暑い夏でも快適に眠れる方法ってありますか? グッスリ睡眠のススメ:スクスクのっぽくん
 »  » 暑い夏でも快適に眠れる方法ってありますか?

グッスリ睡眠のススメ!

暑い夏でも快適に眠れる方法ってありますか?

寝苦しいのは体温が下がらないのが原因

睡眠と体温はとても密接な関係にあります。人は寝る少し前から深部体温(体の内側の温度)が下がっていき、起きる少し前から体温が上がっていく生体リズムを持っています。逆に、夜、体温が高いままだとスーッと深い眠りに入っていくことはできませんし、また、明け方、体温が低いままだとスッキリ目覚めることはできません。日本の夏の夜は高温多湿。寝室の温度が高いと、体の内側から外側に熱をうまく発散することができず、寝苦しい状態が続いてしまうのです。そして、そうなると睡眠の前半に最大となる「成長ホルモン」の分泌にも悪影響を与えます。夏の夜は、ただ寝苦しいだけではなく、子ども達の健やかな成長を邪魔する可能性があるのです。

個人差はありますが、夏の理想的な睡眠環境は、室温26℃、湿度50~60%。室温が29℃以上になると、ほとんどの人が寝苦しさを感じます。日中から部屋に熱がこもらないよう、換気をしたり、直射日光を遮光カーテンや簾などで遮ったりしておくとよいでしょう。特に西日が入る部屋は、夜も室温が高いままになりやすいので注意してください。

また、住まいの状況によってはエアコンや扇風機を使った方がよい場合もあります。その場合は直接体に風が当たらないように気をつけ、就寝から2~3時間くらいでOFFになるように設定するとよいでしょう。そうすれば、生体リズムに合った室温調節ができ、「成長ホルモン」の分泌にも重要な前半の深い睡眠を確保できます。明け方は、体温を上げるべき時間帯なので、エアコンは使わないようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る