野球を原っぱでよくやっていたのを覚えています。(青島健太さん):スクスクのっぽくん

プロに聞く! 青島健太プロフィール

埼玉県の春日部高校から慶応大学へ進学。東芝の実業団チームを経て、1984年のドラフト会議でヤクルト・スワローズに入団。1985 年5月11日の阪神戦(神宮)で、プロ野球史上20人目となる公式戦初打席初本塁打を放った。1989年に引退し、オーストラリアへの留学を経験したあと、スポーツジャーナリストに転向。これまでにNHKの「BSスポーツニュース」やTBS系の「JNNスポーツ&ニュース」のキャスターを務めた。

「野球を始めたきっかけ」

のっぽくん
青島健太さんはプロ野球のヤクルト・スワローズで3年間プレーし、その後はスポーツキャスターとして活躍されています。まずは野球を始めたきっかけを教えてください。
青島さん

「僕が生まれたのは昭和33年なんですが、当時は誰もが野球をやっていましたよね。男の子が何人か集まったら、もう野球しかないという感じで。だから、原っぱでよくやっていたのを覚えています」

青島健太
のっぽくん
野球チームに入ったのはいつ頃ですか?
青島さん

「僕は埼玉県の草加市で育ったんですが、小学校4年生のときに、少年野球チームに入りました。ユニフォームを着て、ちゃんと競技としてやるのは、4年生からですね。小学校を母体にしたチームです」

のっぽくん
それは硬式のボールでやっていたのですか?
青島さん

「いや、軟式ですね。今の時代は半分くらいの子供たちが硬式で始めているのかもしれませんが、僕らの時は硬式なんていう選択はまったくなかったです。その地域は、みんな軟式でした」

のっぽくん
元々うまいから入団したんですか? それとも友達と一緒で入ったという感じですか?
青島さん

「友達と一緒に、みんなで入りました。でもね、もっと早く入りたかったんですよ。今は野球チームとサッカーチームが早い段階から子供を取り合いになって大変みたいですが、僕らの頃は低学年の頃は入れてくれなかったんです。『4年生になるまでダメ』って感じだった。『もうちょっと遊んで、からだが大きくなったら来なさい』と。だから4年生になるのが待ち遠しくて、『よっしゃー、やっと入れる、ユニホームを着て、野球ができる!』って、すごく嬉しかったですね」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る