地域で異なる「事始め」って?由来は?子供に教えたい伝統行事:スクスクのっぽくん
 »  先輩ママの知恵袋 » 年間行事のお役立ち情報 » 地域で異なる「事始め」って?由来は?子供に教えたい伝統行事
分かる!役立つ!先輩ママの知恵袋
連載:年間行事のお役立ち情報
今回のテーマ

地域で異なる「事始め」って?由来は?子供に教えたい伝統行事

12月8日、2月8日は事始め(ことはじめ)の日です。御事始め(おことはじめ)、または事八日(ことようか)とも言いますが、これは神事からきていて祭り事を表しています。この日は事を始めたり納めたりするのに大切な日とされており、古くから様々な行事が行われてきました。しかし、地方により12月8日が事始めで2月8日を事納めと呼ぶところと、逆に12月8日が事納めで2月8日を事始めと呼ぶところにわかれています。

12月8日と2月8日の違いとは?

では何故、12月8日を事始めとする地域と2月8日を事始めとする地域とにわかれているのでしょうか?

実はこれは事始めの「事(こと)」を何とみるかによって違うのです。

まず、12月8日を事始めとする地域では、年神様を迎えるための準備を始める日として考えられています。 この日からお正月の準備にとりかかり、新年に年神様をお迎えします。そして年神様をまつり、後片付けまですべて納める日が、事納めの2月8日です。

逆に2月8日を事始めとする地域では、年神様を無事にお送りし、今度は農作業の仕事、人々の日常生活が始まることから、2月8日を事始めとしています。 つまり、始まる「事」を、年神様に視点をおいて考える地域では事始めが12月8日で、人に視点をおいて考える地域では2月8日が事始めになっているのです。

正月事始めとは


さて、事始めと聞いて「正月事始め」という言葉を思い浮かべた方もいらっしゃるかと思います。 正月事始めは、前述の事始めと区別をつけるために、正月をつけたそうで、お正月の準備を始める日のことです。

これは、12月13日に行われます。旧暦でも12月13日に行われていて、昔はこの日に山に門松用の木をとりに行っていたそうです。

今でも12月13日を正月事始めとして、神社やお寺などでは煤払いを行っているところも多くあります。

いつも年末に慌ただしく大掃除をされる方は、正月事始めの日あたりから余裕をもって大掃除をするのもよいかもしれませんね。
yuka
この記事の先輩ママ:
ゆか
プロフィール:
東京在住でお出かけ大好き♪ イラスト、ライターのお仕事をしながら、ママたちに役立つ情報を集めています。ママたちの毎日が今よりもっと充実するためのお手伝いができれば嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る