サッカーワールドカップ元日本代表 三浦淳宏さん | :スクスクのっぽくんスクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » サッカーワールドカップ元日本代表 三浦淳宏さん

プロに聞く! 三浦淳宏プロフィール

1974年、埼玉県生まれ。小学校1年生のときに大分県に引っ越し、小3までは野球をやっていたが、先生からの熱心な誘いでサッカー部に入部。中学卒業後は長崎県の名門国見高校に全国高校選手権で2度優勝した。青山学院大学に進学したが、中退してプロの道へ。横浜フリューゲルス、横浜Fマリノス、東京ヴェルディ、ヴィッセル神戸、横浜FCでプレーし、2011年4月に引退を発表した。日本代表では25試合に出場し、FKの名手として活躍した。

サッカー日本代表として活躍し、FKの名手として名を馳せた三浦淳宏さん(引退後に三浦淳寛に改名)。現役時代から理論的なプレーにこだわり、コンディション管理を徹底していることで知られていました。いったいどんな子供時代をすごしたのか、話を聞きました。

プロの子供時代がまるわかり!のっぽくんの一問一答!

プロの子供時代がまるわかり!のっぽくんの一問一答!

*どんな子供時代を過ごされたんですか?
実は小学校3年生の10月くらいまでは、野球をやっていたんですよ。育ったのは大分なんですが、生まれは埼玉県の所沢市。所沢といえばプロ野球の西武ライオンズで、将来はライオンズの選手になりたいと思っていました」
*三浦さんの子供時代のサッカー練習法は?
「サッカー部の練習が終わって自宅に帰ってからも、ひとりで練習していました。僕の家の前に高台があって、その下が駐車場になっていて大きな壁がひろがっていたんですが、一面に苔がついていたんですよ。ボールが当たると、苔が取れてその部分だけ綺麗になる。だから、「苔を全部落としてやろう」と思って、壁に向かってボールを蹴っていました。これがもうやり出したら止まらなくて(笑)」
*トレーニングのこだわりは?
今振り返ると、その時期、その時期で違ったトレーニングのやり方をしていて、それがすごく良かったですね。小学校のときはとにかく練習がきつかったんですが、中学校では頭を使うトレーニングが多かった。当時の監督が、『体が疲れるのは当たり前で、頭も疲れるような練習をする』という考え方だったので」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る