子供時代は、煮干しをおやつ代わりに食べていました。(青島健太さん):スクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » スポーツジャーナリスト・青島健太さん » 子供時代は、煮干しをおやつ代わりに食べていました。

プロに聞く! 青島健太プロフィール

埼玉県の春日部高校から慶応大学へ進学。東芝の実業団チームを経て、1984年のドラフト会議でヤクルト・スワローズに入団。1985 年5月11日の阪神戦(神宮)で、プロ野球史上20人目となる公式戦初打席初本塁打を放った。1989年に引退し、オーストラリアへの留学を経験したあと、スポーツジャーナリストに転向。これまでにNHKの「BSスポーツニュース」やTBS系の「JNNスポーツ&ニュース」のキャスターを務めた。

「子供時代の食生活」

のっぽくん
青島さんは子供時代に、食生活で何か気をつけていたことはありますか?
青島さん

「煮干しをよく食べていましたね。幼稚園児のときの話ですが、おやつ代わりに食べていました。一斗缶にどっさり煮干しが入っていて、一掴み分取って、半ズボンのポケットに入れて、遊びに行くんです」

青島健太
のっぽくん
豪快な子供でしたね(笑)。
青島さん

「煮干しっていうのは、めちゃくちゃ使えるんですよ。犬や猫と遊ぶときのエサになるし、糸をつければザリガニ釣りに使える。とにかくオールマイティ。まあ、基本的には自分の胃袋に消えるのがほとんどなんですが(笑)。ポケットから取り出して、ボリボリ食べていました」

のっぽくん
カルシウムたっぷりのおやつだったわけですね。
青島さん

「当時は他になかったですからね。おせんべいを食べられるのはたまにしかなかった。ただし、栄養面を考えたら、素晴らしいおやつでしたね。カルシウムがたっぷり含まれている。さらにダシを取る用のものすごく堅い煮干しだったので、間違いなくあごの強化になった。もうガチガチの煮干しで、噛んでいるとだんだん魚の味が出てくる。歯の矯正とアゴの発育を促進するには、すごく有効だったんじゃないかな。あとスルメもよく食べていました」

のっぽくん
そんなに堅い煮干しだったんですか?
青島さん

「カツオ節の小さい版みたいな感じだと思ってください。その分、すごくうまみがあって、表現できないような深い味がしていました」

のっぽくん
今でも煮干しが食べたいと思うことも?
青島さん

「ありますね。家でダシを取るのを見かけたら、昔のクセで一掴み取って、食べちゃう(笑)。おいしいですよ~」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
→今しかない「成長期」の栄養補給に!成長期の栄養バランスならカルシウムグミ
通話料無料

お問い合わせは成長サポートセンターまで

0120672678

ご注文・ご変更の受付: 9:00~21:00(年中無休)
ご質問などの受付: 9:00~19:00(土日祝休み)

タップで簡単お問い合わせ!
  • 通話無料
  • 24時間受付
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る