スポーツをやるように、導かれたことは1度もありません。(青島健太さん):スクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » スポーツジャーナリスト・青島健太さん » スポーツをやるように、導かれたことは1度もありません。

プロに聞く! 青島健太プロフィール

埼玉県の春日部高校から慶応大学へ進学。東芝の実業団チームを経て、1984年のドラフト会議でヤクルト・スワローズに入団。1985 年5月11日の阪神戦(神宮)で、プロ野球史上20人目となる公式戦初打席初本塁打を放った。1989年に引退し、オーストラリアへの留学を経験したあと、スポーツジャーナリストに転向。これまでにNHKの「BSスポーツニュース」やTBS系の「JNNスポーツ&ニュース」のキャスターを務めた。

「両親の教育」

のっぽくん
ご両親の教育は厳しかったですか?
青島さん

「いや、放任でした(笑)。運動やスポーツをやるように、導かれたことは1度もありませんでしたよ。これは母親にとって自慢話なんですが、『私は自転車に乗れないのよ』って。いいところのお嬢さんは自転車なんて乗らないのよ、って意味らしいんですが、ようは母親は運動には縁がなかった人なんですね。どちらかというと、書道とか文化的なことを好む人だった。父親も大学の専攻が化学なんですよ」

青島健太
のっぽくん
それは意外ですね。
青島さん

「父親は何か特定のスポーツに打ち込んでいたわけではないので、僕に何も勧めなかったんです。やりたいなら、やってもいいよって感じでした。積極的容認じゃなく、受動的容認。こんなことをやってみたいと言うと、受け入れて認めてくれる感じです」

のっぽくん
勉強しろとは言われませんでしたか?
青島さん

「そっちは結構ありました(笑)。まあ、勉強しろというより、まったく現実味のない話なんですが、子供の頃から『あなたは医者になりなさい』と吹き込まれ続けたんですよ。社会の役に立てる人間になるために、医者を目指せと。教育方針は、それ一本。医者になるための学力を見につけるように、ずっと言われていました」

のっぽくん
それが、まさか野球選手になろうとは。
青島さん

「そうですね。母親がそういう意味では、1番落胆したんじゃないですかね」

のっぽくん
落胆なんて、そんな。
青島さん

「母親はずっと医者になると思っていましたからね。そのために僕は県内の進学校(春日部高校)を選んだんですから。野球をやりたかったらもっと野球の強い高校に行っていたし、そもそも両親とは、高校生になったら野球部に入らない約束だったんです(笑)」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る