無関係ではない!?こどもの肥満と小児喘息 :スクスクのっぽくんスクスクのっぽくん
 »  スクスクNews » 無関係ではない!?こどもの肥満と小児喘息

無関係ではない!?こどもの肥満と小児喘息

近年、インターネットやゲームなどの普及により屋外で遊ぶ時間が減った事や食生活の欧米化による影響からこどもの肥満も気になる話題の1つになっています。

そんな中、アメリカのデューク大学の研究により「喘息発症リスクが肥満児で増大する」という結果が報告されました。

そもそも喘息とはどんな病気?

喘息とは気管が狭くなることで喘鳴や呼吸困難などの症状がみられる疾患です。気管が狭くなる原因としてはハウスダストや風邪などのウイルス、気温気圧の変化などが挙げられ、症状が一旦軽快しても体調の変化などにより再発してしまう慢性疾患の一面を持っています。

従来、喘息を発症するこどもにはアレルギー疾患の既往歴や家族歴を有している割合が高いと考えられていましたが、今回の研究では肥満も喘息発症リスクに関係するという結果が報告されました。

喘息発症リスクが肥満群で26%上昇

研究では喘息歴のない2歳~17歳の約50万人を超える小児を対象に、全体を①肥満群②過体重群③正常体重群の3つのグループに分けてその後4年間における喘息発症リスクを検討しました。

その結果、正常体重群に比べて肥満群では26%、過体重群では17%喘息発症リスクが上昇したという結果が得られました。

今回の結果は観察研究データであるため肥満が喘息を引き起こす機序については不明ですが、喘息発症率を低減させる1つの方法として肥満の早期予防が重要であるとの見解が述べられています。

早期介入が大切

こどもが良く食べて大きく育つことは親にとって喜ばしい事である一方、太りすぎは喘息だけでなく糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病に繋がる危険性をはらんでいます。

病気を発症しなくても小児肥満がそのまま成人肥満に繋がっていくケースも多くみられます。

だからこそ、母子手帳や成長曲線、肥満度判定曲線などを用いてこどもの成長を把握し、場合によっては生活習慣の見直しや医療機関の受診など早期に介入する事が重要です。


←スクスクNews一覧へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る