知ったら明日、話したくなる!お花見にまつわる豆知識:スクスクのっぽくん
 »  先輩ママの知恵袋 » 年間行事のお役立ち情報 » 知ったら明日、話したくなる!お花見にまつわる豆知識
分かる!役立つ!先輩ママの知恵袋
連載:年間行事のお役立ち情報
今回のテーマ

知ったら明日、話したくなる!お花見にまつわる豆知識

お花見はいつからするようになったの?

春の訪れを喜ぶ日本の代表的な行事、「花見」。
「花見」といえば、桜の木の下で親しい人と桜を観賞しながらお酒を飲んだり、ご飯を楽しんだりしますよね。
しかし、桃や菜の花やたくさんの花が咲くなかなぜ「花見」=桜なのかご存知ですか?

諸説あるようなのですが、大和言葉(先祖が創り出した日本固有の言葉)では神様のことを「サ」と呼んでいたそうです。
古来、日本の神とは「山の神」だったため、神様は山の中にいるものでした。その神様が春になると村におりてきて、居座る木がありました。
その座る台座のことを御座(みくら=くら)と呼び、その2つの言葉が複合して神様が居座る木=「さくら」と呼ばれるようになったそうです。

そして、その木のもとで神様をおもてなしし、その年の豊作を願ったりしていたのが現在の「お花見」の行事の原型となっていると言い伝えられています。

お花見では何を食べるの?

花見には団子がつきものといわれており、「花見団子」と呼ばれ江戸時代から花見のお供として定番となっています。 「花見団子」は、一般的に桜色・白色・緑色の3色の組み合わせからできており、桜色=春の息吹、白色=雪で冬の名残、緑=ヨモギで夏への予兆を表現しています。
また、お花見に出かける際にもっていくお弁当を「花見弁当」と呼び、こちらも行楽弁当としてお花見の定番となっています。

いかがでしたか?

スクスクのっぽくんでは、お花見のお弁当づくりにもお役立ていただけるレシピもご紹介しています。
こちらも合わせてご覧ください!

→今月のスクスクレシピ

yuka
この記事の先輩ママ:
ゆか
プロフィール:
東京在住でお出かけ大好き♪ イラスト、ライターのお仕事をしながら、ママたちに役立つ情報を集めています。ママたちの毎日が今よりもっと充実するためのお手伝いができれば嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る