%が13歳以降もキャリーオーバーしていました。その要因として、父親の喘息やアトピーといった遺伝的リスクだけでなく、母親の収入や年齢の高さ、さらには診断時の症状の重さなどが挙げられました。両親の素因に関してはどうすることも出来ませんが、診断時の重症度が13歳以降のキャリーオーバーに関与しているのであれば、なるべく早期に治療を始めて症状を重症化させないことが重要になってくると言えます。今後は乳児期の頃からのアトピー性皮膚炎に対する積極的な治療介入も推奨されていくかもしれません。

参考URL

『メディカルトリビューン』https://medical-tribune.co.jp/rensai/2019/0208518796/

『アトピー性皮膚炎ガイドライン』https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/atopic_GL2018.pdf

記事:2019年2月8日


←スクスクNews一覧へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る