夜更かしは成長の敵!と言いますが…
 >   >  夜更かしは成長の敵!と言いますが…

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

夜更かしは成長の敵!と言いますが…
スクスクのっぽくんメールマガジン/ vol.876
成長の仕組みを徹底検証!のっぽくんQ&A「身長と夜更かし」
骨盤・ウエストを動かそう
サッカーワールドカップ元日本代表 福西崇史さん インタビュー第4回
成長の仕組みを徹底検証!のっぽくんQ&A「身長と夜更かし」

こんにちは!
スクスクのっぽくんです。

最近は、習い事などの時間的都合で夜更かしになってしまうお子さんが増えているようです。

日々の予定でどうしても食事の時間がずれ込んでしまったり、夜更かしをして夜食をとってしまったりなど、生活リズムが後ろにずれ込んでしまうことは成長にどう影響するのでしょうか?

今回は身長と夜更かしの関係について、専門家がお答えします!



Q:夜更かしすることが多いのですが、夜更かしをして夜遅く食事をすると身長の伸びは悪くなりますか?

A:夜更かしは身長の伸びを阻害します。

お子さんの成長には欠かせない成長ホルモンの分泌は、実は寝る直前に食事をすると悪くなってしまいます。

深い睡眠をとるための条件のひとつに、胃の中に食べ物が残っていないことが挙げられます。

夜遅くに食事をすると、その直後は、胃を活発に動かそうとして睡眠が浅くなり、成長ホルモンの分泌を阻害する可能性があるのです。

成長ホルモンの分泌には、質の良い深い睡眠と十分な睡眠時間が必要。

夜更かししていると、どうしても睡眠時間が短くなってしまいますので、結果として成長ホルモンの分泌が少なくなってしまいかねません。

どうしても現在の環境で夜更かしが多かったり、夜遅くの食事が多くなってしまう場合は、夜よりも朝に重点を置いて、夜は少し軽めで、朝食をしっかりとるということも考えられるかと思います。

お子さんは身体は小さいわりに、日中に多くのエネルギーを必要とします。

ですので朝食に重点を置いた方が、効率良く活動できるということもあります。

身長を伸ばす3大要素のページ、成長に効果的な睡眠方法とは?も、是非ご参照ください。

のっぽくんQ&Aページでは、身長と栄養摂取の関係についてのさらに詳しい説明をしています。

成長の仕組みを徹底検証!のっぽくんQ&A「身長と夜更かし」の全文はこちら!

スクスクのっぽくん 担任より
公式LINE
公式Facebook
公式Instagram





無料サンプルプレゼント中!


※過去サンプルをお申込みいただいた方も、お申込みいただけます。
定期お届けコースをもっと便利に活用!
▶︎のっぽくんショップ 「商品の組み合わせについてのご案内」はこちら

↑カルシウムグミについて、もっと詳しく知りたい方はこちら!

スクスクのっぽくん
商品のご注文はこちらから!

【スクスクのっぽくん公式SHOP】
https://suku-noppo.shop
★定期お届けコースへのご加入、再開もお電話よりお気軽にご連絡ください
※受付時間 / 9:00~21:00(年中無休)
骨盤・ウエストを動かそう

今回注目していただきたいのは「骨盤・ウエスト」です。

近年コアトレーニングというキーワードと共に骨盤という言葉への関心がとても高くなっています。

古くは丹田なども含め、人間の重心があるとされる骨盤の中や周辺を鍛えていくことで姿勢やラインを良くするとともにパフォーマンスのアップも目指していきましょう。

今回はシンプルなエクササイズを通して骨盤・ウエストを鍛えていきたいと思います。


≪オンラインレッスン1≫
~オンラインレッスンNo.03「骨盤のバランスを整える」より~
このエクササイズは一度は目にしたことがあるかも知れません。
シンプルですが、その効果は絶大で、特にお子様への効果が強いようです。
坐骨で歩いていくようなイメージでしっかりウエストを引き上げ前に後ろに進んで行きましょう。
前10歩、後ろ10歩を3セットくらいを目安に毎日行ってみましょう。

≪オンラインレッスン2≫
~オンラインレッスンNo.16「バランスボール・ペルビックチルト」より~
今度はバランスボールを使って骨盤を前後に動かしていきます。
骨盤は上半身にとって土台となる部分ですので、骨盤が倒れることにより背骨が曲がっていく、反っていくのを体感してみましょう。
骨盤の位置が正しい場所にあることで上半身も自然と正しい位置に収まることも体感していただけると嬉しいです。

≪オンラインレッスン3≫
~オンラインレッスンNo.17「バランスボール・ラテラルチルト」より~
最後は骨盤を左右に動かす、です。
歩いたり自転車に乗っている時など、人間は巧みに骨盤を動かし進んでいます。
前後左右の動きがズレたり正しく出来ないことで足や腰などにも負担が掛かり、また姿勢も悪くなっていきます。
左右に意識的に動かす機会は日常生活でもあまりありませんのでここでしっかり動かしていきましょう。
左右同じように動かせるように要練習です!

骨盤は人体でももっとも重要なキーワードの一つですので、ぜひこの機会にエクササイズしてみてくださいね。
「スポーツだったら、姿勢だったり、体幹だったり。何にしても基本が大事。」(福西崇史さん)

2006年W杯に日本代表として出場した元サッカー選手の福西崇史さん。引退後はサッカー解説者やタレントとして活躍の場を広げています。中学校までやっていた器械体操についてや、いかにして日本を代表する選手になったかなど、お話を伺いました。
※本記事は、過去に公開された「プロフェッショナル 生きる力の伸ばし方」のバックナンバーからの再掲記事です。

福西崇史さんプロフィール
1976年9月1日 愛媛県出身。181cm、77kg。 高校時代はFWだったが、卒業後に入団したジュビロ磐田でMFにコンバートされた。当時ブラジル代表で活躍していたドゥンガに鍛えられ、ボランチ(守備的MF)として急成長。2006年ドイツW杯のアジア予選突破に貢献し、本大会でも2試合に先発した。
プロで成功した一番の理由 1

ー高校卒業後、福西さんはジュビロ磐田に入団しました。当時、ジュビロには、ブラジル代表のドゥンガ選手や日本代表の名波浩選手など、Jリーグの中でずば抜けた選手がそろっていました。カルチャーショックはありましたか?

「カルチャーショックしかなかったですね。自分の力が、何も通用しなかったので。

そもそもトップ(1軍)の練習に参加できなかったんですよ。

僕は2軍からのスタートで、1軍とは練習場の場所も時間も違った。

このときは将来自分が日本代表に入るなんて、想像もしてなかったですね」



ーしかし、そういう選手と競い合い、入団2年目にはレギュラーになりましたね。何がきっかけだったんですか?

「突然サッカーがうまくなることはないので、少しずつ、まずサテライトで体を作りました。

筋トレをメインにして、基本練習をきちんとしたんです。

そして大きかったのが、入団から半年が経った夏に、FWからボランチ(守備的MF)にコンバートされたこと。これが、きっかけになった」

ー攻撃的なFWから守備的なボランチにポジションが変わるのは嫌ではなかったのですか?

「FWでは試合にも出られなかったし、このままじゃマズイなと思っていましたから。

言われたときは、ハイと即答しました。

でも、何をすればいいんだろう? というのが、最初の感想でした。

今まで地方にいて、ある程度チヤホヤされて、守備をせずに攻撃ばっかりやっていましたから」

ーコーチから何かアドバイスはあったのですか?

「オマエはまわりを見るのが得意だから、コンバートしたと言われました。視野が広いと。

どう動いていいかわからなかったので、まず練習でドゥンガや名波さんのプレーを観察したんです。

ポジショニングって、教えられるものじゃないんですよ。見て学び、見て盗むもの。

でも、練習のレベルが高くて、試合以上にしんどかった。

自分が足手まといみたいで、とにかく恥ずかしかったです」

~つづく~
発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ
東京都港区麻布台1-11-3 5F)
★ご意見・ご感想はこのメールにご返信ください。













【ご利用ガイド&よくあるご質問】
https://suku-guide.jp/

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
https://www.suku.jp/account/cancel

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る